53件中 21 - 30件表示
  • 今村猛

    今村猛から見た長崎日本大学中学校・高等学校

    第81回選抜高等学校野球大会では安定した投球でチームを牽引し、決勝では菊池雄星を擁する花巻東と対戦。投手戦を1-0で勝利し見事優勝。長崎県勢としては春夏通じて初の全国優勝だった。大会では全5試合に先発し、44イニングを投げて47奪三振・4完投・3完封・1失点・防御率0.20と抜群の安定感だった。また、初戦の日本文理高等学校戦)では、第1打席にセンバツ大会通算600号(甲子園)となる本塁打をバックスクリーン右へ放り込んだ。6月の練習試合で最速152km/hを記録し話題に、3年夏は全国高等学校野球選手権長崎大会準々決勝で、優勝した長崎日大に敗れ甲子園出場はならなかった。今村猛 フレッシュアイペディアより)

  • 今村猛

    今村猛から見た全国高等学校野球選手権長崎大会

    第81回選抜高等学校野球大会では安定した投球でチームを牽引し、決勝では菊池雄星を擁する花巻東と対戦。投手戦を1-0で勝利し見事優勝。長崎県勢としては春夏通じて初の全国優勝だった。大会では全5試合に先発し、44イニングを投げて47奪三振・4完投・3完封・1失点・防御率0.20と抜群の安定感だった。また、初戦の日本文理高等学校戦)では、第1打席にセンバツ大会通算600号(甲子園)となる本塁打をバックスクリーン右へ放り込んだ。6月の練習試合で最速152km/hを記録し話題に、3年夏は全国高等学校野球選手権長崎大会準々決勝で、優勝した長崎日大に敗れ甲子園出場はならなかった。今村猛 フレッシュアイペディアより)

  • 今村猛

    今村猛から見た福岡ソフトバンクホークス

    、首脳陣の育成の方針により、シーズンの殆どを2軍で過ごした。ウエスタン・リーグでは、4月21日の対福岡ソフトバンクホークス戦で中継ぎとして初登板し、2回無失点の好投で初勝利をあげた。同年7月22日に行われたフレッシュオールスターゲームではウエスタンの先発を任され、ソロ本塁打を浴びたもののMAX148km/hを記録、2イニングで3三振を奪う活躍を見せた。その後、8月18日、小島心二郎の抹消に伴い初の一軍登録を受け、当日の対東京ヤクルトスワローズ戦でプロ初登板・初先発したものの、初回に味方の失策から畠山和洋に満塁本塁打を浴びるなど、2回5失点の黒星デビューとなった。続く8月25日の対阪神タイガース戦で再度先発したが、2回3失点で2試合連続の降板、その翌日に降格となり、そのままシーズンを終えた。2軍ではシーズンを通じて先発ローテーションを任され、13試合・63回2/3を投げて4勝4敗・防御率4.81だった(被安打77と自責点34は共にチーム最多)。今村猛 フレッシュアイペディアより)

  • 今村猛

    今村猛から見た花巻東高等学校

    第81回選抜高等学校野球大会では安定した投球でチームを牽引し、決勝では菊池雄星を擁する花巻東と対戦。投手戦を1-0で勝利し見事優勝。長崎県勢としては春夏通じて初の全国優勝だった。大会では全5試合に先発し、44イニングを投げて47奪三振・4完投・3完封・1失点・防御率0.20と抜群の安定感だった。また、初戦の日本文理高等学校戦)では、第1打席にセンバツ大会通算600号(甲子園)となる本塁打をバックスクリーン右へ放り込んだ。6月の練習試合で最速152km/hを記録し話題に、3年夏は全国高等学校野球選手権長崎大会準々決勝で、優勝した長崎日大に敗れ甲子園出場はならなかった。今村猛 フレッシュアイペディアより)

  • 今村猛

    今村猛から見たオリックス・バファローズ

    、オープン戦で先発要員として起用され好投を続けた。開幕ローテーション入りは逃したものの、同年4月16日の対読売ジャイアンツ戦で、先発ジオの負傷降板により急遽登板。3回1/3を無失点で切り抜け、プロ入り初勝利を挙げた。5月20日のオリックス・バファローズ戦(京セラドーム大阪)では7番・指名打者として先発起用された。偵察要員としての起用のつもりであったが、監督の野村謙二郎が公認野球規則・6-10(b)に明記されている「指名打者は相手チームの先発投手に対して、少なくとも一度は、打撃を完了しなければ交代できない」というルールを失念してしまい、今村はオリックス先発の木佐貫洋が降板しない限り最低1打席は入らなければならなくなった。今村は2回表1死1塁の場面で打順が回り、送りバントを決める。その後、5回表の2打席目で代打(石井琢朗)が送られた。その後は、中継ぎ、セットアッパーとして起用され、守護神のデニス・サファテの離脱後は守護神に指名された。10月8日の対東京ヤクルトスワローズ戦ではプロ初セーブを挙げ、1997年に横山竜士が21歳2カ月で記録した球団最年少セーブを20歳5カ月で更新した。今村猛 フレッシュアイペディアより)

  • 今村猛

    今村猛から見た第81回選抜高等学校野球大会

    第81回選抜高等学校野球大会では安定した投球でチームを牽引し、決勝では菊池雄星を擁する花巻東と対戦。投手戦を1-0で勝利し見事優勝。長崎県勢としては春夏通じて初の全国優勝だった。大会では全5試合に先発し、44イニングを投げて47奪三振・4完投・3完封・1失点・防御率0.20と抜群の安定感だった。また、初戦の日本文理高等学校戦)では、第1打席にセンバツ大会通算600号(甲子園)となる本塁打をバックスクリーン右へ放り込んだ。6月の練習試合で最速152km/hを記録し話題に、3年夏は全国高等学校野球選手権長崎大会準々決勝で、優勝した長崎日大に敗れ甲子園出場はならなかった。今村猛 フレッシュアイペディアより)

  • 今村猛

    今村猛から見た阪神タイガース

    、首脳陣の育成の方針により、シーズンの殆どを2軍で過ごした。ウエスタン・リーグでは、4月21日の対福岡ソフトバンクホークス戦で中継ぎとして初登板し、2回無失点の好投で初勝利をあげた。同年7月22日に行われたフレッシュオールスターゲームではウエスタンの先発を任され、ソロ本塁打を浴びたもののMAX148km/hを記録、2イニングで3三振を奪う活躍を見せた。その後、8月18日、小島心二郎の抹消に伴い初の一軍登録を受け、当日の対東京ヤクルトスワローズ戦でプロ初登板・初先発したものの、初回に味方の失策から畠山和洋に満塁本塁打を浴びるなど、2回5失点の黒星デビューとなった。続く8月25日の対阪神タイガース戦で再度先発したが、2回3失点で2試合連続の降板、その翌日に降格となり、そのままシーズンを終えた。2軍ではシーズンを通じて先発ローテーションを任され、13試合・63回2/3を投げて4勝4敗・防御率4.81だった(被安打77と自責点34は共にチーム最多)。今村猛 フレッシュアイペディアより)

  • 今村猛

    今村猛から見た投手

    今村 猛(いまむら たける、1991年4月17日 - )は、広島東洋カープに所属するプロ野球選手(投手)。今村猛 フレッシュアイペディアより)

  • 今村猛

    今村猛から見た遊撃手

    長崎県佐世保市(旧北松浦郡小佐々町)出身。小学3年生の時に楠栖クラブで一塁手として野球を始め、後に遊撃手と投手を兼任。小佐々中学校では遊撃・三塁手としてプレー。2年時に九州大会で優勝し、全国大会に出場。この年には城島健司や寺原隼人らがオフシーズンに開催した野球教室に参加して城島と対戦。今村は城島の内角を厳しくえぐった結果、脇腹に死球を当ててしまい、城島に笑いながら追いかけ回された。今村猛 フレッシュアイペディアより)

  • 今村猛

    今村猛から見たフォークボール

    スリークォーターから平均球速約146km/h、最速154km/hのストレートに切れ味鋭い縦と横のスライダーが武器の本格派右腕。2010年秋からは上記の球種に加えてカーブの習得に取り組んだ。また、2011年には上原浩治のフォークボールを理想としたという高速フォークの練習を始め、2012年終盤に実戦で多投するようになった。今村猛 フレッシュアイペディアより)

53件中 21 - 30件表示

「今村猛」のニューストピックワード