102件中 71 - 80件表示
  • 今江敏晃

    今江敏晃から見たソウルキャリバーII

    2010年までの応援歌はイ・ジョンヒョンの「ワ」が原曲。以前は石井浩郎、伊与田一範の応援歌として使われており、2003年に伊与田が戦力外通告を受け退団したため、2004年から「ワ」に変わった(2010年はマイナーチェンジし、より原曲に近くなった)。「ワ」以前は同じイ・ジョンヒョンの「ヌ」を応援歌として使用していた。2011年から『ソウルキャリバーII』のBGM「Brave Sword,Braver Soul」に変更された。今江敏晃 フレッシュアイペディアより)

  • 今江敏晃

    今江敏晃から見たプロ野球選手

    今江 敏晃(いまえ としあき、1983年8月26日 - )は、千葉ロッテマリーンズに所属するプロ野球選手(内野手)。愛称は「ゴリ」。今江敏晃 フレッシュアイペディアより)

  • 今江敏晃

    今江敏晃から見た幕張本郷駅

    京成バス、幕張本郷駅―千葉マリンスタジアム間路線でのロッテ選手音声による自動放送車内アナウンスが流されており、そのうち今江は「皆が気持ちよく利用出来るよう、空き缶、新聞・雑誌は車内に置き去らず、持ち帰って」といった内容を担当している。今江敏晃 フレッシュアイペディアより)

  • 今江敏晃

    今江敏晃から見たオールスターゲーム (日本プロ野球)

    オールスターゲーム出場:1回(2006年)今江敏晃 フレッシュアイペディアより)

  • 今江敏晃

    今江敏晃から見た車内放送

    京成バス、幕張本郷駅―千葉マリンスタジアム間路線でのロッテ選手音声による自動放送車内アナウンスが流されており、そのうち今江は「皆が気持ちよく利用出来るよう、空き缶、新聞・雑誌は車内に置き去らず、持ち帰って」といった内容を担当している。今江敏晃 フレッシュアイペディアより)

  • 今江敏晃

    今江敏晃から見た補殺

    は前2シーズンと打って変わって打撃好調を維持し、9月7日までに打率.309、12本塁打、55打点を挙げるものの、同日の対ソフトバンク戦で水田章雄より右上腕へ死球を受け右尺骨骨折し、登録抹消。結局一軍復帰を果たせぬままシーズン終了となった。また、この年は本塁打も2ケタを記録するなど打撃は好調だったものの守備では若干成績を落とし、特に補殺と併殺参加数は前シーズンまでと比べて少なかった(併殺参加数は2006年はリーグトップの24個だったがこの年はリーグ最少の4個しか記録できず。ワースト2位の草野大輔も13個記録していることからも少なさが分かる)。ゴールデングラブ賞を4年連続で受賞。今江敏晃 フレッシュアイペディアより)

  • 今江敏晃

    今江敏晃から見た福岡ドーム

    1000試合出場:2012年7月14日、対福岡ソフトバンクホークス11回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、6番・三塁手として先発出場 ※史上454人目今江敏晃 フレッシュアイペディアより)

  • 今江敏晃

    今江敏晃から見た内野手

    今江 敏晃(いまえ としあき、1983年8月26日 - )は、千葉ロッテマリーンズに所属するプロ野球選手(内野手)。愛称は「ゴリ」。今江敏晃 フレッシュアイペディアより)

  • 今江敏晃

    今江敏晃から見た外野手

    は遊撃手のレギュラーに小坂誠がいたため、強肩を生かして外野手へのコンバートを打診されたが、内野手をやりたいという自身の希望で三塁手にコンバート。6月から初芝清やマット・フランコらと三塁手のレギュラーを争う活躍を見せ、6月にはプロ初本塁打を記録。しかし、投球を手に受けたこと(スイングしていたため、判定はストライク)による故障により41試合の出場に留まる。今江敏晃 フレッシュアイペディアより)

  • 今江敏晃

    今江敏晃から見たボーイズリーグ

    京都府向日市出身。中3春に全国優勝。ボーイズリーグの世界選抜として世界大会でも優勝。PL学園高で1年生時から4番に座り、2000年の夏の甲子園に出場するも、3回戦で敗退。当時の同級生には朝井秀樹、桜井広大、小斉祐輔らがいる。また一学年上に中尾敏浩がおり、二遊間を組んでいた。高校通算本塁打は32本。今江敏晃 フレッシュアイペディアより)

102件中 71 - 80件表示

「今江敏晃」のニューストピックワード