102件中 21 - 30件表示
  • 今江敏晃

    今江敏晃から見たイ・ジョンヒョン

    2010年までの応援歌はイ・ジョンヒョンの「ワ」が原曲。以前は石井浩郎、伊与田一範の応援歌として使われており、2003年に伊与田が戦力外通告を受け退団したため、2004年から「ワ」に変わった(2010年はマイナーチェンジし、より原曲に近くなった)。「ワ」以前は同じイ・ジョンヒョンの「ヌ」を応援歌として使用していた。2011年から『ソウルキャリバーII』のBGM「Brave Sword,Braver Soul」に変更された。今江敏晃 フレッシュアイペディアより)

  • 今江敏晃

    今江敏晃から見た小斉祐輔

    京都府向日市出身。中3春に全国優勝。ボーイズリーグの世界選抜として世界大会でも優勝。PL学園高で1年生時から4番に座り、2000年の夏の甲子園に出場するも、3回戦で敗退。当時の同級生には朝井秀樹、桜井広大、小斉祐輔らがいる。また一学年上に中尾敏浩がおり、二遊間を組んでいた。高校通算本塁打は32本。今江敏晃 フレッシュアイペディアより)

  • 今江敏晃

    今江敏晃から見た石井浩郎

    2010年までの応援歌はイ・ジョンヒョンの「ワ」が原曲。以前は石井浩郎、伊与田一範の応援歌として使われており、2003年に伊与田が戦力外通告を受け退団したため、2004年から「ワ」に変わった(2010年はマイナーチェンジし、より原曲に近くなった)。「ワ」以前は同じイ・ジョンヒョンの「ヌ」を応援歌として使用していた。2011年から『ソウルキャリバーII』のBGM「Brave Sword,Braver Soul」に変更された。今江敏晃 フレッシュアイペディアより)

  • 今江敏晃

    今江敏晃から見た福岡ソフトバンクホークス

    福岡ソフトバンクの神内靖投手とは同級生で京都のリトル・リーグ時代から対戦しており現在も交友がある。ちなみにプロ野球選手として初めての対戦となった試合で、今江は神内からプロ入り一号本塁打を放っている。余談だが、この時、今江は骨折からの復帰戦で放った本塁打であり、当時交際していた現在の夫人へとそのボールを渡そうとしていた為、様々な手を尽くしてそのボールを得たという。今江敏晃 フレッシュアイペディアより)

  • 今江敏晃

    今江敏晃から見たゴールデングラブ賞

    に背番号を「ミスターロッテ」こと有藤道世が背負っていた8に変更。9番三塁手として初の開幕スタメンを果たす。三塁手としてレギュラーに定着すると、一気にチームトップとなる132試合に出場、球団史上歴代5位となるシーズン22試合連続安打を記録、8月の月間打率は4割を超え、一時は打率がリーグ1位に。その後も調子を維持し初の規定打席&3割に到達。またこの年のパリーグ最多二塁打となる35二塁打を記録。リーグ優勝時は、チームが内野手を全て使い切ったため三塁を初芝清に譲り、二塁で優勝の瞬間を迎えた。日本シリーズでは、第1戦・第2戦で8打席連続安打、シリーズ打率.667と新記録を達成し、日本シリーズMVPにも選出される。こうした活躍を高く評価され、三塁手部門のベストナインと初のゴールデングラブ賞を受賞。今江敏晃 フレッシュアイペディアより)

  • 今江敏晃

    今江敏晃から見た日本選手権シリーズ

    に背番号を「ミスターロッテ」こと有藤道世が背負っていた8に変更。9番三塁手として初の開幕スタメンを果たす。三塁手としてレギュラーに定着すると、一気にチームトップとなる132試合に出場、球団史上歴代5位となるシーズン22試合連続安打を記録、8月の月間打率は4割を超え、一時は打率がリーグ1位に。その後も調子を維持し初の規定打席&3割に到達。またこの年のパリーグ最多二塁打となる35二塁打を記録。リーグ優勝時は、チームが内野手を全て使い切ったため三塁を初芝清に譲り、二塁で優勝の瞬間を迎えた。日本シリーズでは、第1戦・第2戦で8打席連続安打、シリーズ打率.667と新記録を達成し、日本シリーズMVPにも選出される。こうした活躍を高く評価され、三塁手部門のベストナインと初のゴールデングラブ賞を受賞。今江敏晃 フレッシュアイペディアより)

  • 今江敏晃

    今江敏晃から見た千葉ロッテマリーンズ

    今江 敏晃(いまえ としあき、1983年8月26日 - )は、千葉ロッテマリーンズに所属するプロ野球選手(内野手)。愛称は「ゴリ」。今江敏晃 フレッシュアイペディアより)

  • 今江敏晃

    今江敏晃から見た得津高宏

    2001年のドラフト会議で千葉ロッテマリーンズから3位指名を受け、入団。背番号は、かつてPL学園高出身の先輩で左の巧打者だった得津高宏が着けていた25。今江敏晃 フレッシュアイペディアより)

  • 今江敏晃

    今江敏晃から見たえちうら

    2006年シーズンの一時期、登場曲にえちうらの「曖昧な態度やめて」とともに「ワ」を使っていた。今江敏晃 フレッシュアイペディアより)

  • 今江敏晃

    今江敏晃から見た小関竜也

    6月11日に行われた読売ジャイアンツ戦(千葉マリンスタジアム)で、3回表、ロッテ先発渡辺俊介から李承燁がライトスタンドへ本塁打を打ったものの、今江が走者であった小関竜也の三塁ベースの踏み忘れを指摘し、三塁塁審の西本欣司により得点を取り消されてスリーアウトチェンジとなり、打った李承燁は、単打扱いとなった。今江敏晃 フレッシュアイペディアより)

102件中 21 - 30件表示

「今江敏晃」のニューストピックワード