104件中 51 - 60件表示
  • 人種差別

    人種差別から見た人種差別撤廃条約

    人種差別撤廃条約は、定義として「人種、皮膚の色、世系又は民族的若しくは種族的出身に基づくあらゆる区別、排除、制限又は優先であって、政治的、経済的、社会的、文化的その他のあらゆる公的生活の分野における平等の立場での人権及び基本的自由を認識し、享有し又は行使することを妨げ又は害する目的又は効果を有するもの」と定めている。人種差別 フレッシュアイペディアより)

  • 人種差別

    人種差別から見たアファーマティブ・アクション

    黄色人種は白人社会からは卑屈で劣った人種だと思われながらも、勤勉さや教育熱心な文化が評価され、確実に白人社会に食い込んでいったこともあり、20世紀後半以降は一方的な搾取を受ける事態には至っていない。北米やイギリスなどにおける東アジア系移民の学歴や生活水準は有色人種の中にあって高く、平均して白人をしのぐことすら珍しくない。その現れとして、アメリカの大学選考においてアファーマティブ・アクションによる優遇は無く、むしろ不利に設定されている。人種差別 フレッシュアイペディアより)

  • 人種差別

    人種差別から見た東南アジア

    日本は16世紀に初めてヨーロッパ人と接触した。当時の日本人にとって白人や黒人は大変珍しい存在だったため、驚きや奇異の目で見る傾向があった。白人のことはその外見から「紅毛(毛髪の色による)」「毛唐(毛深いことによる。唐は中国唐王朝のことで、漠然と外国全般を指した言葉)」、又は中国の言葉を借りて「南蛮人(“南方の野蛮人”の意。主として東南アジア方面つまり南方から九州や琉球に渡航してきたため)」などと呼んでいた。人種差別 フレッシュアイペディアより)

  • 人種差別

    人種差別から見た大航海時代

    大航海時代以後の西欧人が新大陸のインディアン、サハラ砂漠以南のネグロイドを差別したことは歴史上では顕著である。また、同じ西欧人であってもアイルランド人など差別を受けた歴史をもつ民族も多い。風説などにより、一方の人種が生物学的に原始的であるとしたり、知能が劣る・野蛮であるとして、野生動物のように考えていた時代もある。大航海時代以後の西欧人は近代的な軍隊により世界の大半を侵略、植民地化していった。植民地支配を正当化するため西欧人の優勢が主張され「優等人種である白人が、劣等人種である非白人に文明を与えるのは義務である」とされた。この優位性は、「白人こそが最も進化した人類である」という価値観さえ生む結果となった(ラドヤード・キップリング『白人の責務』、セシル・ローズの“神に愛でられし国・イギリス”思想、ヒュー・ロフティング『ドリトル先生』シリーズの『アフリカゆき』『航海記』など)。この考え方は次第に肥大し、学術分野においても各人種間に特徴的な差異を「一方の人種が劣っている証拠」とする説が発表され、優生学の名で正当化された。この中にあって進化論は大いに捻じ曲げられ、後の文化人類学発達を大きく妨げたと考えられる。人種差別 フレッシュアイペディアより)

  • 人種差別

    人種差別から見た植民地主義

    2001年、南アフリカのダーバンで開催された「国連反人種差別主義会議」(WCAR)では、南半球の国家代表たちによる人種差別、植民地主義、大西洋横断の奴隷売買、およびシオニズムに対する人種差別非難が相次いだ。会議はパレスチナ人の権利保護要求と、シオニズムに対する満場一致の非難によって決議した。米国とイスラエルの代表団はこれに猛反発し、決議をボイコットした。人種差別 フレッシュアイペディアより)

  • 人種差別

    人種差別から見たヒトの肌の色

    肌の色など恣意的に選び出された特徴を重要な基準として選択し(segregation)、この特徴により人間集団をカテゴライズし(racialization)、否定的/肯定的な評価を付与し、 一定の人間集団を排除/包摂(exclusion/inclusion)していくイデオロギー。人種差別 フレッシュアイペディアより)

  • 人種差別

    人種差別から見た東洋人

    鎖国をやめて文明開化をなしたあとでは、白人はその軍事力、科学力から畏敬の対象となる。逆に白人の世界観を受け入れたことにより、東洋人である自己認識に劣等意識を植え付けられる日本人も生まれた。また同時に、黒人やインディアンは「未開人」という白人の人種的偏見をそのまま受け入れることとなった。日本を含む東アジア地域に居住する黒人が少ない事もあり、その偏見はあまり表面化することなく、現代まで続くこととなる。人種差別 フレッシュアイペディアより)

  • 人種差別

    人種差別から見た植民地支配

    大航海時代以後の西欧人が新大陸のインディアン、サハラ砂漠以南のネグロイドを差別したことは歴史上では顕著である。また、同じ西欧人であってもアイルランド人など差別を受けた歴史をもつ民族も多い。風説などにより、一方の人種が生物学的に原始的であるとしたり、知能が劣る・野蛮であるとして、野生動物のように考えていた時代もある。大航海時代以後の西欧人は近代的な軍隊により世界の大半を侵略、植民地化していった。植民地支配を正当化するため西欧人の優勢が主張され「優等人種である白人が、劣等人種である非白人に文明を与えるのは義務である」とされた。この優位性は、「白人こそが最も進化した人類である」という価値観さえ生む結果となった(ラドヤード・キップリング『白人の責務』、セシル・ローズの“神に愛でられし国・イギリス”思想、ヒュー・ロフティング『ドリトル先生』シリーズの『アフリカゆき』『航海記』など)。この考え方は次第に肥大し、学術分野においても各人種間に特徴的な差異を「一方の人種が劣っている証拠」とする説が発表され、優生学の名で正当化された。この中にあって進化論は大いに捻じ曲げられ、後の文化人類学発達を大きく妨げたと考えられる。人種差別 フレッシュアイペディアより)

  • 人種差別

    人種差別から見たイラク

    サハラ砂漠以南のアフリカに集中的に居住していた黒人は古代においてアラブ人やペルシア人の奴隷として扱われた時期があり、人種差別の対象であった。イスラム圏の偉大な哲学者であるイブン・ハルドゥーンでさえも黒人を差別の対象としている。アッバース朝時代には南イラクの大規模農業で使役していた黒人奴隷が過酷な労働環境に不満を抱き反乱を起こしている(ザンジュの乱)。なおヨーロッパからアフリカを見た用語としてブラックアフリカがある。人種差別 フレッシュアイペディアより)

  • 人種差別

    人種差別から見た輸出

    江戸時代にはオランダ人やイギリス人などは紅毛人、スペイン人やポルトガル人は南蛮人と区別されることが多かった。なお、欧米で奴隷扱いであった黒人は宣教師の従者として日本に連れられてきたのが最初とされるが、日本では当時の最高権力者織田信長の従者になるという破格の好待遇を受ける(ヤスケの項目を参照)。その一方で日本人はポルトガル・スペイン商人や宣教師によって奴隷として輸出された。豊臣秀吉によるバテレン追放・キリスト教禁教は、純粋な宗教の禁止・宗教への迫害ではなく、そうした情勢・趨勢への対応であった(サン・フェリペ号事件)とする見方もある。人種差別 フレッシュアイペディアより)

104件中 51 - 60件表示

「人種差別」のニューストピックワード