741件中 61 - 70件表示
  • レイシズム

    レイシズムから見た人種差別人種差別

    レイシズム フレッシュアイペディアより)

  • 人種虐待

    人種虐待から見た人種差別人種差別

    人種虐待 フレッシュアイペディアより)

  • カラーライン

    カラーラインから見た人種差別人種差別

    カラーライン(英: colour line)とは、ボクシングに存在した白人王者が黒人との対戦を拒否できる制度で、人種差別制度の一種である。カラーライン フレッシュアイペディアより)

  • ジェフ・バロン

    ジェフ・バロンから見た人種差別人種差別

    ファック()、フール()、アスホール()などのスラングを駆使しながら、一人だけ混じっていたアジア風の若者に対して人種差別発言、若者らをカント()呼ばわり、更には若者らの投げてきたごみを蹴り返すなどして、やがて若者らを追い払う。ジェフ・バロン フレッシュアイペディアより)

  • タキ・テオドラコプロス

    タキ・テオドラコプロスから見た人種差別人種差別

    保守派の論客としても知られ、2002年にはアメリカの大統領候補でもあった政治評論家のパット・ブキャナンとスコット・マッコーネルとともに「The American Conservative magazine」を創刊した。また、イギリスのガーディアン紙への人種差別的な投稿が議論を呼んだこともある。タキ・テオドラコプロス フレッシュアイペディアより)

  • アーカンソー州の歴史

    アーカンソー州の歴史から見た人種差別人種差別

    1957年、白人と黒人の分離教育を違憲とした3年前の連邦最高裁判決を受け、州の教育委員会が白人専用だったリトルロック中央高校に黒人生徒9人(リトルロック・ナイン、w:Little Rock Nine)の受け入れを決めたのに対し、州知事のオーヴァル・フォーバス(w:Orval Faubus)は州内に色濃い人種差別主義の影響力を考慮し、州兵を動員して生徒達の登校を阻止した。これは当時の公民権運動の象徴の一つとなり、ドワイト・アイゼンハワー大統領は連邦軍を直接投入して生徒の登校を強制的に実現させたが、フォーバスは公立学校の全面閉鎖などで抵抗を続け、州民は1968年まで7期14年にわたりフォーバスを州知事に選んだ。アーカンソー州の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • アマチ収容所

    アマチ収容所から見た人種差別人種差別

    1942年8月に第一陣の3,000人の日系人が収容所に到着して収容開始。交戦国の国民を収容する施設として地元からは白眼視されたが、当時のコロラド州知事であったラルフ・ローレンス・カーが人種差別的要素を否定する知事であり、比較的人道的な対処が行われた。1945年10月31日に閉鎖。アマチ収容所 フレッシュアイペディアより)

  • 宗教紛争

    宗教紛争から見た人種差別人種差別

    宗教紛争(しゅうきょうふんそう)とは、異なる宗教が衝突することである。お互いの宗教の価値観が相容れない場合、少数派の宗教が差別されている場合、信教を理由に処罰される場合、多数派の宗教に改宗を強制された場合などに起こる。民族紛争や、人種差別と重なり合う場合が多い。宗教紛争 フレッシュアイペディアより)

  • 民族差別

    民族差別から見た人種差別人種差別

    民族差別 フレッシュアイペディアより)

  • ジュリアン・バンダ

    ジュリアン・バンダから見た人種差別人種差別

    バンダは今では1927年に出版した短編小説La Trahison des Clercsが最も強く記憶されている。当時は悪名高い作品だった。英訳版の題名は"The Treason of the Learned"の方がより正確であったが、The Betrayal of the Intellectuals(『知識人の裏切り』)とされた。この論争的な随筆は、19世紀から20世紀にかけてフランス人やドイツ人の知識人達が粗野なナショナリズム、主戦論、そして人種差別についての弁明者とならずに、政治や軍事について屡々冷静に思考する能力を失ったと主張した。バンダは最も厳しい批判を彼の弟子のフランス人シャルル・モーラス やモーリス・バレスから受けた。バンダは古典古代に関する基準となる冷静な見解を、そして彼が良く理解していた伝統的なキリスト教の国際主義を擁護した。ジュリアン・バンダ フレッシュアイペディアより)

741件中 61 - 70件表示

「人種差別」のニューストピックワード