前へ 1 2
12件中 1 - 10件表示
  • ターンベリー

    ターンベリーから見た今田竜二今田竜二

    コースセッティングの難度は高くないが、クライド湾に伝わる巨人伝説に因んで"ジャイアント"と呼ばれる海風を含む天候とも対決するため、他の全英オープンの開催コースと比較して独特な難しさがあり、2009年大会(7204ヤード、パー70)ではアマチュア時代から通算して14回目の全英出場で、このコース初挑戦だった33歳のタイガー・ウッズがティーショットも、アイアンショットも不調で予選落ちを喫するなど、初体験の世界ランキング上位の選手は軒並み苦しんだ。ウッズのメジャー大会での予選落ちは、父親の死去で調整不足だった2006年の全米オープン以来の出来事で、プロ入りしてから2度目であった。ウッズは好天の初日は71でしのいだが、ジャイアントと雨の2日目にはティーショットがフェアウェイを捉えたのは7度のみ。突如ジャイアントの吹いた10番ホールではティーショットを右に曲げて観衆の後方のラフに飛ばしてしまい、ギャラリーや同組の石川遼およびリー・ウエストウッドとボールを探すと2度、計2個見つかったが、いずれもウッズの物ではなくロストボールとなり、打ち直しの暫定球でプレイ再開して4オン2パットのダブルボギー、13番ホールもダブルボギー、16と17番ホールはバーディで持ち直すも、この日のスコアは74、2日間通算5オーバーで予選落ちした。全英初出場・17歳の石川遼は、リー・マッカランをキャディに従え、ウッズと2日間同じ組で廻った。初日は、5バーディ3ボギーの68で21位の好スタート。荒天の2日目は、ウッズと同じくティーショットがフェアウェイを捉えたことは7度でボギーを連発した。10番ホールではフェアウェイ右のラフからの第2打はグリーン手前のアイランドバンカー(後述)中央にある膝より深いラフに捕まり、アンプレアブル(打球不能状態)で1打罰を選択してダブルボギーで、ラウンド後「あそこから風に気持ちが負け始めた」とコメント。その言葉通り、11から15番ホールは連続ボギー、この日石川は78を叩き、2日間通算6オーバーで予選落ちした。2009年の予選通過ラインは4オーバーであり、他の日本勢の予選結果は、久保谷健一が初日5アンダーでワトソンらと並び2位タイ、2日間通算では3アンダーで予選通過、今田竜二も3オーバーで悲願の予選通過、池田勇太7オーバー、矢野東9オーバー、近藤共弘10オーバー、小田孔明14オーバーで予選落ち。4日間通算では、久保谷は4オーバーの284で27位、今田は11オーバーで64位だった。ターンベリー フレッシュアイペディアより)

  • ジョージア大学

    ジョージア大学から見た今田竜二今田竜二

    今田竜二 - プロゴルファー(中退)ジョージア大学 フレッシュアイペディアより)

  • 青木功

    青木功から見た今田竜二今田竜二

    米ツアーで日本男子としてはじめて勝利を挙げている。丸山茂樹や今田竜二、松山英樹等も後に勝利しているが、彼等がシーズン通しての参戦であったのに対し青木は冬と夏のみをアメリカで過ごすという所謂スポット参戦という時差やグリーンの速さの違い等というハンデがつく厳しい条件の下で達成している。自身も著書の中で「行ったり来たりの生活を継続していると時差やグリーン速さの差やフォームのずれ等を調整するのが大変だった。中にはアメリカに行かなければこんな苦労をせずに済んだという人もいた。」と記している。青木功 フレッシュアイペディアより)

  • 小川陽子

    小川陽子から見た今田竜二今田竜二

    7歳よりゴルフを始め、歯科医の父と親交があった同郷の男子プロ今田竜二からグリップの手ほどきを受けた。 同じく男子プロの谷原秀人から指導を受けた経験もある。香川西高校、専修大学ゴルフ部を経て2014年プロテストに合格。飯田通商所属。コーチは下田次郎。小川陽子 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のスポーツ

    2008年のスポーツから見た今田竜二今田竜二

    5月18日 (現地時間) - アメリカプロゴルフツアーAT&Tクラシックで、今田竜二(日本)がプレーオフの末優勝。日本人として青木功、丸山茂樹に続く3人目のPGAツアー勝利。2008年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のスポーツ

    2006年のスポーツから見た今田竜二今田竜二

    日本勢最高は、今田竜二の+9(289)で12位タイ2006年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1976年のスポーツ

    1976年のスポーツから見た今田竜二今田竜二

    10月19日 - 今田竜二(広島県、ゴルフ)1976年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 三井住友VISA太平洋マスターズ

    三井住友VISA太平洋マスターズから見た今田竜二今田竜二

    ちょうどこの時期は欧米ツアーは実質オフシーズンであり、これまで多くの名選手が出場してきたが、近年は同週に中国で開催される欧州PGAツアー・アジアンツアー共催の「HSBCチャンピオンズ」にトップ選手が多く出場する傾向がある(近年のトップ選手はこの時期は「HSBCチャンピオンズ」と翌週の「ダンロップフェニックス」両方もしくはどちらか一方に出場している場合が多い)。2008年については有力招待選手はトレバー・イメルマンと今田竜二の2名にとどまり、こうした上述の傾向に歯止めをかけることができなかった。三井住友VISA太平洋マスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のスポーツ

    2014年のスポーツから見た今田竜二今田竜二

    1日 - 【ゴルフ】 米国PGAツアー「ザ・メモリアル・トーナメント」で、松山英樹がプレーオフの末ツアー初優勝。日本人選手が全米ツアーを制覇したのは青木功、丸山茂樹、今田竜二に次いで史上4人目。2014年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 三原市

    三原市から見た今田竜二今田竜二

    今田竜二(プロゴルファー)三原市 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
12件中 1 - 10件表示

「今田竜二」のニューストピックワード