54件中 31 - 40件表示
  • 栗澤僚一

    栗澤僚一から見た今野泰幸今野泰幸

    同時期にFC東京に在籍していた今野泰幸や馬場憂太と特に仲が良く、頻繁に部屋を行き来していた。柏に移籍後も馬場とは親しく、馬場のブログに登場することが多い。栗澤僚一 フレッシュアイペディアより)

  • 黄金世代

    黄金世代から見た今野泰幸今野泰幸

    日本のサッカーにおいて、かつて1981-84年生まれが呼ばれており、数々の燿かしい結果を残した1977-80年生まれ(シドニー五輪世代)に対して、1981-84年生まれ(アテネ五輪世代)はこれほどの結果を残すことができなかった。また、1981-84年生まれのA代表には駒野友一、阿部勇樹、大久保嘉人、松井大輔、田中達也、佐藤寿人、山瀬功治、田中マルクス闘莉王、鈴木啓太、今野泰幸、長谷部誠などがいるが、海外リーグで活躍する者はさほど多くなかった。黄金世代 フレッシュアイペディアより)

  • 長友佑都

    長友佑都から見た今野泰幸今野泰幸

    2011年1月に開催されたAFCアジアカップ2011では全6試合にフル出場(日本代表では長友と今野泰幸のみ)し、決勝のオーストラリア戦では試合途中に左サイドバックから左サイドハーフにポジションを上げて、李忠成の決勝点をアシストするなど日本代表のアジア制覇に貢献した。長友佑都 フレッシュアイペディアより)

  • 馬場憂太

    馬場憂太から見た今野泰幸今野泰幸

    FC東京でのチームメイト、今野泰幸とはユース代表合宿で知り合って以来の親友。2003年末に今野がコンサドーレ札幌からの移籍先をFC東京か、札幌の前監督である恩師・岡田武史率いる横浜F・マリノスかで悩んでいた際には、毎晩のように今野に電話をかけFC東京に来るよう誘っていた。FC東京で監督を務めた原博実も「あの二人には、二人だけに見えている独自の空間があり、我々には見えない何かがある」と、プレー面でも特別なホットラインが存在していたことを東京中日スポーツ誌上でコメントしたことがある。また、栗澤僚一や長谷部誠とも親交が深い。馬場憂太 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台のスポーツ

    仙台のスポーツから見た今野泰幸今野泰幸

    今野泰幸(プロサッカー選手。東北高校卒。ガンバ大阪所属。日本代表)仙台のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ソニー仙台FC

    ソニー仙台FCから見た今野泰幸今野泰幸

    現在ガンバ大阪に在籍している日本代表DF今野泰幸は、2000年に本人の地元でもあるソニー仙台FCへの入部が内定していたが、当時ソニー仙台FCとコンサドーレ札幌が練習試合を行った際、ソニー仙台FCの練習生として参加していた今野のプレーに当時、札幌監督だった岡田武史が目を付け、急転札幌の練習に参加してプロ入りに至った。ソニー仙台FC フレッシュアイペディアより)

  • ガンバ大阪

    ガンバ大阪から見た今野泰幸今野泰幸

    2012年、監督にジョゼ・カルロス・セホーンが就任。コーチ陣も元日本代表の呂比須ワグナーを含む3人が加入。補強面ではFC東京から今野泰幸、甲府からパウリーニョ、徳島から佐藤晃大、FCソウルからイ・スンヨルを完全移籍で、清水から武田洋平、CAタボン・ダ・セーハからエドゥワルドをレンタル移籍で獲得し、丹羽大輝が6年ぶり、寺田紳一と倉田秋が3年ぶりにレンタル移籍先から復帰。新人では大卒で阿部浩之、テスト生から沼田圭悟を獲得し、ユースからは田尻健、西野貴治、稲森克尚が昇格した。ガンバ大阪 フレッシュアイペディアより)

  • 1月25日

    1月25日から見た今野泰幸今野泰幸

    1983年 - 今野泰幸、サッカー選手1月25日 フレッシュアイペディアより)

  • 村田純平

    村田純平から見た今野泰幸今野泰幸

    東北高校時代の1学年後輩に日本代表の今野泰幸がいた。村田純平 フレッシュアイペディアより)

  • 内田篤人

    内田篤人から見た今野泰幸今野泰幸

    2007年にA代表候補の合宿に初招集され、2008年1月26日のキリンチャレンジカップのチリ戦でA代表デビューした。19歳305日でのデビューはJリーグ発足後では市川大祐、小野伸二、梅崎司に次いで4番目の若さであった。同年2月6日にはJリーグ発足後10代の選手としては初めてワールドカップ・アジア3次予選グループ2第1戦タイ戦にスタメンフル出場を果たし、6月22日には同3次予選第6戦最終戦のバーレーン戦で代表初得点を決めた。2010年6月の2010 FIFAワールドカップの日本代表メンバーにも選出されたが、本大会直前に岡田武史監督が守備を重視する戦術に転換したことや体調不良により、右サイドバックのポジションを守備の評価の高い今野泰幸、今野の負傷後には攻守にバランスのある駒野友一に奪われ、本戦出場は叶わなかった。アルベルト・ザッケローニ監督就任後は再びレギュラーに返り咲いた。2011年1月、AFCアジアカップ優勝。内田篤人 フレッシュアイペディアより)

54件中 31 - 40件表示

「今野泰幸」のニューストピックワード