1 2 3 次へ
26件中 21 - 26件表示
  • 今田竜二

    今田竜二から見たファーマーズ・インシュランス・オープン

    2008年度は年明けから好調を維持しタイガー・ウッズが4連覇を果たしたビュイックインビテーショナル(Torrey Pines, San Diego, CA)でタイガーに次ぐ単独2位となった。特に最終日風と雨の天候の中、9つのバーディパットを決めスコア自体も最終日はタイガーを凌駕した。さらにポッズ選手権でも2位タイと好調を維持しており世界ゴルフ選手権のCA選手権に出場し34位となる。日本ツアーへの凱旋も期待されるが、本人の最終目標はマスターズの優勝とかつて語ったことがある。今田竜二 フレッシュアイペディアより)

  • 今田竜二

    今田竜二から見たアメリカ合衆国

    7歳からゴルフを始める。少年時代、マスターズのテレビ中継を観戦し、強い憧れを抱く。14歳の時、アメリカの環境でゴルフを学びたいという情熱を抑えきれず、ゴルフ留学のため単身アメリカ・フロリダ州タンパに渡る。当地のゴルフアカデミーで、のちの師となるリチャード・エイブルコーチと出会う。その後、ゴルフアカデミーでのゴルフに限界を感じ、エイブルとの二人三脚で歩み始めることとなる。ジュニア時代には、15歳でアメリカのジュニア・トーナメントに初優勝を記録するなど、全米ジュニアの大会で通算6勝を挙げ、「ゴルフウィーク誌選出最優秀ジュニアプレーヤー」「ロレックス・ジュニア年間最優秀選手賞」などを受賞。全米アマチュアランキングでタイガー・ウッズに次ぐ2位になるなど、輝かしい経歴を持つ。今田竜二 フレッシュアイペディアより)

  • 今田竜二

    今田竜二から見たフェデックス・セントジュード・クラシック

    2011年、シーズン序盤から波に乗り切れず、予選落ちが続く。得意としていたトーリーパインズのファーマーズ・インシュランス・オープンではセカンドラウンド突如崩れ、よもやの予選落ちとなる。フェニックス・オープンで13位とするもパッティングの不調からかシーズン序盤戦は13戦中、予選落ちが8戦とシード権を危ぶまれる状況であったが、HPバイロン・ネルソン選手権で突如復調。強風が吹き、厳しい条件下で行われたファイナルラウンドの13番で2位に2ストロークリードする。優勝確実かと思われたが、15番以降、3ボギーとし3位に終わる。また、フェデックス・セントジュード・クラシックでもファイナルラウンド、怒涛の追い上げを見せ3位タイとし、この時点で来期のシード権をほぼ確定させる。しかしながら、これ以降、安定した成績は残せず、12戦中、予選落ちが7回と苦しいシーズンとなった。今田竜二 フレッシュアイペディアより)

  • 今田竜二

    今田竜二から見たジョージア大学

    その後、ジョージア大学に進学した後も活躍は続き、大学2年のときに全米大学ゴルフ選手権団体で優勝し、個人戦でもルーク・ドナルドに次ぐ2位となる。同年(1999年)、ジョージア大学を中退、プロ入りする。今田竜二 フレッシュアイペディアより)

  • 今田竜二

    今田竜二から見たフロリダ州

    7歳からゴルフを始める。少年時代、マスターズのテレビ中継を観戦し、強い憧れを抱く。14歳の時、アメリカの環境でゴルフを学びたいという情熱を抑えきれず、ゴルフ留学のため単身アメリカ・フロリダ州タンパに渡る。当地のゴルフアカデミーで、のちの師となるリチャード・エイブルコーチと出会う。その後、ゴルフアカデミーでのゴルフに限界を感じ、エイブルとの二人三脚で歩み始めることとなる。ジュニア時代には、15歳でアメリカのジュニア・トーナメントに初優勝を記録するなど、全米ジュニアの大会で通算6勝を挙げ、「ゴルフウィーク誌選出最優秀ジュニアプレーヤー」「ロレックス・ジュニア年間最優秀選手賞」などを受賞。全米アマチュアランキングでタイガー・ウッズに次ぐ2位になるなど、輝かしい経歴を持つ。今田竜二 フレッシュアイペディアより)

  • 今田竜二

    今田竜二から見た広島県

    今田 竜二(いまだ りゅうじ、1976年10月19日 - )は、広島県三原市出身のプロゴルファー。今田竜二 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
26件中 21 - 26件表示

「今田竜二」のニューストピックワード