402件中 31 - 40件表示
  • よしもと新喜劇

    よしもと新喜劇から見た今田耕司今田耕司

    間寛平、今田耕司、東野幸治、藤井隆、山田花子、レイザーラモンHG(住谷正樹)など多くの出演者を売れっ子お笑い芸人として輩出したテレビ番組であり、松竹新喜劇と並び関西喜劇の双璧をなす。よしもと新喜劇 フレッシュアイペディアより)

  • 小籔千豊

    小籔千豊から見た今田耕司今田耕司

    芸風としては、タレントとしては毒舌キャラクターであり、タレントとしての「好感度」を全く気にしていないことを公言している。これは2013年にラジオ番組で語ったもので、大阪で立ち寄った理髪店の女性がそのきっかけである。その女性は関西を中心に活動していたタレント・歌手であるやしきたかじんの芸風を「大嫌い」だと語ったのだが、たかじんを嫌うと同時に、嫌いながらもたかじんの番組を全部見ていたのだと言う。それを聞いた小籔は、顔も悪く性格も曲がっている自分が顔も良く爽やかなタレントと好感度で勝負をしようとするのは愚策であり、例え視聴者に嫌われていようが番組さえ見続けてもらえれば、仕事を失うことはない、と考えた。お笑い評論家のラリー遠田評するに、このエピソードをテレビタレントが全員視聴者に好かれている必要は無いと言う真理をたかじんから学んだ小籔は嫌われるのも辞さない本音剥き出しのトークなどで、現在、東京でも大いに仕事を増やしていると言う。なお毒舌である一方で、番組が「CMに入った瞬間、謝るスピードが一番早い」と今田耕司、高橋茂雄に言われたことがあったという。小籔千豊 フレッシュアイペディアより)

  • オールザッツ漫才

    オールザッツ漫才から見た今田耕司今田耕司

    1990年代は1997年までオール阪神・巨人が司会を担当し、1998年には今田耕司・東野幸治の通称Wコージが司会を務めた。また1999年から2000年までは今田がピンで務め、サブMCとして130Rや雨上がり決死隊らも参加。90年代前半には当時吉本印天然素材に所属していたナインティナイン、デビューして間もないココリコ、東京進出前の博多華丸・大吉やタカアンドトシらも出演した。オールザッツ漫才 フレッシュアイペディアより)

  • 東野幸治

    東野幸治から見た今田耕司今田耕司

    東野 幸治(ひがしの こうじ、1967年8月8日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者である。兵庫県宝塚市出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー(吉本興業)所属。身長178cm、体重65kg、血液型はO型。兵庫県立宝塚高等学校卒業。愛称はひがしのり(髪の毛が濡れた時に頭に海苔がのっているようだったから)。今田耕司とコンビで仕事をすることが多く、このユニットはWコウジ(ダブルコウジ)と呼称されるが、正式なコンビではない。東野幸治 フレッシュアイペディアより)

  • 帯谷孝史

    帯谷孝史から見た今田耕司今田耕司

    1990年代は今田耕司・東野幸治・130Rらを加入させて新しい風を吹き込み、その後内場勝則・辻本茂雄・石田靖・吉田ヒロにニューリーダーとして引き継がせることで、ベテラン・中堅・若手が見事な化学反応を起こして、新喜劇が再び大きな盛り上がりを見せていた時期であり、同時に帯谷の全盛期でもあった。帯谷は、「自分が知る新喜劇の中では、この頃(ニューリーダー以前)が一番面白かった。(座長など)誰か特定の役者が目立つための劇ではなく、みんなの劇なんだという感覚で、みんなで意見を出し合いながらやっていた」と述べている(『ゲラゲラ・ハッピィ』データハウス)。帯谷孝史 フレッシュアイペディアより)

  • 1998年のテレビ (日本)

    1998年のテレビ (日本)から見た今田耕司今田耕司

    27日 - 日本テレビ系で『マジカル頭脳パワー!!』で今田耕司が夢のマジカルミステリーツアー!!を獲得。1998年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • スポーツニッポン

    スポーツニッポンから見た今田耕司今田耕司

    2月1日 - 創刊60周年。イメージキャラクター兼特別編集局長によしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いタレント・今田耕司を起用、キャンペーンキャッチフレーズ「ハッとしてホッとするスポニチ」「読むなら、いまだ!」が採用される。この日から2012年(平成24年)4月1日まで吉本興業との長期共同コラム「よしもと100年笑いは地球を救う」も連載開始。スポーツニッポン フレッシュアイペディアより)

  • あらびき団

    あらびき団から見た今田耕司今田耕司

    先に『爆笑レッドカーペット』や『コンバット』などの番組に出た事がある芸人がこの番組に出た時に東野が「この番組にエリートが出たらあかん」と言う事がある。その逆もあり、「爆笑レッドカーペット」にて「あらびき団」の芸人が普段通りの「あらびき芸」を披露すると、司会の今田耕司がダメ出しをするのがお決まりである。しかし後期には逆にはんにゃやジャルジャルらといった「エリート」に当たる人気若手芸人たちに東野自らが番組を通じて出演を頼み込むシーンも見られたほか、友近など人気中堅芸人が他番組では出来ないマニアックなネタをかけることがあった。あらびき団 フレッシュアイペディアより)

  • サンドウィッチマン

    サンドウィッチマン (お笑いコンビ)から見た今田耕司今田耕司

    結果は審査員7人中4票を獲得し、大会初の敗者復活戦枠から優勝した。ちなみに準決勝では「結婚式のスピーチ」というネタを披露しており、1stラウンド1位通過が決定した後、司会の今田耕司からそのネタを推されるが、「街頭アンケート」よりテンポが遅いことを考慮した結果、「ピザのデリバリー」にネタを変更した。サンドウィッチマン (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • 今田耕二

    今田耕二から見た今田耕司今田耕司

    今田耕二 フレッシュアイペディアより)

402件中 31 - 40件表示

「今田耕司」のニューストピックワード