前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
402件中 1 - 10件表示
  • ものまね王座決定戦

    ものまね王座決定戦から見た今田耕司今田耕司

    2000年10月3日放送の第32回でテコ入れをして下記のように多数の演出が大幅なリニューアルし、プロデューサーも木村から水口昌彦に交代(この回は司会に今田耕司、東野幸治、篠原ともえ。基本的に生バンドであった演奏も事前収録の効果音に変わった。これ以降ネタの伴奏は生バンドによる事前収録となる)するが、視聴率が本番組史上最低の13%となり、さらに『ものまねバトル』に敗戦したことを受けて、この回を最後に本番組の第1期は打ち切られ、27年の歴史に幕を降ろした。ものまね王座決定戦 フレッシュアイペディアより)

  • 吉本新喜劇

    吉本新喜劇から見た今田耕司今田耕司

    関西ではNGKのほか、よしもと祇園花月でも座員による新喜劇が上演されており、東京ではルミネtheよしもとを本拠地とする芸人たちと「やめよっカナ!?キャンペーン」時代の若手で主役級だった今田耕司・東野幸治たちを座長とした、新喜劇所属ではない集団による演劇もチーム(班編成)で連日上演されている(東京での上演経緯と現況については後述)。吉本新喜劇 フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見た今田耕司今田耕司

    なお、M-1の放送・主催を務めた朝日放送と吉本はM-1の後継番組として、大道芸人やパフォーマーの日本一を決める「KAMIWAZA〜神芸〜」の制作を11月29日に発表、2012年1月8日に第1回の決勝をゴールデンタイム (18:56-20:54) で放送した。決勝のMCは「M-1」と同様、今田耕司を起用。また、番組ゼネラルマネージャーをビートたけしが担当した。しかし視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)は振るわず、結局翌2013年に第二回を放映したのみで打ち切られ、KAMIWAZAの実行委員会も消滅している。朝日放送は「KAMIWAZA」の打ち切りについて一切表明していない。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 加藤シルビア

    加藤シルビアから見た今田耕司今田耕司

    クイズ ALL FOR ONE(2009年10月15日 - 2010年3月25日)- 司会・今田耕司、アシスタント・青木裕子と共演加藤シルビア フレッシュアイペディアより)

  • FNSスーパースペシャルテレビ夢列島

    FNSスーパースペシャルテレビ夢列島から見た今田耕司今田耕司

    上岡龍太郎、そのまんま東、トミーズ雅、(当時)フジテレビアナウンサーとして史上初のフルマラソン挑戦の武田祐子、木佐彩子の5人がオーストラリア・ゴールドコーストマラソンに挑戦。解説に大竹まこと、実況は三宅正治が担当した。マラソンは全員完走かつベストタイム更新のためレギュラー番組「上岡龍太郎にはダマされないぞ!」での公約にしたがって、後日大竹は坊主になった。また、「料理の女鉄人」内でマラソンの模様を中継した直後(調理終了2分前)に、東野幸治がこっそり炊飯器の中に入っていたご飯を盗み食いしているところをコーナー進行の笑福亭鶴瓶と今田耕司に発見され、指摘した鶴瓶と今田に「わしだって飯食うわぁ!!」「(マラソンなんて)どうでもええんじゃぁ!!」と暴言を吐いた。同じく進行役の森口博子が「ケンカはやめて!」と仲裁した直後に東野が慌てて「ファイト!ファイト!雅!」とフォローしたものの、この発言に対し、フジテレビには視聴者から2万本の抗議の電話がきた。この件は後述の通り、翌年の放送でも鶴瓶から伝えられている。FNSスーパースペシャルテレビ夢列島 フレッシュアイペディアより)

  • YEAH♪♪ 〜YOSHIMOTO COVER&BEST〜

    YEAH♪♪ 〜YOSHIMOTO COVER&BEST〜から見た今田耕司今田耕司

    ナウ・ロマンティック/KOJI1200YEAH♪♪ 〜YOSHIMOTO COVER&BEST〜 フレッシュアイペディアより)

  • ミュージックステーションに出演したアーティスト

    ミュージックステーションに出演したアーティストから見た今田耕司今田耕司

    エキセントリック少年ボウイオールスターズ(ダウンタウン、今田耕司、東野幸治、130R) (「エキセントリック少年ボウイのテーマ」)ミュージックステーションに出演したアーティスト フレッシュアイペディアより)

  • 今田耕司プレゼンツ 鶴瓶vs未知数芸人 俺の相方誰やねん!?スペシャル

    今田耕司プレゼンツ 鶴瓶vs未知数芸人 俺の相方誰やねん!?スペシャルから見た今田耕司今田耕司

    この項では、同番組以降に製作されている笑福亭鶴瓶と今田耕司による年始特別番組についても記す。今田耕司プレゼンツ 鶴瓶vs未知数芸人 俺の相方誰やねん!?スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 超!よしもと新喜劇

    超!よしもと新喜劇から見た今田耕司今田耕司

    1998年4月16日からは視聴率低下に歯止めをかけるため、タイトルから「よしもと新喜劇」の名前を削除し『超コメディ60!』に改称しリニューアルし、ダウンタウンや新喜劇OBの今田耕司らを新喜劇に出演させるなどのテコ入れを図った。この他、番組の前半30分に新喜劇を放送し、後半にSPEEDやさとう珠緒らをゲストに迎えてのクイズコーナーやゲームコーナーを行うなど、全国ネット向けの番組再編を図った。超!よしもと新喜劇 フレッシュアイペディアより)

  • Mr. BATER

    Mr. BATERから見た今田耕司今田耕司

    1995年4月9日に放送されたスペシャルに初登場以来、全23回(総集編などでの再放送除く、2001年10月12日『ダウンタウンのものごっつええ感じスペシャル』で放送された『Mr. BATER 2001』を含めると24回)放送された。外国人のMr. BATER(松本人志(ダウンタウン))が毎回様々な店舗に出向き、そこの店長(今田耕司)とのやりとりを描いたコントである。Mr. BATER フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
402件中 1 - 10件表示

「今田耕司」のニューストピックワード