285件中 51 - 60件表示
  • 今田耕司

    今田耕司から見た武内由紀子

    SO・YA・NA(WEST END×YUKI from O.P.D.名義、1995年)今田耕司 フレッシュアイペディアより)

  • 今田耕司

    今田耕司から見た福岡放送

    福岡すっぴんツアー!(2014年11月2日・2015年6月28日・11月21日・2016年1月23日・7月31日、福岡放送今田耕司 フレッシュアイペディアより)

  • 今田耕司

    今田耕司から見た文化放送

    福山雅治とは1992年に自身のラジオ番組にゲストとして招待して以来の古い付き合いであり、福山のアルバム『SING A SONG』では今田が収録全曲のレビューを執筆した。時々アダルトビデオの交換をする仲でもある(文化放送『Come on FUNKY Lips!』にてゲストの福山が事実を認める)。今田耕司 フレッシュアイペディアより)

  • 今田耕司

    今田耕司から見たブルース・リー

    ブルース・リーの大ファン。自宅にはブルース・リーのフィギュアやポスターが部屋中のいたるところに整然と飾られており、自らが「ブルース・リーBAR」と呼ぶスペースまであった。今田耕司 フレッシュアイペディアより)

  • 今田耕司

    今田耕司から見たデュラン・デュラン

    趣味はピアノで、テレビ番組で坂本龍一の「メリー・クリスマス・ミスター・ローレンス」や久石譲の「Summer」(映画『菊次郎の夏』テーマソング)を番組で演奏したこともある。テイトウワのプロデュースで「KOJI1200」(読みは「コージ・トウェルブ・ハンドレッド」、後に「KOJI-12000」)として歌手活動を行っていた頃のインタビューでは、デュラン・デュランなどのニューロマンティック、ニューウェーブへの造詣の深さが語られており、音楽的なセンスを持ち合わせている。その知識を買われ、お笑い芸人にもかかわらず『TK MUSIC CLAMP』にゲスト出演、小室哲哉と対談した。またビートたけしとも交流があり、たけしからピアノをプレゼントされた。今田耕司 フレッシュアイペディアより)

  • 今田耕司

    今田耕司から見たEAST END×YURI

    EAST END×YURI」の楽曲「DA・YO・NE」を大阪弁でカバーした企画もののCD。「EAST END×YURI」のパロディー企画物ユニット「WEST END(今田耕司、東野幸治)×YUKI」を結成し、1995年にEPICソニーから発売された。「SO・YA・NA グレーテストヒッツ」では、1曲目と6曲目を石野卓球が手がけている。「フォークがSO・YA・NA」とアレンジバージョンが作られ、そして「DA・YO・NE」の方言カバーのご当地ソングを集めたCDアルバムにも収録されている。今田耕司 フレッシュアイペディアより)

  • 今田耕司

    今田耕司から見た小野妹子

    聖徳太子(2001年、NHK大阪放送局制作) - 小野妹子今田耕司 フレッシュアイペディアより)

  • 今田耕司

    今田耕司から見た菅谷定彦

    2004年の島田紳助謹慎騒動に伴い、幾つかの番組は紳助の代役として今田に白羽の矢を立てた。それらの番組で今田は予想以上の働きぶりを見せ、特に『開運!なんでも鑑定団』での代役司会ではテレビ東京の当時の社長である菅谷定彦から絶賛されるなど、彼のタレントとしての能力の高さを世間に再認識させた。そして2011年8月に芸能界を引退した紳助の後任として正式に鑑定団の司会者に就任した。その後、2012年春放送の『オールスター感謝祭'12春 芸能界No.1決定戦SP』(今田は2005年秋と2006年春に解答者ゲスト(2005年秋は149番席、2006年春は168番席)として出演したこともある)から島崎和歌子とコンビを組む司会者を今田が務めることが公式サイトにて正式発表され、2011年秋の複数の司会者によるリレー形式の1番手を経て2代目司会者に就任し、結果的に、島田紳助引退後の後任司会者として最も多くの番組を引き継ぐことになった。今田耕司 フレッシュアイペディアより)

  • 今田耕司

    今田耕司から見た松本晃市郎

    格闘技好きとしても知られ、90年代後半からパンクラス、その後GRABAKAの一般会員として格闘スポーツジムに通っている。また格闘家のスポンサー的組織「今田道場」を主宰し元DEEPフェザー級王者の松本晃市郎を輩出した。今田耕司 フレッシュアイペディアより)

  • 今田耕司

    今田耕司から見たほんこん

    定時制高校の卒業後は、「手に職をつけたい」と思い寿司職人か美容師の専門学校の入学を検討した。しかし学費が高く、肌が弱かったために医者から「水を扱う職業には向いていない」と忠告されたこともあって断念。途方に暮れていたときに、当時入学料が5万円程度だった「吉本総合芸能学院」(以下、NSC)に目が留まり、「昔からお笑いも好きだし」と軽い考えで1985年、4期生としてNSCに入学した。同期にNSCでは130R(ほんこん、板尾創路)、桂茶がまがおり、吉本以外ではダチョウ倶楽部やウッチャンナンチャンなどがいる。程なく、ほんこんとお笑いコンビ「ダブルホルモンズ」を結成。ほんこんは「骨付きカルビ」という芸名でボケ、今田は「上ロース」という芸名でツッコミであった。ネタはほんこんが作っていて、節水をテーマにした漫才などをやっていた。今田耕司 フレッシュアイペディアより)

285件中 51 - 60件表示

「今田耕司」のニューストピックワード