28件中 11 - 20件表示
  • 1991年のスポーツ

    1991年のスポーツから見た今村猛今村猛

    4月17日 - 今村猛(長崎県、野球)1991年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 松井淳 (外野手)

    松井淳 (外野手)から見た今村猛今村猛

    5月31日に一軍に昇格。6月6日の対オリックス戦で2安打を放つと10日の対西武戦で牧田和久からプロ入り初本塁打。13日の対楽天イーグルス戦では田中将大から本塁打を放つなど交流戦で活躍。異色の経歴もあって各メディアで取り上げられるが守備面での不安と打撃不振により8月13日に登録抹消。再昇格後の8月30日の対広島戦で今村猛から同点本塁打を放つが、翌8月31日の打撃練習中に痛みを訴え、その後の検査で左手親指の靱帯を負傷し、登録抹消となる。一軍で46試合に出場し、打率.287、本塁打5、15打点の活躍だった。松井淳 (外野手) フレッシュアイペディアより)

  • 武内久士

    武内久士から見た今村猛今村猛

    ドラフト会議では、広島は1位に高校生投手の今村猛を指名予定だったため、当初翌年優勝争いをするための戦力として2位で即戦力投手、3位で高校生の獲得を予定していた。武内は即戦力投手の有力な候補として指名予定だったが、監督の野村謙二郎が事前に堂林翔太をチェックした元広島監督の山本浩二に高校生離れした打撃センスを伝えられ、スカウトと共に何度も熟考を重ねた末、本番では指名順位を入れ替え、シミュレート通りに予定選手を獲得できた事を当日のインタビューで語った。武内久士 フレッシュアイペディアより)

  • 松井飛雄馬

    松井飛雄馬から見た今村猛今村猛

    高校卒業後は、社会人野球の三菱重工広島に入社。1年目のは、高卒ルーキーながら遊撃手のレギュラーに定着。第80回都市対抗野球大会、第36回社会人野球日本選手権大会にもスタメンで出場した。2年目の、7月に行なわれたプロアマ交流戦では広島東洋カープの今村猛から本塁打を放つ。さらに、第81回都市対抗野球大会初戦の東邦ガス戦で、1点を勝ち越した直後の6回1死一、二塁で、右越え3ランを放ち全国大会で結果を残した。3年目の、第82回都市対抗野球大会は準々決勝でJR東日本に0-4で敗退。松井飛雄馬 フレッシュアイペディアより)

  • 田村恵

    田村恵から見た今村猛今村猛

    2002年オフ、自由契約の扱いで引退。スコアラーを経て、現在は九州地区担当スカウト(鹿児島駐在)を務める。主な担当選手は今村猛、安部友裕、中崎翔太、戸田隆矢など。田村恵 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎県立清峰高等学校

    長崎県立清峰高等学校から見た今村猛今村猛

    第81回選抜高等学校野球大会に九州第一代表として出場。好投手今村猛を擁して3年ぶりの決勝進出を果たした。その決勝戦では菊池雄星と白熱した投手戦を演じ、花巻東高等学校(岩手)を1-0で破り初優勝。長崎県勢としても、春夏通じて初の全国制覇を果たした。長崎県立清峰高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 上田利治

    上田利治から見た今村猛今村猛

    には、同年から指名打者に偵察メンバーを使う事が禁止されたことを忘れ、指名打者の当て馬に投手の山沖之彦を起用したところ運悪く満塁のチャンスで打順が回り、山沖が三振に終わったという事もあった。(上田の古巣広島でも野村謙二郎監督がセパ交流戦のビジターでのオリックス戦で投手今村猛を指名打者で出場させ、今村は第一打席で犠牲バント決めて交代)上田利治 フレッシュアイペディアより)

  • 川原弘之

    川原弘之から見た今村猛今村猛

    福岡大学附属大濠高等学校では2年夏からエースとして活躍した。秋の県大会準優勝、九州大会では準々決勝で今村猛(清峰高)との投げ合いに敗れ、春のセンバツを逃した。3年夏の県大会では、5回戦の修猷館戦で12奪三振を奪いながら惜敗し、甲子園に出場することはできなかった。実兄も福大大濠高校出身で、大石達也と同期のキャプテンだった。川原弘之 フレッシュアイペディアより)

  • 三嶋一輝

    三嶋一輝から見た今村猛今村猛

    今村猛がリリーフ登板した清峰に3安打15奪三振1失点、センバツ優勝の東浜巨が登板しなかった沖縄尚学高校に4安打14奪三振3失点で完投勝利、三嶋一輝 フレッシュアイペディアより)

  • 北篤

    北篤から見た今村猛今村猛

    初打点:2011年8月23日、対広島東洋カープ15回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、8回表に今村猛から中犠飛北篤 フレッシュアイペディアより)

28件中 11 - 20件表示

「今村猛」のニューストピックワード