前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
285件中 1 - 10件表示
  • 今田耕司

    今田耕司から見た東野幸治

    1987年4月、『4時ですよーだ』放送開始。1989年、『4時ですよーだ』終了後、東野幸治らと共に吉本新喜劇の補強メンバーとして活動。時には座長としても舞台をこなした。今田耕司 フレッシュアイペディアより)

  • 今田耕司

    今田耕司から見た松本人志

    ダウンタウンの存在はNSCに入学するまで知らなかった。浜田雅功を「当時、1年目、2年目の自分から見た浜田さんは、すごすぎた。松本さんは芸としての天才で、浜田さんは司会者としてすごかった。浜田さんのノビノビと、わーって叩いて笑ってって、そういうのすごい憧れでした。」と語り、また松本人志のことは「芸はもちろんですけど、松本人志さんのお笑いをつくる姿勢がカッコ良くて、すごく影響受けましたよ」と語っている。今田耕司 フレッシュアイペディアより)

  • 今田耕司

    今田耕司から見たナインティナイン

    ナインティナインの岡村隆史は、今田を兄さんとして慕っている。今田耕司 フレッシュアイペディアより)

  • 今田耕司

    今田耕司から見たダウンタウン (お笑いコンビ)

    1986年、ダブルホルモンズを解散し、ピン芸人として活動を始める。ちょうどこの頃、2丁目劇場ができるタイミングで前座のオーディションがあり、ピンになって初めて書いた「才能のない構成作家のオーディション」というネタで見事合格した。ダウンタウンとはこの頃に出会い、「おもろいな」と爆笑してもらったのが最初に交わした言葉である。今田耕司 フレッシュアイペディアより)

  • 今田耕司

    今田耕司から見た板尾創路

    定時制高校の卒業後は、「手に職をつけたい」と思い寿司職人か美容師の専門学校の入学を検討した。しかし学費が高く、肌が弱かったために医者から「水を扱う職業には向いていない」と忠告されたこともあって断念。途方に暮れていたときに、当時入学料が5万円程度だった「吉本総合芸能学院」(以下、NSC)に目が留まり、「昔からお笑いも好きだし」と軽い考えで1985年、4期生としてNSCに入学した。同期にNSCでは130R(ほんこん、板尾創路)、桂茶がまがおり、吉本以外ではダチョウ倶楽部やウッチャンナンチャンなどがいる。程なく、ほんこんとお笑いコンビ「ダブルホルモンズ」を結成。ほんこんは「骨付きカルビ」という芸名でボケ、今田は「上ロース」という芸名でツッコミであった。ネタはほんこんが作っていて、節水をテーマにした漫才などをやっていた。今田耕司 フレッシュアイペディアより)

  • 今田耕司

    今田耕司から見た関西テレビ放送

    さんまのまんま 新春特別編(2006年 - 、関西テレビ・フジテレビ)※毎年1月2日に出演今田耕司 フレッシュアイペディアより)

  • 今田耕司

    今田耕司から見た爆笑レッドカーペット

    爆笑レッドカーペット(2008年4月16日 - 2010年8月1日、フジテレビ) MC今田耕司 フレッシュアイペディアより)

  • 今田耕司

    今田耕司から見た島崎和歌子

    2004年の島田紳助謹慎騒動に伴い、幾つかの番組は紳助の代役として今田に白羽の矢を立てた。それらの番組で今田は予想以上の働きぶりを見せ、特に『開運!なんでも鑑定団』での代役司会ではテレビ東京の当時の社長である菅谷定彦から絶賛されるなど、彼のタレントとしての能力の高さを世間に再認識させた。そして2011年8月に芸能界を引退した紳助の後任として正式に鑑定団の司会者に就任した。その後、2012年春放送の『オールスター感謝祭'12春 芸能界No.1決定戦SP』(今田は2005年秋と2006年春に解答者ゲスト(2005年秋は149番席、2006年春は168番席)として出演したこともある)から島崎和歌子とコンビを組む司会者を今田が務めることが公式サイトにて正式発表され、2011年秋の複数の司会者によるリレー形式の1番手を経て2代目司会者に就任し、結果的に、島田紳助引退後の後任司会者として最も多くの番組を引き継ぐことになった。今田耕司 フレッシュアイペディアより)

  • 今田耕司

    今田耕司から見たえなりかずき

    漫画愛好家であり、自宅に漫画を読むための部屋を持ち、複数の漫画雑誌も購読している。またアニメ通であり、『脳内エステ IQサプリ』の収録中にえなりかずきと『新世紀エヴァンゲリオン』のヒロインについて盛り上がったことがある。また、本人はアニメ映画『マインドゲーム』の主演(声優として)を果たしている。今田耕司 フレッシュアイペディアより)

  • 今田耕司

    今田耕司から見た西田尚美

    1995年、『今田耕司のシブヤ系うらりんご』で、初めての冠番組を持つ。『いつかまた逢える』に出演で、初めてのキスシーンを大塚寧々、西田尚美らと演じた。今田耕司 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
285件中 1 - 10件表示

「今田耕司」のニューストピックワード