927件中 71 - 80件表示
  • 民族差別

    民族差別から見た人種差別人種差別

    民族差別 フレッシュアイペディアより)

  • 媚朝

    媚朝から見た民族差別人種差別

    これによれば、過去に北朝鮮を訪問した政治家や文化人が行った北朝鮮に対して好意的な発言や、拉致事件を否定する発言をした政治家や文化人を保革関係なく批判している。『正論』の記事の中で、小泉純一郎首相訪朝の際に、ネット上であふれた「チョンを殺せ」という民族差別的な多数の書き込みに対し「反北朝鮮は国益では」という発言を記者がしている場面が掲載された。そのため北朝鮮を絶対悪とする傾向が強く、北朝鮮に妥協しようとしただけでも「媚朝派」とのレッテルを貼るステレオタイプ的な対応であると考える傾向がある。この傾向が顕著になったのは小泉訪朝以後の北朝鮮による日本人拉致事件に関する北朝鮮側の態度に対する反感が顕著になって以降である。媚朝 フレッシュアイペディアより)

  • ホワイトシェパード

    ホワイトシェパードから見た人種差別人種差別

    しかし、能力も性格も基本的に普通のジャーマン・シェパード・ドッグと同じであり、うまれつきの毛色の違いだけで処分されるのは人種差別と同じであってはならない事だと感じたアメリカ・カナダ両国のブリーダーが白色のものを犬種として固定しようとプロジェクトを立てた。これにより1930年代前後に固定された白色のシェパードが、アメリカン・カナディアン・ホワイト・シェパード(以下、アメリカン・カナディアン種)である。この種は、その後も品種改良が加えられ、穏やかでジャーマン・シェパード・ドッグが持つ欠点を改良された犬種となった。ホワイトシェパード フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・カナディアン・ホワイト・シェパード

    アメリカン・カナディアン・ホワイト・シェパードから見た人種差別人種差別

    もともとジャーマン・シェパード・ドッグのホワイトの個体はスタンダード外であるとして処分されていた。しかし、能力は普通のものと全く変わりは無いのに毛色が違うだけで殺処分されるのは人種差別と同じであってはならない事であると考えたアメリカ・カナダの両国のブリーダーがジャーマン・シェパード・ドッグの白変種を集めて改良し、ひとつの犬種が出来上がった。それがこのアメリカン・カナディアン・ホワイト・シェパードである。品種化にあたって腰を強化し、攻撃的な性格を和らげる改良も加えられた。アメリカン・カナディアン・ホワイト・シェパード フレッシュアイペディアより)

  • ポール・バリソン

    ポール・バリソンから見た人種差別人種差別

    その後、ヒルビリーバンド Shelby Pollin & The Memphis Four にギターリストとして加入。毎日、アーカンソー州の地元ラジオ局KWEMで夕方30分枠の番組で演奏。それをスタジオで聞いていたハウリン・ウルフの御目に適い、3ヶ月間ウルフとユニットを組むが、当時は人種差別の問題があった為、ポール・バーリソンの名前がギタリストとしてクレジットされる事は無かった。ポール・バリソン フレッシュアイペディアより)

  • ラリー・シノダ

    ラリー・シノダから見た人種差別人種差別

    ラリー・シノダはロサンゼルスで日本人を両親に生まれた。南カリフォルニアで育ち、小学校時代に美術の才能を培い始めた。1941年12月からアメリカも参戦した第二次世界大戦中は、日系アメリカ人を対象とした人種差別政策である大統領令9066号の下で家族と共にマンザナー強制収容所に強制収容されていた。ラリー・シノダ フレッシュアイペディアより)

  • アルバート・ルツーリ

    アルバート・ルツーリから見た黒人差別人種差別

    1944年にルツーリはアフリカ民族会議に参加した。1945年に彼はクワズール・ナタール州委員会の委員に選ばれ、1951年には委員長に選ばれた。翌年彼は他のANCのリーダーたちとともに政府の作った黒人差別の法律を非暴力で無視するキャンペーンを行った。1952年にANCの議長に就任した。1956年にANCは『自由憲章』を制定した。1960年にノーベル平和賞を受賞した。1962年から1965年まで英国グラスゴー大学の学長に就いた。1967年7月に彼は自宅近くの列車事故で致命的な傷を負い69歳で亡くなった。アルバート・ルツーリ フレッシュアイペディアより)

  • ブナイ・ブリス

    ブナイ・ブリスから見た人種差別人種差別

    活動内容は、人権向上活動、病院と自然災害犠牲者の援助、ユダヤ人大学生に対する奨学金授与、名誉毀損防止同盟(ADL)を通して人種差別・ヘイトクライムや反ユダヤ主義への反対を含んだ、多種多様なコミュニティサービスと福祉活動に及んでいる。ブナイ・ブリス フレッシュアイペディアより)

  • オリビエーロ・トスカーニ

    オリビエーロ・トスカーニから見た人種差別人種差別

    チューリッヒで写真を学び、ローマの広告代理店に入社、『エル』、『ヴォーグ』等の雑誌でファッション写真を撮り、1983年よりベネトン社と契約、ベネトンでは、およそ従来のファッションブランドの広告写真からはかけ離れたAIDS、人種差別、戦争、死刑制度等を正面から取り上げ、その強烈な作品は世界各地で大きな議論を呼んだ。オリビエーロ・トスカーニ フレッシュアイペディアより)

  • ウォルター・フランクリン・ジョージ

    ウォルター・フランクリン・ジョージから見た人種差別人種差別

    ヨーロッパで第二次世界大戦が始まった当初、ジョージは上院の孤立主義派の一員であったが、のちに米英間の武器貸与計画を支持した。米国が参戦したとき、財務委員会委員長であったジョージは戦費支出のための法案通過に尽力した。政治家時代のジョージは一貫して、農民を救済する立法の支持者として知られていた。また、当時の大半の南部出身上院議員と同様、人種差別を支持した。ウォルター・フランクリン・ジョージ フレッシュアイペディアより)

927件中 71 - 80件表示

「人種差別」のニューストピックワード