72件中 41 - 50件表示
  • 平野佳寿

    平野佳寿から見た今江敏晃今江敏晃

    高校時代に同じ京都出身の今江敏晃(現・千葉ロッテマリーンズ)に本塁打を打たれたというが、「今江は覚えていないかも」と週刊ベースボール誌上で話した。平野佳寿 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の日本プロ野球

    2006年の日本プロ野球から見た今江敏晃今江敏晃

    7月3日 - サンヨーオールスターゲーム2006のファン投票最終結果発表。初のファン選出となるのは、パ・リーグからは菊地原毅中継ぎ投手(オリックス)、馬原孝浩抑え投手(ソフトバンク)、里崎智也捕手(ロッテ)、本間満二塁手(ソフトバンク)、今江敏晃三塁手(ロッテ)、柴原洋外野手(ソフトバンク)、セ・リーグからはマーク・クルーン抑え投手(横浜)、アンディ・シーツ一塁手(阪神)、福留孝介外野手(中日)の9選手。最多得票はパ・リーグ、清原和博指名打者の806,021票。またファンによる選抜最多回数も清原の18回。2006年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • マット・マートン

    マット・マートンから見た今江敏晃今江敏晃

    の開幕戦では「1番・右翼」でスタメン出場し、第一打席でタイガースでは1955年の金田正泰以来56年ぶり、球団史上2人目の開幕戦初回先頭打者本塁打を放ったが、長打力向上を狙って春季キャンプから行ってきた打撃フォームの改造が裏目に出て、春先は打率1割台と苦戦した。5月26日の対千葉ロッテマリーンズ戦では、3-1でロッテがリードの8回表、1死走者二塁の場面で、打者の清田育宏が打ち上げたライトフライを捕球した際に3アウトチェンジだと勘違いし、ボールをスタンドに投げ入れてしまった。これにより二塁走者の今江敏晃には2個の安全進塁権が与えられ、ロッテに1点が追加された(このプレーによる記録はマートンのエラー)。走者がいる場面でアウトカウントを間違い、それにより得点が入ったのは、2003年5月21日の巨人のクリス・レイサム外野手以来である。その日は偶然にもレイサムの誕生日でもあった。これに対し球団フロントは、マートンから異例の事情聴取を行なった。その後はフォームが定まったことで調子を戻し、前半戦をリーグトップの打率.325で終え、オールスターゲームにも前年に引き続き監督推薦で出場した。後半戦は体調不良を起こしてスタメンを外れることもあったが、9月6日から10月11日まで、日本プロ野球史上6人目かつ外国人選手では最多となる30試合連続安打を記録した。最終的には5厘差で長野久義に及ばず首位打者を逃したものの、180安打を放ち2年連続の最多安打を獲得。ベストナインにも同じく2年連続で選出された。前年は外野3ポジションすべてに就いたが、この年は右翼手としての出場のみであった。同年シーズン後に2年契約が満了し、メジャーリーグに復帰する可能性も取りざたされたが、再び2年契約を結んで阪神に残留した。マット・マートン フレッシュアイペディアより)

  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表から見た今江敏晃今江敏晃

    また、代表に最も多く選出された球団は2005シーズンで日本一・アジア優勝を達成した千葉ロッテの8選手で、先発投手が3人(清水、渡辺俊、小林宏之)、中継ぎ投手が2人(藤田、薮田)、捕手1人(里崎智也)、内野手2人(西岡、今江敏晃)が選出された。2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 中村勝

    中村勝から見た今江敏晃今江敏晃

    初奪三振:同上、1回裏に今江敏晃から中村勝 フレッシュアイペディアより)

  • 山田修義

    山田修義から見た今江敏晃今江敏晃

    2012年はファームで春先から先発で調子を維持、21試合で5勝7敗ながら防御率2.43と安定した成績を残し、8月17日に2年ぶりに一軍昇格。2試合先発するも何れも敗戦投手になり、その後は4試合で敗戦処理の場面で登板。9月23日の対ロッテ戦で今江敏晃に満塁本塁打を浴び、翌日登録抹消となった。最終的には6試合で防御率5.71、一軍で収穫と課題も得られたシーズンになった。山田修義 フレッシュアイペディアより)

  • 南竜介

    南竜介から見た今江敏晃今江敏晃

    4月27日に山北茂利との交換トレードで、龍太郎と共に千葉ロッテマリーンズに移籍。9月19日に一軍登録され、スタメン、守備固めなどで起用。無安打だったものの、9月23日の対北海道日本ハムファイターズ戦で3回にダルビッシュ有から浅いライトフライを放ち、三塁走者の今江敏晃が生還。プロ初打点となった。南竜介 フレッシュアイペディアより)

  • Galneryus

    Galneryusから見た今江敏晃今江敏晃

    6月、6枚目のアルバム『RESURRECTION』をリリース。オリコン初登場35位を記録し売上2万枚を突破した。収録曲『A FAR-OFF DISTANCE』は千葉ロッテマリーンズの今江敏晃選手の登場曲に選ばれ、TVアニメ『RAINBOW-二舎六房の七人-』のエンディングテーマに起用された。Galneryus フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達

    プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達から見た今江敏晃今江敏晃

    今江敏晃夫妻(金の草鞋を履いてでも探したい10歳年上妻)プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯三貴

    佐伯三貴から見た今江敏晃今江敏晃

    2008年5月2日、クリスタルガイザーレディスは大会初日にあたり、開催地千葉市若葉区の京葉カントリークラブ至近にある千葉マリンスタジアムで行われる日本プロ野球の千葉ロッテ×西武ライオンズ戦のワンデースポンサーとなった。 これにともない、クリスタルガイザーは大会PRのため、同試合始球式にクリスタルガイザーレディス出場選手を広報派遣することとした。この始球式要員には、佐伯三貴と諸見里しのぶが抜擢され、初日クリスタルガイザーレディス同組でラウンドした2人は、ホールアウト後間もない16時30分に京葉カントリークラブを出発、千葉マリンスタジアムにおける18時からの始球式イベントに参加した。 2人は両チームの代表に対して花束を贈呈したあと、そろってマウンドへ向い、大松尚逸、今江敏晃の両名をキャッチャーにして投球。諸見里の投球は、やや右にそれるボール球となったが、三貴の球はノーバウンドのストライクボールとなった。始球式終了後は、2人とも試合終了まで観戦し、三貴は「プロ野球選手のパワーを貰って帰りたい」と言及した。佐伯三貴 フレッシュアイペディアより)

72件中 41 - 50件表示

「今江敏晃」のニューストピックワード