72件中 21 - 30件表示
  • 馬場憂太

    馬場憂太から見た今野泰幸今野泰幸

    FC東京でのチームメイト、今野泰幸とはユース代表合宿で知り合って以来の親友。2003年末に今野がコンサドーレ札幌からの移籍先をFC東京か、札幌の前監督である恩師・岡田武史率いる横浜F・マリノスかで悩んでいた際には、毎晩のように今野に電話をかけFC東京に来るよう誘っていた。FC東京で監督を務めた原博実も「あの二人には、二人だけに見えている独自の空間があり、我々には見えない何かがある」と、プレー面でも特別なホットラインが存在していたことを東京中日スポーツ誌上でコメントしたことがある。また、栗澤僚一や長谷部誠とも親交が深い。馬場憂太 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年J1最終節

    2005年J1最終節から見た今野泰幸今野泰幸

    そして迎えた後半終了間際。このままC大阪が優勝するかと思われたが、ドラマは起こった。ロスタイム突入直前の89分、FC東京は相手ゴール前に攻め込む。対するC大阪はクリアの応酬を繰り返す混戦となったが、そのこぼれ球をFC東京のMF今野泰幸により決められ、同点に追いつかれてしまう。その直後にはフクアリで千葉がPKを得るとMF阿部勇樹が決め、続けざまに千葉MF坂本將貴のゴールで逆転に成功。2005年J1最終節 フレッシュアイペディアより)

  • 大熊清

    大熊清から見た今野泰幸今野泰幸

    東京ガス/FC東京でコーチを務めた倉又によれば、大熊は、チームメート間での競争意識を持たせる練習と、チーム内で勝てない選手は試合に出られないという起用法を貫き通し、選手には運動量と玉際で戦う姿勢を要求し続けた。U-20日本代表やFC東京で大熊の指揮の下プレーした今野泰幸は、大熊が徹底していることはサッカーの本質であり、サッカー選手として当たり前にするべきことであると自著に記している。大熊清 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎建哉

    岡崎建哉から見た今野泰幸今野泰幸

    2013年、複数のJリーグクラブからオファーを貰い、ユース時代を過ごしたガンバ大阪に入団。G大阪ユース出身者としては、初の大学経由でのトップチーム入団となった。3月24日、J2第5節千葉戦でJリーグ初出場を果たした。以降、ほとんどは途中出場が大半であったものの、代表組の遠藤保仁・今野泰幸の不在時はスタメンで起用された。岡崎建哉 フレッシュアイペディアより)

  • 東北人魂を持つJ選手の会

    東北人魂を持つJ選手の会から見た今野泰幸今野泰幸

    発起人は出身地の全国地方公共団体コード順に、柴崎岳(青森県)、小笠原満男(岩手県)、今野泰幸(宮城県)、熊林親吾(秋田県)、秋葉勝(山形県)、茂木弘人(福島県)の6人。東北人魂を持つJ選手の会 フレッシュアイペディアより)

  • ストロングスタイル (お笑いコンビ)

    ストロングスタイル (お笑いコンビ)から見た今野泰幸今野泰幸

    東北高等学校卒業。高校時代はサッカー部に所属しており、ガンバ大阪・今野泰幸の1年後輩にあたる。ストロングスタイル (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • 内田達也

    内田達也から見た今野泰幸今野泰幸

    2013年、ポジション登録をMFに変更しボランチにコンバート。開幕当初は出場機会がなかったものの、代表組の遠藤保仁・今野泰幸が不在となった6月にボランチでスタメン起用される。二人が復帰した7月以降も、レギュラーの座を譲らず主に今野とダブルボランチを形成した。内田達也 フレッシュアイペディアより)

  • 上里一将

    上里一将から見た今野泰幸今野泰幸

    背番号は前年に前田俊介が背負っていた背番号32を与えられる。この年のFC東京はJ2ながら日本代表の今野泰幸、権田修一、石川直宏をはじめ、徳永悠平、森重真人、高橋秀人、梶山陽平ら実力者を擁し、Jリーグ全体としても屈指の戦力を有していた為に激しいポジション争いを強いられた。シーズン開幕前のキャンプでは左サイドハーフ、左サイドバックとしての適性も見せたが、リーグ戦が始まるとこれらのポジションでは、前年にセリエAに移籍した長友佑都の穴を埋める活躍を見せていた中村北斗や、若手の田邉草民、椋原健太が主力として起用された。一方、監督の大熊清からは中盤での展開力を買われ主にセグンド・ボランチ(攻撃型ボランチ)として梶山陽平らとポジションを争った(梶山を前線に押し上げる形での併用もあった)。リーグ戦では開幕戦以外の全試合にベンチ入りを果たし、出場時間こそ多くなかったものの起用された試合では期待に応える働きを見せ、チームがJ1昇格を決めた11月19日のJ2第36節鳥取戦では後半ロスタイムに移籍後初ゴールを挙げるなどJ2優勝に貢献した1人となった。また、同年開催の天皇杯でも2回戦以降の全試合にベンチ入りし、チームは優勝を果たすが上里の試合出場は適わなかった。シーズンオフの2012年1月10日にFC東京から上里の移籍期間満了が発表され、同日、徳島ヴォルティスに期限付き移籍する事が所属元の札幌・徳島双方から相次いで発表された。上里一将 フレッシュアイペディアより)

  • 古田寛幸

    古田寛幸から見た今野泰幸今野泰幸

    2009年、背番号は札幌U-18時代の2学年上の先輩でもある横野純貴が前年に背負った27を与えられた。この年に監督に就任した石崎信弘の信頼を得て、7月25日J2第30節岡山戦で初めて控えメンバーに登録され、続く8月2日J2第31節C大阪戦で後半13分に西大伍と途中交代で公式戦初出場を果たし、藤田征也が持つクラブ史上最年少出場記録を塗り替えた(18歳2カ月10日。翌2010年に三上陽輔、荒野拓馬が記録更新)。続く8月5日J2第32節福岡戦で初先発出場を果たし勝利に貢献。2001年に今野泰幸が記録したクラブ史上最年少先発出場記録に並ぶ最速先発出場であった(18歳2カ月13日)。以降右サイドで定位置を確保し、ゴールこそ挙げられず新居辰基が持つクラブ史上最年少得点記録の更新とはならなかったものの、コンスタントに起用され続けシーズン通して公式戦20試合に出場した。また、この年はU-18日本代表にも招集されSBSカップ 国際ユースサッカー 、AFC U-19選手権2010 (予選)に出場した。古田寛幸 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台のスポーツ

    仙台のスポーツから見た今野泰幸今野泰幸

    今野泰幸(プロサッカー選手。東北高校卒。ガンバ大阪所属。日本代表)仙台のスポーツ フレッシュアイペディアより)

72件中 21 - 30件表示

「今野泰幸」のニューストピックワード