54件中 21 - 30件表示
  • U-20サッカー日本代表

    U-20サッカー日本代表から見た今野泰幸今野泰幸

    2001年アルゼンチン大会では、佐藤寿人、駒野友一、石川直宏、前田遼一、山瀬功治らの世代。西村昭宏監督の指向する攻撃的サッカーで挑んだが、大久保嘉人、阿部勇樹、松井大輔、今野泰幸、茂庭照幸といった既にJリーグの各クラブで主力の位置にあった選手を怪我で欠いた事もあって、グループリーグ突破は成らなかった。この年代は1999年のFIFA U-17世界選手権の出場を逃し、ワールドユースでいきなり世界と戦うことになった事から「強化の谷間」という意味で「谷間の世代」と呼ばれていたが、前3大会で果たした決勝トーナメント進出を逃したことで、「実力的な谷間」という意味が付きまとう様になった。しかし、この年代からは多くの日本代表選手を輩出し中核を担っている。U-20サッカー日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木勇人

    佐々木勇人から見た今野泰幸今野泰幸

    地元塩竈市の塩釜FCでジュニアユースの監督をしていた父親に育てられ、ジュニアからユースまで同クラブで育つ。ジュニア時代だった1993年には、カカを擁するサンパウロFC下部組織と試合をした経験を持つ。ユース時代に宮城県選抜に選ばれており、この県選抜時代にはのちにチームメイトとなる今野泰幸と共にプレーしている。佐々木勇人 フレッシュアイペディアより)

  • 第91回天皇杯全日本サッカー選手権大会

    第91回天皇杯全日本サッカー選手権大会から見た今野泰幸今野泰幸

    試合は序盤から攻守の切り替えの激しい展開となり、13分に京都FWドゥトラがドリブルで持ち込んだボールのこぼれ球をMF中山博貴が決めて京都が先制するも、その2分後にはFC東京が左CKからMF石川直宏の上げたクロスをMF今野泰幸が頭でたたき込んで同点に追いつく。その後も一進一退の攻防が続くが、36分にFC東京が得たFKのチャンスで、石川の流したボールをDF森重真人が無回転シュートを決めて逆転、42分にもFWルーカスが流し込んで追加点を挙げ、前半は3-1で折り返す。第91回天皇杯全日本サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 東北高等学校

    東北高等学校から見た今野泰幸今野泰幸

    今野泰幸 (プロサッカー選手・コンサドーレ札幌、FC東京、ガンバ大阪)東北高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 平松大志

    平松大志から見た今野泰幸今野泰幸

    2010年は今野泰幸、森重真人に次ぐ第3のセンターバックとして、シーズン開幕からカップ戦を含む全試合にベンチ入りしていたが(森重が先発出場しなかった2試合にフル出場)、4月25日の練習試合でアキレス腱を断裂。後に全治6カ月と発表された。同じく長期の負傷離脱となっていたチームメートの米本拓司は、辛いリハビリ期間中に平松が励ましてくれたことは特に大きかったと述懐している。翌2011年もリハビリが続き、2012年4月に入り全体練習に合流。6月の練習試合で対外試合に復帰した。平松大志 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年J1最終節

    2005年J1最終節から見た今野泰幸今野泰幸

    そして迎えた後半終了間際。このままC大阪が優勝するかと思われたが、ドラマは起こった。ロスタイム突入直前の89分、FC東京は相手ゴール前に攻め込む。対するC大阪はクリアの応酬を繰り返す混戦となったが、そのこぼれ球をFC東京のMF今野泰幸により決められ、同点に追いつかれてしまう。その直後にはフクアリで千葉がPKを得るとMF阿部勇樹が決め、続けざまに千葉MF坂本將貴のゴールで逆転に成功。2005年J1最終節 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年J1最終節

    2008年J1最終節から見た今野泰幸今野泰幸

    残り25分で最低3点を取らないといけない状況に追い込まれた千葉だったが、本当のドラマはここからだった。74分に谷澤のロングフィードを左足アウト側で絶妙なトラップを見せた新居がそのままシュート、F東京のキーパー・塩田仁史の手に弾かれながらもボールはネットに吸い込まれた。1点差に迫った千葉は反撃を開始する。さらに77分には青木良太のセンタリングを巻誠一郎が胸で落とし、谷澤がボレーでゴール右隅に叩き込み同点。そして80分、レイナウドが今野泰幸に倒されPKを獲得。祈りを捧げる千葉サポーターが続出する中、レイナウドが自らPKを決め、遂に千葉が7分間で3点を入れて逆転に成功した。2008年J1最終節 フレッシュアイペディアより)

  • 徳永悠平

    徳永悠平から見た今野泰幸今野泰幸

    2011年はキャプテンを今野泰幸に託し、右SBに復帰。勝ち点を得るべく、得点できるSBを目標に掲げ、自身初のリーグ戦複数得点を記録した。徳永悠平 フレッシュアイペディアより)

  • アルナ・ディンダン

    アルナ・ディンダンから見た今野泰幸今野泰幸

    2010年6月4日にヨハネスブルグで行われた日本代表対コートジボワール代表の調整試合において、今野泰幸に対しタックルをかけ、全治2週間となる軽度の右膝靭帯損傷を負わせた。アルナ・ディンダン フレッシュアイペディアより)

  • 森重真人

    森重真人から見た今野泰幸今野泰幸

    2009年のシーズン終了後チームのJ2降格や深刻な経営難が表面化したため移籍を決意。川崎や浦和との競合の末、2010年からFC東京に移籍することが発表された。FC東京では、主に4バックの右CBに入り今野泰幸とコンビを組んでいたが、新人のキム・ヨングンのCB起用が増えるのに併せて層の薄いボランチに配される機会も多かった。ボランチでのプレーについて、城福浩監督は中盤の選手としての運動量、大熊清監督は90分通してのアグレッシブさを課題に挙げており、必ずしもベストな選択ではないことをうかがわせていたが、湘南の反町康治監督からは「ボールを動かす力があるし、ドリブルでひとつ持ち運ぶことができる。」、LDUキトのエドガルド・バウサ監督から「ディフェンスをしながら攻撃にも参加するという二重の役割をよくこなしていた。」と、敵将から高く評価されることがしばしばあった。東京でもセットプレーなどでのターゲットになることが多く、FC東京での初得点はショートコーナーからのクロスを合わせたヘディングによるものだった。森重真人 フレッシュアイペディアより)

54件中 21 - 30件表示

「今野泰幸」のニューストピックワード