前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
365件中 1 - 10件表示
  • 加藤シルビア

    加藤シルビアから見た今田耕司今田耕司

    クイズ ALL FOR ONE(2009年10月15日 - 2010年3月25日)- 司会・今田耕司、アシスタント・青木裕子と共演加藤シルビア フレッシュアイペディアより)

  • 吉本新喜劇

    吉本新喜劇から見た今田耕司今田耕司

    関西ではNGKのほか、祇園花月でも座員による新喜劇が上演されており、東京ではルミネtheよしもとを本拠地とする芸人たちと「やめよっカナ!?キャンペーン」時代の若手で主役級だった今田耕司たちを座長とした、新喜劇所属ではない集団による演劇もチーム(班編成)で連日上演されている(東京での上演経緯と現況については後述)。吉本新喜劇 フレッシュアイペディアより)

  • 岸谷五朗の東京RADIO CLUB

    岸谷五朗の東京RADIO CLUBから見た今田耕司今田耕司

    『岸谷五朗の東京RADIO CLUB』(きしたにごろうのとうきょうレディオクラブ)は、1990年10月から1994年9月までTBSラジオで放送されていたラジオ番組。通称「レディクラ」。メインパーソナリティは岸谷五朗。のちに金曜日には外回り担当であった恵俊彰も登場、最後の半年は岸谷が売れっ子になった関係もあり今田耕司・東野幸治のみで金曜日を担当した。岸谷五朗の東京RADIO CLUB フレッシュアイペディアより)

  • マジカル頭脳パワー!!のクイズ・ゲーム

    マジカル頭脳パワー!!のクイズ・ゲームから見た今田耕司今田耕司

    1回だけ今田耕司が1文字ずつゆっくり読む作戦で成功したが、間寛平に「お前ひきょうやぞ、ひきょうやぞ!」と言われたこともあって後にこの作戦を防ぐため1文字ずつ読もうとしたら文字が消えるようになり、加藤紀子がこれによりお手つきとなった。マジカル頭脳パワー!!のクイズ・ゲーム フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た今田耕司今田耕司

    なお、M-1の放送・主催を務めた朝日放送と吉本はそのM-1の後継番組として「KAMIWAZA〜神芸〜」を11月29日に発表、2012年1月8日に第1回の決勝をゴールデンタイム (18:56-20:54) で放送した。決勝のMCは「M-1」と同様、今田耕司を起用。また、番組ゼネラルマネージャーにビートたけしが決定している。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • ダウンタウンのごっつええ感じ

    ダウンタウンのごっつええ感じから見た今田耕司今田耕司

    1991年正月放送の『ダウンタウンのごっつええ感じ マジでマジでアカンめっちゃ腹痛い』、さらにゴールデンタイムに進出し『火曜ワイドスペシャル』の枠で行われた2度のトライアル放送を経て1991年12月8日にレギュラー番組としてスタートした。ダウンタウンの冠番組であり、彼らにとっては『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ)と並ぶ最も代表的な出演番組である。また、今田耕司、東野幸治、130R(板尾創路・蔵野孝洋)、YOU、篠原涼子といったレギュラー出演者にとっても、一躍その名を全国区に知らしめた番組となった。ダウンタウンのごっつええ感じ フレッシュアイペディアより)

  • ゲームカタログ2

    ゲームカタログ2から見た今田耕司今田耕司

    最初の1年間は今田耕司と東野幸治が司会を務めていた。彼らは特にゲームに詳しいというわけでもなく、割と淡々と番組に参加しており、『ダウンタウン汁』で浜田雅功に「お前ら、深夜のゲームの番組なんや?」「俺らにバレへんと思ってたんか?」とツッコまれていた。ゲームカタログ2 フレッシュアイペディアより)

  • 超!よしもと新喜劇

    超!よしもと新喜劇から見た今田耕司今田耕司

    ダウンタウンや今田耕司などを新喜劇に出演させるなどのテコ入れを図った。また、番組の前半30分に新喜劇を放送し、後半にはSPEEDやさとう珠緒らをゲストに迎えてのクイズコーナーやゲームコーナーを行うなど、東京レベルへの番組再編を図った。藤井隆や山田花子らの若手芸人にとっては、本番組での活躍が全国区での人気を得るきっかけともなったが、視聴率は全く上がらず、同年7月からは、ほぼ毎週、60分間オリジナルメンバーのみが出演した新喜劇の「貧乏一家シリーズ」が放送されるようになる。この「貧乏一家シリーズ」の一環で内場と辻本が「ビックバンブラザーズ」名義でCDを発売するなどの展開も見られたが、番組改編のため、同年9月17日に終了した。超!よしもと新喜劇 フレッシュアイペディアより)

  • いつかまた逢える

    いつかまた逢えるから見た今田耕司今田耕司

    また、当時Wコウジとしての活動が多かった今田耕司のフジテレビ制作ドラマ初出演作でもある。現在バラエティ番組などで、今田がドラマ出演していたことに関するトークが放送される際は、本作の映像と共に紹介される事が多く、今田が赤面するという場面が恒例となっている。いつかまた逢える フレッシュアイペディアより)

  • 雛壇芸人

    雛壇芸人から見た今田耕司今田耕司

    今田耕司、東野幸治は雛壇芸人のお手本的存在と言われているが、自らのレギュラー、司会などを多く持っている。雛壇芸人 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
365件中 1 - 10件表示

「今田耕司」のニューストピックワード