72件中 61 - 70件表示
  • グラゼニ

    グラゼニから見た今江敏晃今江敏晃

    日本シリーズMVP獲得経験2回のサベージの看板選手。ファーム調整中に二軍戦で凡田からホームランを打ち、交流戦最終戦でも再び凡田と対決する。モーニング本誌にて一日編集者体験企画を行ったことのある今江敏晃(苗字は今江のニックネーム「ゴリ」、名前は苗字のもじり)がモデル。グラゼニ フレッシュアイペディアより)

  • BECK (漫画)

    BECK (漫画)から見た今江敏晃今江敏晃

    チャイニーズ・ブッキーの新Guitar/Vocal。元プラチナ・ベリーズ。エフェクターを使わずにバリエーション豊かなプレイができるなどテクニックは一流。一方、ライブ中に下ネタを連呼するため女性には不人気。ただしこれは伝馬兄に作られたキャラクターで普段は気の弱い人物。チェ・ゲバラを尊敬している設定だが本人はゲバラを知らない。使用するギターはSGで、コユキが持っているに影響されたため。名前の元ネタは千葉ロッテマリーンズの今江敏晃と思われる。BECK (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • イ・ジョンヒョン

    イ・ジョンヒョンから見た今江敏晃今江敏晃

    デビューアルバム「Let's Go To My Star」の表題曲『ワ』等を歌った際は、マイクを左手の小指に付ける独特の方法を用いた。紅白歌合戦でもこのスタイルで出場した。千葉ロッテマリーンズの今江敏晃(過去には石井浩郎、伊与田一範)の応援歌にもなっている。イ・ジョンヒョン フレッシュアイペディアより)

  • 1998年の日本シリーズ

    1998年の日本シリーズから見た今江敏晃今江敏晃

    後のない西武はエース西口を満を持して中7日で送った。横浜は川村丈夫。第5戦で大量点を挙げた横浜打線だったが、この日は西口の気迫あふれる投球の前に7回まで無得点。しかし西武打線も川村の前に沈黙。大塚光二が1人気を吐くも、後続が絶たれ得点につながらなかった。そして8回、四球で出塁した波留が鈴木尚のセカンドゴロで2塁に進んだが、直接タッチしようとしたセカンド高木浩之のタッチが認められず、オールセーフ。西口は続くローズを中飛に抑えたが、続く駒田徳広にセンターを越えフェンス最上段に当たるタイムリー二塁打を打たれ、8回ついに横浜に先制を許した。続く2死満塁のピンチは抑えた。横浜はシーズン定石どおり9回佐々木をマウンドへ送る。しかし佐々木の調子が今ひとつ。先頭の大塚の打球はレフトフライかと思われたが、レフト鈴木の打球判断ミス(照明が目に当たったものと考えられる)で後逸、大塚はシリーズ新の6打席連続安打(後に今江敏晃が2005年に8打席連続安打の記録を出し塗り替える)となる三塁打を放ち、いきなり無死3塁とした。1死を取ったが、代打マルティネスは四球。続く中嶋がサードゴロを打ったがバウンドが高く、5-4-3と渡るもこれが野選となりオールセーフ、大塚が生還。なおも1死1、2塁で代打金村義明が登場したが、初球を痛恨のセカンド併殺打。横浜が38年ぶり2回目の日本一となった。2番手で登板した阿波野が近鉄時代の1989年の日本シリーズ第1戦以来の勝利投手で、日本シリーズ史上2人目の両リーグ勝利投手となった。1998年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1983年

    1983年から見た今江敏晃今江敏晃

    8月26日 - 今江敏晃、プロ野球選手1983年 フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見た今江敏晃今江敏晃

    オープン戦において打率.050の大不振のまま開幕2軍スタート。しかし、昇格と同時にロッテの下位打線に定着し、このシーズンは打率.260・本塁打30・打点82とプレーオフ進出に貢献。プレーオフは7試合で16打数3安打と鳴りを潜めたが、日本シリーズ(対阪神タイガース戦)では井川慶から本塁打を放った。第3戦ではスタメンを外れたものの、第4戦は先制本塁打を放つなどシリーズ計3本塁打を放って日本一に貢献し、優秀選手賞を受賞した(MVPは今江敏晃)。続くアジアシリーズでは古巣・サムスンとの対決となり、第1戦では5番、決勝戦では3番と主軸を任されたものの、2戦で無安打に終わった。「シーズンを通じて調子の波が大きい」「左投手に弱い」との理由で、相手先発が左投手のときはスタメンを外されるなど、ロッテ時代は最後まで固定レギュラーを任せられなかった。守備位置も、李は本来一塁手だが、ロッテの一塁には福浦和也がおり、DHや左翼手でも出場するなど守備機会は安定しなかった。ロッテに残留との合意報道も出ていたが、ロッテでの起用法に不満があったため、自由契約となる。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見た今江敏晃今江敏晃

    大胆な若手選手の先発起用、ほぼ全てのポジションに複数の選手を充て競争意識を高めつつ適度に休養を取らせる、里崎智也、橋本将の2人の捕手を先発投手に合わせ入れ替える(両選手ともに打撃も良く、スタメンマスクを外れても指名打者として出場することもあった)、クリーンナップを2組作って投入するなど独特の起用法が当たり、「ボビーマジック」と呼ばれた。特に目覚しい活躍を見せた西岡剛、今江敏晃らは「ボビーチルドレン」と呼ばれた。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • 京成バス

    京成バスから見た今江敏晃今江敏晃

    なお、このバスが運行する幕01系統の路線バスでは、2006年(平成18年)3月より千葉ロッテマリーンズの選手たちの車内アナウンスを聞く事ができ、多くの注目を集めた。2011年(平成23年)現在では荻野貴司、成瀬善久らが車内アナウンスを担当している。(過去にはボビー・バレンタイン、ベニー・アグバヤニ、マット・ワトソン、今江敏晃、渡辺俊介、唐川侑己、大松尚逸らが担当)京成バス フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見た今江敏晃今江敏晃

    しかしロッテとの日本シリーズでは4試合に登板したものの、第6戦で2イニングを投げるもサブローに同点タイムリーを打たれてチェン・ウェインの勝利投手の権利を失わせ、第7戦ではロングリリーフを任され、シーズン中にも経験のない4イニング登板を果たすが、延長12回今江敏晃に四球を与え、岡田幸文に決勝の適時三塁打を打たれて自滅。敗戦投手になり、チームも日本一を逃した。浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のスポーツ

    2010年のスポーツから見た今江敏晃今江敏晃

    7日 - 【野球】プロ野球日本シリーズ第7戦、パ・リーグの千葉ロッテマリーンズがセ・リーグ覇者の中日ドラゴンズに延長12回、8-7で勝利し、4勝2敗1分けで5年ぶり4度目の日本一を達成した。MVPは今江敏晃内野手。2010年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

72件中 61 - 70件表示

「今江敏晃」のニューストピックワード