402件中 101 - 110件表示
  • ナゾ解き!マイネーム

    ナゾ解き!マイネームから見た今田耕司今田耕司

    アナタの名字SHOW - 2009〜2011年の間の計3回、日本テレビ系列で放送された名字をメインテーマにしたバラエティ特番。司会は関口宏、今田耕司、ベッキー。制作は読売テレビと当番組と同じくハウフルスが担当。ナゾ解き!マイネーム フレッシュアイペディアより)

  • 今田・東野の血が騒ぐ

    今田・東野の血が騒ぐから見た今田耕司今田耕司

    街歩きロケとバラエティ企画を主軸にしていた『正解るんです』の後継番組であるが、この番組は名古屋吉本の若手芸人たちを育成することを主眼に企画・制作された。この番組にも引き続き今田耕司と東野幸治がレギュラーで出演し、構成も同様にかわら長介が担当していた。今田・東野の血が騒ぐ フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋が最高!

    名古屋が最高!から見た今田耕司今田耕司

    『進め!クリフハンガー冒険隊』終了後の後番組としてスタートした土曜昼のバラエティ番組で、毎回東海3県各地の町のいずれか1つをテーマにしたゲーム企画を実施していた。『クリフハンガー』はJR東海の一社提供で放送されていたが、この番組はノンスポンサーで放送されていた。司会の今田耕司と東野幸治は『今田・東野の血が騒ぐ』の終了以来CBCテレビへのレギュラー出演が途切れていたが、この番組で約3年半ぶりにレギュラーに復帰した。名古屋が最高! フレッシュアイペディアより)

  • ネッパ者

    ネッパ者から見た今田耕司今田耕司

    『正解るんです』から続く今田耕司と東野幸治司会のバラエティ番組の1つで、彼らが電話で訳有りな人物から人には言えない悩みの相談を受けたり、一般にはあまり実情が知られていない仕事の裏話を聞き出したりしていた。通話相手は全て匿名での電話出演で、特に匿名にする必要が無い者であっても同様の措置が取られていた。ネッパ者 フレッシュアイペディアより)

  • 中條健一

    中條健一から見た今田耕司今田耕司

    今田耕司や東野幸治,ほんこんたちが東京進出するのを受け、1992年春に吉本新喜劇のオーディションに会社から呼ばれ、池乃めだかと身長差で絡めることからそのまま入団。新喜劇の舞台に立って2週目に、石田靖が座長の舞台で「炊飯器」...「じゃあ」のギャグを作った。目立ったギャグはないものの、ボケの多い新喜劇にあって場の仕切りがうまく、長セリフもこなせる名脇役である。ヤクザ以外の時は、社長などの秘書の役が結構多いが、川畑泰史の座長公演では、中條を主要キャストとして起用する場合が多い。中條健一 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤麻衣

    佐藤麻衣から見た今田耕司今田耕司

    2010年3月24日に行われた第2回沖縄国際映画祭オープニングセレモニーで今田耕司、木佐彩子とともに司会を務めた。佐藤麻衣 フレッシュアイペディアより)

  • 5LDK

    5LDKから見た今田耕司今田耕司

    第31回 2009年6月11日 久本雅美、今田耕司5LDK フレッシュアイペディアより)

  • お笑いワンマンショー

    お笑いワンマンショーから見た今田耕司今田耕司

    それから4年半後の1983年に、番組は『お笑いワンマンショー』と名を改めて復活した。それまでの内容を一新して基本に立ち返り、東京の芸人たちも多く呼び寄せるようになったが、この番組は放送時間の変動が非常に多く、日曜深夜枠と土曜午後枠を行ったり来たりしていた。そして、最末期の1990年に金曜深夜枠へ移動し、以後は『八方・菜摘の笑タイム』(はっぽうなつみのしょうタイム)と題して放送されるようになった。司会には大阪出身の月亭八方と東京出身の小川菜摘を起用し、内容も当初は東西それぞれの芸人たちによる演芸対決を売りにしていたが、後に再び関西色が強まり、吉本興業の若手芸人たちが多く出場するようになった。この頃の主な出場者に今田耕司やぜんじろうなどがいる。お笑いワンマンショー フレッシュアイペディアより)

  • 殿様のフェロモン

    殿様のフェロモンから見た今田耕司今田耕司

    また、内容がバラエティよりもエロに傾いていったこともあり、最終回のエンディングではMCのひとりであった女優の常盤貴子が「もうバラエティに出る事はない」と発言していた。しかし1995年1月1日に、『殿様のフェラーリ』として1日だけ復活した際は、当時すでに多くの連続ドラマで活躍していたにもかかわらず、今田耕司、東野幸治らと共に再び司会を務めている。殿様のフェロモン フレッシュアイペディアより)

  • ぴったし カン・カン

    ぴったし カン・カンから見た今田耕司今田耕司

    番組終了から4年後の1990年5月、同じくTBSの『いきなり!クライマックス』で本番組の復刻企画が行われた。この回の企画には、番組終了時の出演者である吉田照美や藤村俊二が出演した。さらに5年後の1995年4月には『春の久米宏スペシャル カン・カンぴったし'95』と題しての単独スペシャルが放送されたが、萩本と坂上はこの特番には出演しなかった。での復活企画は、司会:永井美奈子、解答者:今田耕司、東野幸治、ゲスト:和田アキ子とオリジナルメンバーのいない状態で行われたが、2000年12月30日にTBSの『38時間テレビ(SAMBA・TV)』で行われた復活企画には、萩本と坂上がキャプテンとして、藤村が解答者として出演した。その他の出演者は司会:福留功男、スペシャルパーソナリティ:モーニング娘。、ゲスト:田村亮子。ぴったし カン・カン フレッシュアイペディアより)

402件中 101 - 110件表示

「今田耕司」のニューストピックワード