72件中 51 - 60件表示
  • 有藤通世

    有藤通世から見た今江敏晃今江敏晃

    現役時代の背番号8は、自身が監督に就任した1987年に準永久欠番となったが、球団が千葉に移転した1992年以降は準永久欠番ではなくなった(同年に新外国人のマックス・ベナブルがつけている)。からは同じ三塁手の今江敏晃がつけているが、今江がその背番号を球団からもらった際、ロッテ一筋の堀幸一や初芝清が「その番号だけはつけられない」と言うなど、重い背番号となっている。また、2005年のオフシーズンに今江とゴルフをした際、今江が「150安打以上打ちたい」と言ったのを聞いた時に「『150安打以上打つ!』だろ?」と釘を刺した(なお今江は2005年は143安打、2006年は122安打でその後、2010年に176安打で5年越しに達成)。有藤通世 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見た今江敏晃今江敏晃

    この年は試合後に行うライブが話題になった。5月29日の対横浜ベイスターズ戦(千葉マリンスタジアム)で自身初の満塁本塁打を放ち、この試合好投した渡辺俊介と共にヒーローインタビューで「今日は球場正面入り口で俊介と歌いまーす!」と宣言。千葉ロッテマリーンズの公式応援歌『We Love Marines』を歌う。8月8日の渡辺俊介と今江敏晃がヒーローの試合後、渡辺に指名され三人で歌う。野球選手の次に歌手になりたかったと言い、人前で歌うのは小さい頃からの夢であったという。8月28日の対オリックス・バファローズ戦で黒木知宏が復帰登板勝利を果たしたその日、ステージに来たのは本塁打を打った里崎であり(黒木がステージに出演しない事は、場内アナウンスで説明があった)、黒木がヒーローインタビューでかけていた「本日の主役」タスキをかけて歌いに来る。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 8月26日

    8月26日から見た今江敏晃今江敏晃

    1983年 - 今江敏晃、プロ野球選手8月26日 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た今江敏晃今江敏晃

    全日本野球会議が、第24回アジア野球選手権大会兼北京オリンピック野球競技アジア地区予選の第1次日本代表候補選手60人を発表。社会人、大学生からの候補選出はなく、すべてプロ選手からの選出となった。候補となったのは以下の60人。投手(29人)?ダルビッシュ有、武田久、八木智哉、MICHEAL(以上日本ハム)、西口文也、小野寺力、涌井秀章(以上西武)、馬原孝浩、新垣渚、和田毅、杉内俊哉(以上ソフトバンク)、薮田安彦、渡辺俊介、小林宏之(以上ロッテ)、田中将大、青山浩二(以上楽天)、川上憲伸、岡本真也、岩瀬仁紀(以上中日)、藤川球児(阪神)、林昌範、上原浩治、高橋尚成、内海哲也、金刃憲人(以上巨人)、黒田博樹、大竹寛(以上広島)、那須野巧、木塚敦志(以上横浜)。捕手(5人)?里崎智也(ロッテ)、谷繁元信(中日)、矢野燿大(阪神)、阿部慎之助(読売)、相川亮二(横浜)。内野手(15人)?中島裕之(西武)、松中信彦(ソフトバンク)、TSUYOSHI、今江敏晃(以上ロッテ)、北川博敏(オリックス)、荒木雅博、井端弘和(以上中日)、鳥谷敬、今岡誠(以上阪神)、宮本慎也(ヤクルト)、小笠原道大、二岡智宏(以上巨人)、梵英心、新井貴浩(以上広島)、村田修一(横浜)。外野手(11人)?稲葉篤紀(日本ハム)、和田一浩(西武)、多村仁、大村直之(以上ソフトバンク)、村松有人(オリックス)、礒部公一、鉄平(以上楽天)、福留孝介(中日)、青木宣親(ヤクルト)、谷佳知、高橋由伸(以上巨人)。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 関口宏の東京フレンドパークII

    関口宏の東京フレンドパークIIから見た今江敏晃今江敏晃

    2005年11月21日 - 千葉ロッテマリーンズ(清水、小林宏、里崎、今江、西岡・6枚)※通常放送。アジアシリーズ優勝翌日に収録したため、同決勝戦で故障した今江は一部アトラクションのみの参加。関口宏の東京フレンドパークII フレッシュアイペディアより)

  • ブラックバス

    ブラックバスから見た今江敏晃今江敏晃

    また、反町隆史、小池徹平、速水もこみち、吉瀬美智子、岡野昭仁、今江敏晃、矢野燿大、関本賢太郎など、バスフィッシングが好きな芸能人・スポーツ選手も多い。ブラックバス フレッシュアイペディアより)

  • 攝津正

    攝津正から見た今江敏晃今江敏晃

    先発として起用されるようになった2011年からの通算与四球率2.06の制球力を誇る。コーナーをつく投球のためリリーフとして起用された2010年までは与四球率3.11と四球が少なくなかったが、逆球率は5パーセント弱と低かった。選手からも制球力の評価が高く、今江敏晃は「攝津さんってコントロールムチャクチャいいんですよ。テンポもいいしテークバックが極端に小さいからタイミングが取りづらい。」と話し、ブライアン・ファルケンボーグやD.J.ホールトンからも高く評価され、2011年のすぽるとで放送された、プロ野球選手100人が選んだ「この選手がすごい!コントロール部門」では3位に選ばれた。その制球力を理由にソフトバンク球団会長の王貞治からは「メジャーでも即通用する投手」として名を挙げられた。山田大樹は攝津のシンカーの握りをまねし、落ちる球をマスターしている。攝津正 フレッシュアイペディアより)

  • ロッテ

    ロッテから見た今江敏晃今江敏晃

    今江敏晃、西岡剛、小林雅英、里崎智也など)ロッテ フレッシュアイペディアより)

  • 野球界の永久欠番

    野球界の永久欠番から見た今江敏晃今江敏晃

    「ミスターロッテ」と呼ばれた有藤の功績をたたえて欠番となっていたが、球団の移転により欠番でなくなった。2005年から今江敏晃が着用。野球界の永久欠番 フレッシュアイペディアより)

  • 安全進塁権

    安全進塁権から見た今江敏晃今江敏晃

    2011年5月26日、阪神タイガース対千葉ロッテマリーンズ戦(阪神甲子園球場) - 8回表、一死二塁でロッテの打者・清田育宏が放った飛球を阪神のマット・マートン右翼手が捕球した。このとき二塁走者の今江敏晃はタッグアップしていたが、マートンはそれを阻止するための送球をしようともせずに一塁側内野席にボールを投げ入れてしまった。これにより今江は2個の安全進塁権が与えられ、得点した。安全進塁権 フレッシュアイペディアより)

72件中 51 - 60件表示

「今江敏晃」のニューストピックワード