741件中 81 - 90件表示
  • 2009年のオーストラリア

    2009年のオーストラリアから見た人種差別人種差別

    5月31日 - メルボルンで、インド人学生数千人が抗議デモ。頻発していたインド人学生を狙った襲撃事件に抗議するもので、メルボルンだけでも過去1年間に70件発生し、シドニーでも前月だけで約20件発生した。犯人のほとんどが10代の少年で、インド人狙いの襲撃を「カレー・バッシング」と称していた。インド国内では「人種差別だ」として反発が広がり、インドのシン首相がラッド首相に対して早期解決を要請する事態となった 。2009年のオーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • ホワイト・フライト

    ホワイト・フライトから見た人種差別人種差別

    ホワイト・フライトが起こる主要な要因として、低治安、人種差別、特定警戒地区指定、ブロック破壊商法(blockbusting)、制限契約(Real Covenant)などが挙げられる。このような要因により、人種的/経済的に形成されるインナーシティ地区の居住者たちは、銀行業や保険業のようなサービスを拒否される、またその費用が上昇することになる。また同時に、黒人たちは、低金利の住宅ローンを利用できずに、郊外地区に発展してきている新たな住宅地から締め出されることになる。アメリカの大都心の中には、1990年代頃から、ホワイト・フライトと逆の潮流(「(都市の)高級住宅地化(gentrification)と呼ばれる現象」が見られるようになってきている。ホワイト・フライトは、人種差別、経済的偏見、住宅ローンの拒否、都心部の高家賃、人種的な多様な地域の犯罪率の上昇と関連する現象である。ホワイト・フライト フレッシュアイペディアより)

  • 批判的言説分析

    批判的言説分析から見た人種差別人種差別

    CDA のアプローチは言語理論に加えて、 言説に関与しているイデオロギーと権力の関係を調べるために、社会理論から引き出されている。Fairclough (1989: 15) は、「言語はイデオロギーの主要な領域であることと、権力闘争の場と利害関係の両方であることを通して社会的なものとつながっている」と特筆している。van Dijk (1998) は、グループの社会的表象の基礎としてイデオロギーを明瞭に表現していて、より一般的には、社会構造と言説構造の間にある社会的認知の接触面を主唱する。Ruth Wodak は、人種差別や反ユダヤ主義に関しての研究で示したように、批判的な言説研究において歴史の局面の重要性を強調している。また、Norman Fairclough を中心に本格的にマスメディアの言説分析への応用が図られている。批判的言説分析 フレッシュアイペディアより)

  • ユーストン・マニフェスト

    ユーストン・マニフェストから見た人種差別人種差別

    ユーストン・マニフェスト(Euston Manifesto)とは、欧米(特にイギリス)のリベラル左派の知識人らによって2006年4月に起草された宣言である。基本的人権、人種差別反対、貧困の削減などリベラルの基本的原則を掲げているが、近年の欧米左派の反米主義的、親アラブ主義的、そして反ユダヤ主義的態度に対し批判を加えていることが特徴的である。ユーストン・マニフェスト フレッシュアイペディアより)

  • 2008年ジンバブエ大統領選挙

    2008年ジンバブエ大統領選挙から見た人種差別人種差別

    6月30日、来日中の潘基文・国連事務総長は東京都で「非常に欠陥のある」選挙だったと批判する声明を発表し、解決に取り組み姿勢を表明した。京都市で開かれたG8外相会合では、選挙活動における野党妨害を憂慮する声明を採択。また、7月7日から開かれた第34回主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット)においても協議され、7月8日にムガベ大統領の正当性を否定し経済制裁の可能性を含んだ特別声明が採択された。これに対して、ジンバブエは「人種差別的だ」と批判するコメントを発表した。2008年ジンバブエ大統領選挙 フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・ジャクソン裁判

    マイケル・ジャクソン裁判から見た人種差別人種差別

    人種差別の問題などと関連し過熱を極め、アメリカも裁判の様子を連日放送し、人々の間では「マイケルは無実だ。幼児性愛者でもなんでもない」「ある程度はそうかも知れないが有罪にするほどのことはやっていない」「マイケルは検察側の言うとおり変態だ。支持する奴も変人だ」など様々な意見が出され、さらには派生して同性愛者や少年愛者の問題が取りざたされる事になる始末になり、世界中の人たちを大混乱に陥れる大騒動となっていたこの裁判の結末を全世界が注目した。マイケル・ジャクソン裁判 フレッシュアイペディアより)

  • カハネ主義

    カハネ主義から見たレイシズム人種差別

    カハネ主義とは、カハネの持っていた過激思想のことである。「我々は神に選ばれた民であり、我々が滅びなかったのは明白な神との契約があったからだ。我々は異教徒と平等では断じてない。我々は優れているのだ」というカハネの主張のとおり、一種のユダヤ民族至上主義と言い表すこともでき、レイシズムの一種であるとみなされている。カハネ主義者は特にアラブ人、イスラム教徒を敵視しており、壁に「アラブ人どもを毒ガス攻撃しろ!」などと落書きしたり「アラブ人に死を」とアラブ人の墓に落書きしたりしている。これらの行為や人種差別的思想からカハネ主義者は「ネオナチ」とも表現されている。カハネ主義 フレッシュアイペディアより)

  • カハネ主義

    カハネ主義から見た人種差別人種差別

    カハネ主義の名は、ラビ・メイル・カハネに由来する。メイル・カハネは存命時代、イスラエルにおいて極右政党「カハ」を創設している。非ユダヤ人からイスラエル市民権を剥奪する法、ユダヤ人と非ユダヤ人との婚姻や性交渉を禁止する法の提出などを目指していた。これが人種差別的であるとカハネは批判され、カハ党も1985年に成立した反人種主義法により、議会から締め出された。カハネ主義 フレッシュアイペディアより)

  • ウォルター・フランクリン・ジョージ

    ウォルター・フランクリン・ジョージから見た人種差別人種差別

    ヨーロッパで第二次世界大戦が始まった当初、ジョージは上院の孤立主義派の一員であったが、のちに米英間の武器貸与計画を支持した。米国が参戦したとき、財務委員会委員長であったジョージは戦費支出のための法案通過に尽力した。政治家時代のジョージは一貫して、農民を救済する立法の支持者として知られていた。また、当時の大半の南部出身上院議員と同様、人種差別を支持した。ウォルター・フランクリン・ジョージ フレッシュアイペディアより)

  • 無口なウサギ

    無口なウサギから見た人種主義人種差別

    話は主にウサギの現代生活を扱っており、しばしば超現実主義的な要素が入る。ダイエット、菜食主義、人種主義、環境主義といった“現代社会”要素が満ちている。無口なウサギ フレッシュアイペディアより)

741件中 81 - 90件表示

「人種差別」のニューストピックワード