前へ 1 次へ
6件中 1 - 6件表示
  • 谷原秀人

    谷原秀人から見た今田竜二今田竜二

    12歳からゴルフを始める。渡米前の今田竜二と同じゴルフ練習場で打ち込んだ。田中秀道、山本圭一らは、瀬戸内高等学校ゴルフ部の先輩にあたる。その後東北福祉大学に進学し、1年生からレギュラーとなり中国アマゴルフ三連覇。また1998年バンコクアジア大会では団体金メダル獲得に貢献した。大学卒業後、2001年にプロ入りする。3年目の2003年6月、マンダムルシードよみうりオープンで日本ゴルフツアー初優勝。同年、全英オープン(予選落ち)、アメリカPGAツアーの「クオリファイイング・トーナメント」(シード権獲得への資格試験)も初体験した。この年の暮れ、2004年度の開幕戦となったアジア・ジャパン沖縄オープンで2勝目を挙げた。その後青木功のキャディーなども経験、青木からは「ヒデ」と呼ばれ「俺の若い頃そっくり、1つ2つ落としても"関係ねえ"って顔してる」とコメントされている。谷原秀人 フレッシュアイペディアより)

  • 三井住友VISA太平洋マスターズ

    三井住友VISA太平洋マスターズから見た今田竜二今田竜二

    ちょうどこの時期は欧米ツアーは実質オフシーズンであり、これまで多くの名選手が出場してきたが、近年は同週に中国で開催される欧州PGAツアー・アジアンツアー共催の「HSBCチャンピオンズ」にトップ選手が多く出場する傾向がある(近年のトップ選手はこの時期は「HSBCチャンピオンズ」と翌週の「ダンロップフェニックス」両方もしくはどちらか一方に出場している場合が多い)。2008年については有力招待選手はトレバー・イメルマンと今田竜二の2名にとどまり、こうした上述の傾向に歯止めをかけることができなかった。三井住友VISA太平洋マスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のスポーツ

    2006年のスポーツから見た今田竜二今田竜二

    日本勢最高は、今田竜二の+9(289)で12位タイ2006年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1976年のスポーツ

    1976年のスポーツから見た今田竜二今田竜二

    10月19日 - 今田竜二(広島県、ゴルフ)1976年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ジョージア大学

    ジョージア大学から見た今田竜二今田竜二

    今田竜二 - プロゴルファー(中退)ジョージア大学 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のスポーツ

    2008年のスポーツから見た今田竜二今田竜二

    5月18日 (現地時間) - アメリカプロゴルフツアーAT&Tクラシックで、今田竜二(日本)がプレーオフの末優勝。日本人として青木功、丸山茂樹に続く3人目のPGAツアー勝利。2008年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 次へ
6件中 1 - 6件表示

「今田竜二」のニューストピックワード