102件中 51 - 60件表示
  • 今江敏晃

    今江敏晃から見た安打

    に背番号を「ミスターロッテ」こと有藤道世が背負っていた8に変更。9番三塁手として初の開幕スタメンを果たす。三塁手としてレギュラーに定着すると、一気にチームトップとなる132試合に出場、球団史上歴代5位となるシーズン22試合連続安打を記録、8月の月間打率は4割を超え、一時は打率がリーグ1位に。その後も調子を維持し初の規定打席&3割に到達。またこの年のパリーグ最多二塁打となる35二塁打を記録。リーグ優勝時は、チームが内野手を全て使い切ったため三塁を初芝清に譲り、二塁で優勝の瞬間を迎えた。日本シリーズでは、第1戦・第2戦で8打席連続安打、シリーズ打率.667と新記録を達成し、日本シリーズMVPにも選出される。こうした活躍を高く評価され、三塁手部門のベストナインと初のゴールデングラブ賞を受賞。今江敏晃 フレッシュアイペディアより)

  • 今江敏晃

    今江敏晃から見た阪神タイガース

    初打席本塁打:2005年10月22日、対阪神タイガース1回戦(千葉マリンスタジアム)、1回裏に井川慶から左越先制ソロ ※史上13人目今江敏晃 フレッシュアイペディアより)

  • 今江敏晃

    今江敏晃から見た京成バス

    京成バス、幕張本郷駅―千葉マリンスタジアム間路線でのロッテ選手音声による自動放送車内アナウンスが流されており、そのうち今江は「皆が気持ちよく利用出来るよう、空き缶、新聞・雑誌は車内に置き去らず、持ち帰って」といった内容を担当している。今江敏晃 フレッシュアイペディアより)

  • 今江敏晃

    今江敏晃から見た大阪近鉄バファローズ

    初出場:2002年4月28日、対大阪近鉄バファローズ5回戦(大阪ドーム)、9回表に渡辺正人の代打として出場今江敏晃 フレッシュアイペディアより)

  • 今江敏晃

    今江敏晃から見た遊撃手

    ルーキーイヤーのは入団前から期待は高く、4月30日に遊撃手で一軍初スタメン出場。その後二軍落ちするが一年目から二軍のレギュラーを獲得。後半一軍に再昇格し、プロ初安打を放った。今江敏晃 フレッシュアイペディアより)

  • 今江敏晃

    今江敏晃から見た三塁手

    は遊撃手のレギュラーに小坂誠がいたため、強肩を生かして外野手へのコンバートを打診されたが、内野手をやりたいという自身の希望で三塁手にコンバート。6月から初芝清やマット・フランコらと三塁手のレギュラーを争う活躍を見せ、6月にはプロ初本塁打を記録。しかし、投球を手に受けたこと(スイングしていたため、判定はストライク)による故障により41試合の出場に留まる。今江敏晃 フレッシュアイペディアより)

  • 今江敏晃

    今江敏晃から見た千葉マリンスタジアム

    ゴリという愛称からかファンからバナナがプレゼントされた。しかし、今江の好物はソーセージであり、公式サイトの好きな食べ物の欄にソーセージと書くほどである(千葉マリンスタジアムで販売されるマッチカードプログラムの4コマ漫画でもネタにされた)。今江敏晃 フレッシュアイペディアより)

  • 今江敏晃

    今江敏晃から見た本塁打

    は遊撃手のレギュラーに小坂誠がいたため、強肩を生かして外野手へのコンバートを打診されたが、内野手をやりたいという自身の希望で三塁手にコンバート。6月から初芝清やマット・フランコらと三塁手のレギュラーを争う活躍を見せ、6月にはプロ初本塁打を記録。しかし、投球を手に受けたこと(スイングしていたため、判定はストライク)による故障により41試合の出場に留まる。今江敏晃 フレッシュアイペディアより)

  • 今江敏晃

    今江敏晃から見た首位打者 (日本プロ野球)

    2005年シーズンには一時首位打者争いをするなど頭角を表す。西岡剛と共に「ボビーチルドレン」と呼ばれた。今江敏晃 フレッシュアイペディアより)

  • 今江敏晃

    今江敏晃から見た2010年の日本シリーズ

    はシーズン序盤は9番打者であったが、荻野貴司の故障後は2番に抜擢され、自己最多(リーグ3位)の犠打数を残した。シーズン終盤は清田育宏が2番に定着すると、5番や6番を任された。打率はリーグでも3位の.331と好調、本塁打を除いて自己最高のシーズンを送り、チームのクライマックスシリーズ進出にも貢献した。日本シリーズでも打率.444を記録し、2度目の日本シリーズMVPを獲得した。今江敏晃 フレッシュアイペディアより)

102件中 51 - 60件表示

「今江敏晃」のニューストピックワード