前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
72件中 1 - 10件表示
  • FC東京

    FC東京から見た今野泰幸今野泰幸

    原体制3年目。アマラオに代わってFWルーカスを獲得。また、MF今野泰幸が札幌から加入し、ユースからは李忠成、梶山陽平、呉章銀が昇格。FC東京 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年のJリーグチャンピオンシップ

    2015年のJリーグチャンピオンシップから見た今野泰幸今野泰幸

    試合は一進一退の攻防を繰り広げながら決定力を欠き前半はスコアレスで終える。後半に入り2分、高い位置でボールを奪ったG大阪MF大森晃太郎がグラウンダーのクロスを上げると、これを受けたMF今野泰幸が右足で流し込んでG大阪が先制する。1点を返したい浦和は後半27分、MF柏木陽介の放ったコーナーキックにDF森脇良太がヘディングシュートするもクロスバーに阻まれるが、このこぼれ球を途中出場のFWズラタンが頭で押し込んで同点に追いつく。その後も浦和が押し込む場面が見られるがG大阪GK東口順昭の好守もあって追加点を奪えず、試合は1-1のまま延長戦へと突入する。2015年のJリーグチャンピオンシップ フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見た今野泰幸今野泰幸

    2014年、開幕当初は前年の後半戦同様、前線で起用されたが4月以降は今野泰幸とダブルボランチを形成。しかし、開幕当初はミスが目立ちチームも前半戦は極度の不振に陥り、ブラジルW杯による中断前は降格圏の16位に低迷。それでも、中断期間の休養を経て後半戦は調子を取り戻し攻撃の機転となり多くのアシストを記録し、前半戦不振に陥っていた今野の復調も支え、チームの後半戦躍進を加速させた。11月のナビスコカップ決勝の広島戦では、前半35分で2点のリードを許す苦しい展開となるも、その3分後にパトリックの得点をアシストし、後半の逆転劇を手繰り寄せ7年ぶりのナビスコカップ優勝を達成。シーズン終盤はカップ戦も勝ち進んだことで過密日程になるも、リーグ戦はフィールドプレーヤーでは唯一の全試合に出場し、FKとPKではそれぞれJ1最多記録に並んだ。先発メンバーに多くの若手選手が名を連ねるようになった中、不動の平常心でチームを牽引し、J1昇格1年目で9年ぶり2回目のリーグ優勝を果たし、さらにはクラブ史上初の国内三冠を達成。Jリーグアウォーズでは11度目のベストイレブンと自身初となるJリーグMVPを受賞した。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 茂庭照幸

    茂庭照幸から見た今野泰幸今野泰幸

    2008年はキャンプでの追い込みが 奏功してレギュラーへと返り咲き、DF佐原秀樹をパートナーに得て好プレーを続けた。しかし監督の城福浩は、茂庭のボール捌きや繋ぐ能力は他のJリーガーと比べても高いと評しながらも、スタミナ不足に起因する集中力の欠如からのミスが多いと指摘。茂庭に対して前任の原監督も課題に挙げていた練習から全てを出し尽くす姿勢を要求し、2009年序盤にはMF米本拓司の抜擢に伴うメンバー再編 によってセンターバックには今野泰幸とブルーノ・クアドロスを起用。茂庭は先発から外された。同時期に左足底腱を負傷したことも重なって 今野・ブルーノのコンビが定着したため茂庭の出場機会は限られたが、今野が代表招集によって不在となった同年9月のナビスコカップ準決勝清水戦では 2戦フル出場で決勝進出に貢献し、ブルーノが出場停止となった10月のJ1第28節名古屋戦でもFWケネディのマークに注力。しかし、プレー中の交錯によりケネディの肘が茂庭の顔面に当たり、眼窩底を骨折。以後の公式戦出場は無く、この年をもってFC東京との契約を満了した。茂庭照幸 フレッシュアイペディアより)

  • 米本拓司

    米本拓司から見た今野泰幸今野泰幸

    2008年5月からJFA・Jリーグ特別指定選手としてJリーグ・ヴィッセル神戸に帯同し練習に参加。同時に、同年から城福が監督を務めていたFC東京の練習にも参加。競合の末、11月に高校卒業後のFC東京への入団が正式発表された。城福は当時から「バイタルエリアで献身的な守備ができる。攻撃の起点にもなれる高い技術がある」と評し、期待を寄せていた。クラブの強化担当者の評価は「パスの出せる今野(泰幸)」。米本自身は入団会見時に自身のプレーの特徴を「タイプとして似ている浅利(悟)選手が目標」「守備を得意とするので、相手の攻撃の芽をつむプレーに磨きをかけたい」とコメントしている。米本拓司 フレッシュアイペディアより)

  • ガンバ大阪

    ガンバ大阪から見た今野泰幸今野泰幸

    2012年、監督にジョゼ・カルロス・セホーンが就任。クラブ史上初のブラジル人監督となった。コーチ陣も元日本代表の呂比須ワグナーを含む3人が加入。山口智や橋本英郎、下平匠やイ・グノらが退団した一方、FC東京から今野泰幸、甲府からパウリーニョ、徳島から佐藤晃大、FCソウルからイ・スンヨルを完全移籍で、清水から武田洋平、CAタボン・ダ・セーハからエドゥワルドをレンタル移籍で獲得し、丹羽大輝が6年ぶり、寺田紳一と倉田秋が3年ぶりにレンタル移籍先から復帰。新人では大卒で阿部浩之、テスト生から沼田圭悟を獲得し、ユースからは田尻健、西野貴治、稲森克尚が昇格した。ガンバ大阪 フレッシュアイペディアより)

  • モフセン・トーキー

    モフセン・トーキーから見た今野泰幸今野泰幸

    サッカー日本代表の試合では、2005年3月30日にAFCアジアカップ2011予選の香港戦で副審を務めている他、AFCアジアカップ2011グループリーグのシリア戦において主審を務めている。この試合では、途中長谷部誠からのバックパスをGKの川島永嗣がクリアしたボールを今野泰幸と競り合ったシリア人選手が前方にいたシリア代表のFWに向けてパスを送り、このボールに対して後方に誰もいない状態で川島がシリア代表FWへチャージを行った。この時点で副審はオフサイドと判定したにも関わらず、モフセンは今野のバックパスであると判定し副審の判断を却下、川島にはレッドカードを提示し、PKを宣告している。この判断に関しては日本国内でも大きな反響を呼び、試合後の会見では日本代表監督のアルベルト・ザッケローニが判定に関して疑問を呈している。モフセン・トーキー フレッシュアイペディアより)

  • エンリコ・プレツィオージ

    エンリコ・プレツィオージから見た今野泰幸今野泰幸

    ジェノアのセリエA昇格を目指し、ロベルト・ドナドーニ、ルイジ・デ・カーニオと、次々と監督に招聘するが、昇格には至らなかった。2004-05シーズンにはセルセ・コズミ監督指揮下、ディエゴ・ミリートらの活躍もありセリエA昇格を決めたが、プレツィオージ会長による最終節SSCヴェネツィア戦での買収工作が発覚し、セリエC1降格処分となった。プレツィオージらクラブ首脳はこの時の不正工作について公判中である。昇格決定時、今野泰幸のジェノアへの移籍が噂されていたが、降格処分により立ち消えとなった。2005年10月にはテレビ番組の中継で、ジェノア元監督フランコ・スコーリオとの討論中に、買収工作に激怒したスコーリオが心臓発作で死去する悲劇が起きている。エンリコ・プレツィオージ フレッシュアイペディアより)

  • 門馬匡史

    門馬匡史から見た今野泰幸今野泰幸

    宮城選抜時代の1年先輩に今野泰幸や芳賀博信、佐々木勇人(塩竃FC OB)がいる、また同学年の西洋祐・千葉真也や大学時代の対戦相手でもある亀ヶ渕幹とSONYのカルテットとして活躍した。門馬匡史 フレッシュアイペディアより)

  • ソル・スポーツマネージメント

    ソル・スポーツマネージメントから見た今野泰幸今野泰幸

    今野泰幸(プロサッカー選手)ソル・スポーツマネージメント フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
72件中 1 - 10件表示

「今野泰幸」のニューストピックワード