927件中 51 - 60件表示
  • マイケル・ダメット

    マイケル・ダメットから見た人種差別人種差別

    ダメットは人種差別に反対する一連の著作などを通して積極的に政治参加していたことがある。彼によると1960年代後半は改革の機運が熟した時期であり、この時期に一時的に哲学研究を中断して、マイノリティの市民権擁護のために活動した。ダメットは選挙方法の理論的検討にも取り組み、ボルダ式得点法を改良した独自の選挙方法を提案し、これをQuota Borda systemと名付けた。マイケル・ダメット フレッシュアイペディアより)

  • フロリダ州

    フロリダ州から見た人種差別人種差別

    滅ぼされたのは、強硬な人種差別隔離論者であるアンドリュー・ジャクソン大統領が、インディアンの民族浄化を目的に「インディアン移住法」を制定し、同州のインディアン部族に「移住するか、絶滅するか」の二者択一を迫った。フロリダ州 フレッシュアイペディアより)

  • デンゼル・ワシントン

    デンゼル・ワシントンから見た人種差別人種差別

    人種差別が合法であった公民権法施行前のアメリカにおいて、夫婦は黒人であるが故に理不尽なあつかいを受ける辛酸を舐めてきたため、3人の子供達には可能な限り良質な教育を授けようと必死だった、と後に語っている。両親が多忙で家を空けていることが多かったため、デンゼルを含む3人の子供達は学校が終わってから両親が迎えに来るまでの間や週末は、ボーイズ&ガールズクラブ(アメリカの青少年育成団体)に預けられ、デンゼルはそこで多くのスポーツに熱中した。また、母親が経営する美容院でも多くの時間を過ごし、デンゼルはそこで話を作る面白さを客から学んだ。デンゼル・ワシントン フレッシュアイペディアより)

  • 尹致昊

    尹致昊から見た人種差別人種差別

    アメリカ留学中、キリスト教思想、民主主義、科学文明に基づいた合理主義的な社会を経験し、朝鮮の体制に失望を感じる一方でこれを朝鮮の近代化の基本方向に設定した。以後、思想的基礎は「力の正義」という社会進化論的世界観に変貌して行き、社会改革では未開な伝統社会を布教と教育という国民改造を通じて近代社会を形成するという啓蒙思想を抱くことになった。しかし一方ではアメリカ社会の人種差別に度々遭遇し、白色人種の傲慢さに対する否定的な考えを持つようになった。当時の朝鮮としては希少な米国内大学の卒業生であり、大学院課程に進学すれば奨学金全額を支援するという南監理教会の提案があったが、祖国のために働くとして帰国した。尹致昊 フレッシュアイペディアより)

  • ネット右翼

    ネット右翼から見た人種差別人種差別

    定義は様々で、デジタル大辞泉の解説のように、保守的、国粋主義的な意見を発表する人々をネット右翼としているものがあれば、ニューヨーク・タイムズのように、自分たちの生活状況への落胆を外国人排斥へと繋げている青年をネット右翼と捉えているものもあり、朝日新聞は「自分と相いれない考えに、投稿や書き込みを繰り返す人々」をネット右翼と定義し、彼らの意見が概ね右翼的であるためそう呼ばれているのだとしている。ネット右翼 フレッシュアイペディアより)

  • アル・ジョルソン

    アル・ジョルソンから見た人種差別人種差別

    なおこの頃のジョルソンは、ミンストレル・ショーを彷彿とさせる黒塗りの顔で黒人を演じ、大げさな演技と黒人的な要素を大幅に取り込んだ歌唱法、口笛、そして聴衆に直接語りかけるスタイルを確立し、有色人種に対する人種差別が法的に認められていた当時のアメリカで人気を得た。 アル・ジョルソン フレッシュアイペディアより)

  • アシュリー・ヤング

    アシュリー・ヤングから見た人種差別人種差別

    2009年にヤングは競技サッカー・教育機関・地域社会におけるレイシズム(民族的偏見や人種的偏見)および差別の撲滅を訴える団体として知られるのアンバサダーに就任した。団体が開催したイベントでのインタビュー中、ヤングは12歳の頃に少年サッカーの試合で他チームの選手から人種差別を受けた過去を告白した。ヤングは団体の活動に参加した理由について、「(父が差別を受けてきた時代のイングランドに比べれば)差別の状況はましになってはきている。だけど、もし自分が受けたような差別を他の小さな子供達が経験しなくて済むように何かができたらと思っているし、幸いなことに、僕にはできることがある。(差別を受ける可能性のある子供達には)成功した人生を歩むための見本が必要だし、それが僕がこの団体に加わった理由だよ。」と語っている。アシュリー・ヤング フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨問題

    捕鯨問題から見た人種差別人種差別

    一方、ホェールウォッチングの観光産業との対立という問題は顕在化しており、捕鯨業だけを制限し、観光業のみを優遇するのは不公正である。A.ピースによれば、オーストラリアでは、鯨が自由に領海内を移動することが「人道的で、進歩的で文明化された場所」という自国のアイデンティティを持つにいたっており、一方、日本人はうそつきで非理性的で、後れている野蛮で文明化していないとみなしており、岸上伸啓はこれを人種差別である。という見方がある。一方、豪在住の日本人ライター集団の柳沢由紀夫は2007年12月にイギリスのゴードン・ブラウン首相の環境・食料・農村省ウェブサイトの「クジラを守る〜国境を越えた責任」の序文によると捕鯨は残忍である他に経済上の必要もない行為とし、観光産業の利益(ホェールウォッチングが世界中で1050億円)に言及している事実について、これは外国人の「本音と建前」に過ぎないとしている。対して日本の調査捕鯨という言い方は「本音と建前」ではなく「うそ」かつ「アンフェア」な印象しか与えないとも指摘しており、うそつきという評価の一助になっている。また海老沢は捕鯨問題での差別論も問題視しており、日本人が差別と感じるのは「過剰反応」と「自虐的解釈」が多く、全てを差別のせいにするのは思考停止である。としている。捕鯨問題 フレッシュアイペディアより)

  • 早川雪洲

    早川雪洲から見た人種差別人種差別

    早川 雪洲(はやかわ せっしゅう、本名:早川 金太郎(はやかわ きんたろう)、日本国外での活動名:セッシュー・ハヤカワ(Sessue Hayakawa)、1886年6月10日 - 1973年11月23日)は、日本の俳優。千葉県出身、1907年に21歳で単身渡米し、1910年代に草創期のハリウッドで映画デビューして一躍トップスターとなった。彼はアメリカとヨーロッパでとしてスターダムにのし上がった最初のアジア系俳優だった。彼の「不気味でハンサムな」美貌と性的に魅力的な悪役というは、公然と人種差別が行われていた時代にアメリカ人女性の心を掴み、ハリウッドで最初の男性セックスシンボルの1人になった。日本人排斥運動や二度の世界大戦、私生活での混乱などによるキャリアの中断を挟みながらも、晩年の『戦場にかける橋』(1958年)でアカデミー助演男優賞にノミネートされるなど半世紀以上にわたって活躍した国際的映画俳優である。妻の青木鶴子もまたハリウッド草創期の人気女優。早川雪洲 フレッシュアイペディアより)

  • はすみとしこ

    はすみとしこから見た人種差別人種差別

    2015年9月10日、はすみが“偽の難民(偽装難民)”への批判として、国際慈善団体セーブ・ザ・チルドレンが撮影したシリア難民の写真を元にし、偽装難民として揶揄する風刺画をフェイスブック上に掲載した。その一月後の10月、そのイラストが差別的であるとネット上で批判を受けた。10月2日、ジャパンタイムズは、フェイスブックの「人種や民族、出身に対する差別発言を削除する」規約を根拠として、はすみのイラストをレイシズムであるとしてフェイスブック社に削除を求める電子署名が4000筆以上集まったことを報じた。10月4日、イラストの元となった写真の撮影者ジョナサン・ハイアムは「このような偏見を表現するために、無垢な子供の写真が使われることに対して衝撃を受け、深く悲しんでいる」と批判した。10月7日、はすみは撮影者への配慮を理由にイラストを削除した。10月8日には、はすみは「このイラストは全ての難民を否定するものではありません。本当に救われるべき難民に紛れてやってくる偽装難民を揶揄したものです。」、および「私が感じる多くの日本人は戦争難民や経済難民の受け入れには反対しています。それは何故かというと、日本には既に65年も前に大量の戦争難民を受け入れており、彼らが理由で、日本に住む日本人が冷遇を受けているからです。」とする主旨をメディア向けに公表した。その後、10月1日から始まったフェイスブックに、はすみのイラストの削除を求める電子署名は1万筆を超えた。10月8日過ぎから、毎日新聞、BBC、ワシントン・ポスト、デイリー・メール、クラリン、アル=アラビーヤなどのメディアに報道された。10月9日、政治活動家の水島総が、はすみのこのイラストの評価を、偽装難民を問題視したかったのは認めるものだが、「そうだ! 偽装難民しよう」と、きちんと表現せず、難民全体を非難するかのような表現を用い誤解を受けたと、日本文化チャンネル桜の番組内で指摘した。10月12日、ドバイのstepFEEDは「シリア難民危機に対して最悪のリアクションをとった7人」に、はすみを選んだ。10月13日、『チャンネルAjer』に出演したはすみは、はすみが山奥に旅行中(修行中)にフェイスブックが炎上していたと述べた。また、はすみは、自身のフェイスブックの記事は一旦非公開になっていたが、はすみ側の簡単な手続きで、復帰したことを述べ、また、番組は、フェイスブック側の処置は、軽めの処置だったとする見解を述べた。また、はすみは、SEALDsの市民活動家奥田愛基が火付け役だったと述べ、また、批判者たちからの批判は、名誉棄損の裁判をしたら勝てるかもしれないほどの人格否定が含まれたと述べた。また、番組は、はすみはBBCにも取材されたが、BBCはかなり、はすみ側の意向を理解した報道をしたと述べた。10月24日、朝日新聞は「難民批判イラスト、差別か風刺か 日本の漫画家が投稿、国内外で波紋」という見出しで報じ、この両論併記に対しては批判も上がった。一方で、フェイスブック社はイラストの削除に対しては消極的な姿勢をとった。はすみとしこ フレッシュアイペディアより)

927件中 51 - 60件表示

「人種差別」のニューストピックワード