前へ 1 2 3
22件中 1 - 10件表示
  • 今田竜二

    今田竜二から見た丸山茂樹

    2006年度は、シード選手として丸山茂樹、田中秀道とともにPGAツアーにフル参戦する。同年6月、全米オープン選手権で通算9オーバー(289ストローク)の12位と奮闘、4大メジャー大会自己最高位でフィニッシュした。優勝したジェフ・オギルビーとは4打差だった。今田竜二 フレッシュアイペディアより)

  • 今田竜二

    今田竜二から見たAT&T

    2008年5月18日、アメリカPGAツアーのAT&Tクラシック最終日、首位から3打差でスタートして激しい追い上げを見せ、ケニー・ペリーとのプレーオフに持ち込み、最初のホールで相手がボギーを叩いた後、今田は落ち着いてパーをセーブし、悲願のアメリカPGAツアー初優勝を飾った。日本人のPGAツアー優勝は青木功、丸山茂樹に続いて史上3人目となった。今田竜二 フレッシュアイペディアより)

  • 今田竜二

    今田竜二から見たジェフ・オギルビー

    2006年度は、シード選手として丸山茂樹、田中秀道とともにPGAツアーにフル参戦する。同年6月、全米オープン選手権で通算9オーバー(289ストローク)の12位と奮闘、4大メジャー大会自己最高位でフィニッシュした。優勝したジェフ・オギルビーとは4打差だった。今田竜二 フレッシュアイペディアより)

  • 今田竜二

    今田竜二から見たケニー・ペリー

    2008年5月18日、アメリカPGAツアーのAT&Tクラシック最終日、首位から3打差でスタートして激しい追い上げを見せ、ケニー・ペリーとのプレーオフに持ち込み、最初のホールで相手がボギーを叩いた後、今田は落ち着いてパーをセーブし、悲願のアメリカPGAツアー初優勝を飾った。日本人のPGAツアー優勝は青木功、丸山茂樹に続いて史上3人目となった。今田竜二 フレッシュアイペディアより)

  • 今田竜二

    今田竜二から見たザック・ジョンソン

    2007年度のAT&Tクラシックでは2日目に首位タイに躍り出ると、最終日まで首位タイを守り、同年のマスターズを制したザック・ジョンソンとのプレーオフとなったが、1ホール目の第2打を池に入れてしまい惜しくも敗れた。この年はEDSバイロンネルソン選手権でも9位に入り、年間賞金ランキングは前年の92位から65位まで上昇した。今田竜二 フレッシュアイペディアより)

  • 今田竜二

    今田竜二から見た青木功

    2008年5月18日、アメリカPGAツアーのAT&Tクラシック最終日、首位から3打差でスタートして激しい追い上げを見せ、ケニー・ペリーとのプレーオフに持ち込み、最初のホールで相手がボギーを叩いた後、今田は落ち着いてパーをセーブし、悲願のアメリカPGAツアー初優勝を飾った。日本人のPGAツアー優勝は青木功、丸山茂樹に続いて史上3人目となった。今田竜二 フレッシュアイペディアより)

  • 今田竜二

    今田竜二から見たタイガー・ウッズ

    7歳からゴルフを始める。少年時代、マスターズのテレビ中継を観戦し、強い憧れを抱く。14歳の時、アメリカの環境でゴルフを学びたいという情熱を抑えきれず、ゴルフ留学のため単身アメリカ・フロリダ州タンパに渡る。当地のゴルフアカデミーで、のちの師となるリチャード・エイブルコーチと出会う。その後、ゴルフアカデミーでのゴルフに限界を感じ、エイブルとの二人三脚で歩み始めることとなる。ジュニア時代には、15歳でアメリカのジュニア・トーナメントに初優勝を記録するなど、全米ジュニアの大会で通算6勝を挙げ、「ゴルフウィーク誌選出最優秀ジュニアプレーヤー」「ロレックス・ジュニア年間最優秀選手賞」などを受賞。全米アマチュアランキングでタイガー・ウッズに次ぐ2位になるなど、輝かしい経歴を持つ。今田竜二 フレッシュアイペディアより)

  • 今田竜二

    今田竜二から見た谷口徹

    夏場以降は予選落ちも多く苦しんだが、フォールシリーズではターニングストーン・リゾート選手権で3位タイに食い込むなど活躍し、日本人初の獲得賞金300万ドルを達成。年間賞金ランキング13位でシーズンを終えた。11月末には谷口徹とのペアでオメガ・ミッションヒルズ・ワールドカップに初出場し、3位タイの好成績を残した。今田竜二 フレッシュアイペディアより)

  • 今田竜二

    今田竜二から見たルーク・ドナルド

    その後、ジョージア大学に進学した後も活躍は続き、大学2年のときに全米大学ゴルフ選手権団体で優勝し、個人戦でもルーク・ドナルドに次ぐ2位となる。同年(1999年)、ジョージア大学を中退、プロ入りする。今田竜二 フレッシュアイペディアより)

  • 今田竜二

    今田竜二から見た田中秀道

    2006年度は、シード選手として丸山茂樹、田中秀道とともにPGAツアーにフル参戦する。同年6月、全米オープン選手権で通算9オーバー(289ストローク)の12位と奮闘、4大メジャー大会自己最高位でフィニッシュした。優勝したジェフ・オギルビーとは4打差だった。今田竜二 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
22件中 1 - 10件表示

「今田竜二」のニューストピックワード