402件中 151 - 160件表示
  • 畑中しんじろう

    畑中しんじろうから見た今田耕司今田耕司

    2008年1月2日放送の『新春大売出し!さんまのまんま』(関西テレビ・フジテレビ)に『今田耕司のお薦め芸人』の番外編として出演(正規のお薦め芸人はエド・はるみ、渡辺直美、もう中学生)。今田に"吉本一の男前"と紹介される。以後、テレビに出演する機会があり、「よしもと男前ランキング2008」にもランクインした。畑中しんじろう フレッシュアイペディアより)

  • ヨシモトムチッ子物語

    ヨシモトムチッ子物語から見た今田耕司今田耕司

    イマダミミズ「今田耕司+ミミズ」(声:志賀克也)ヨシモトムチッ子物語 フレッシュアイペディアより)

  • 涙のtake a chance

    涙のtake a chanceから見た今田耕司今田耕司

    当曲のリリースから25年後の2009年、マドンナの欧州ツアーのバックダンサーを務めたTAKAHIROは日本テレビ『速報!歌の大辞テン』で見た風見の「涙のtake a chance」に衝撃を受け、ダンスにのめり込んでいったと話している。2010年9月6日放送の「やりすぎコージー」(テレビ東京)でも今田耕司が風見しんごさんのブレイクダンスは凄かったと絶賛して当時の映像を紹介した。涙のtake a chance フレッシュアイペディアより)

  • 恋のかま騒ぎ

    恋のかま騒ぎから見た今田耕司今田耕司

    今子(今田耕司)キャディ(2004年11月13日放送)恋のかま騒ぎ フレッシュアイペディアより)

  • エレクトロラックス

    エレクトロラックスから見た今田耕司今田耕司

    第2回(2015年) - 今田耕司エレクトロラックス フレッシュアイペディアより)

  • 池乃めだか

    池乃めだかから見た今田耕司今田耕司

    人柄の良さや温厚な性格から多くの後輩に厚い信頼を寄せられており、今田耕司は「年の離れた親友」とめだかのことを慕っている。また、自身の経営する居酒屋に、新喜劇の若手の山本奈臣実を雇っていることからも面倒見の良さがかいま見える。池乃めだか フレッシュアイペディアより)

  • 西寺郷太

    西寺郷太から見た今田耕司今田耕司

    2014年、初のソロ・アルバム『Temple St.(テンプル・ストリート)』を発表。この作品には、親密な交流を重ねるジャクソン5(ジャクソンズ)のギタリスト、ティト・ジャクソンなども参加。自ら設立した「GOTOWN RECORDS」からのリリースとなっている。また、この年には初の小説『噂のメロディ・メイカー』を発表。鈴木おさむ脚本・演出、今田耕司主演舞台「AVM」の音楽を担当。楽器演奏と歌の他、初めて俳優として出演。西寺郷太 フレッシュアイペディアより)

  • 水野透

    水野透から見た今田耕司今田耕司

    大学卒業後、お笑い芸人になるべく上京し、ビートたけしに履歴書を渡しに行くが、返事をもらう前にホームシックになり帰阪する。帰阪後、藤本義一が主宰していた大阪のお笑い集団「笑の会」に入り、4人組のユニットを組まされるが、半年で解散。その後1年間はお笑い芸人としての活動を全くしていなかったが、吉本興業の新人オーディション開催を知り、そのときに藤原とコンビを組み、芸能界に入ることとなる。なお、同じオーディションを東野幸治も受けていた。NSC出身組の今田耕司や130Rとほぼ同期にあたる。水野透 フレッシュアイペディアより)

  • 中田なおき

    中田なおきから見た今田耕司今田耕司

    今田耕司とは同じ高校の同級生で、しかも生年月日が同じ。しかし今田の方が吉本入りが早く、芸能界では先輩であるため、「今田さん」と呼び、敬語で会話する(今田は「なおきくん」と呼んでいる)。中田なおき フレッシュアイペディアより)

  • 永久保存版!みんなで歌おうアニメソングカウントダウン 2006

    永久保存版!みんなで歌おうアニメソングカウントダウン 2006から見た今田耕司今田耕司

    街角で取ったアンケートの集計結果や携帯電話でのリクエストを基にした、人気アニメソングの上位40曲を紹介していた。かつて『快進撃TV うたえモン』の司会を務めていた今田耕司が同じ役回りで出演しており、また同番組のディレクターだった福原伸治が演出兼チーフプロデューサーを務めた。同番組の元レギュラーである上戸彩も本番組にトークゲストとして出演した。永久保存版!みんなで歌おうアニメソングカウントダウン 2006 フレッシュアイペディアより)

402件中 151 - 160件表示

「今田耕司」のニューストピックワード