72件中 51 - 60件表示
  • 内田篤人

    内田篤人から見た今野泰幸今野泰幸

    2007年にフル代表候補の合宿に初招集され、2008年1月26日のキリンチャレンジカップチリ戦でフル代表デビューした。19歳305日でのデビューはJリーグ発足後では市川大祐、小野伸二、梅崎司に次いで4番目の若さであった。同年2月6日にはJリーグ発足後10代の選手としては初めてワールドカップ・アジア3次予選グループ2第1戦タイ戦にスタメンフル出場を果たし、6月22日には同3次予選第6戦最終戦のバーレーン戦で代表初得点を決めた。2010年6月の2010 FIFAワールドカップの日本代表メンバーにも選出されたが、本大会直前に岡田武史監督が守備を重視する戦術に転換したことや体調不良により、右サイドバックのポジションを守備の評価の高い今野泰幸、今野の負傷後には攻守にバランスのある駒野友一に奪われ、本戦出場は叶わなかった。内田篤人 フレッシュアイペディアより)

  • 岡野雅夫

    岡野雅夫から見た今野泰幸今野泰幸

    当初はアトレチコ・ミネイロ所属のロナウジーニョやレアル・マドリード所属のカカなど複数の選手と交渉したが断念。13年8月、日本対ウルグアイの親善試合を観戦した岡野はヴィラ=レアル所属時代からファンであったフォルランが2ゴールする活躍を目の当たりにし、日本のトップDFである吉田麻也と今野泰幸を相手に圧倒したフォルランなら、1人で簡単に点を取れる。また、当時セレッソに所属していた柿谷をスアレスに見立てて、パートナーはフォルランが最高と判断。こうして交渉相手をフォルラン一本に定める。岡野雅夫 フレッシュアイペディアより)

  • 2010 FIFAワールドカップ日本代表

    2010 FIFAワールドカップ日本代表から見た今野泰幸今野泰幸

    右DFは内田篤人に代わり今野泰幸。合宿中のテストマッチで今野が負傷したため、本番では駒野友一が出場。2010 FIFAワールドカップ日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 森本貴幸

    森本貴幸から見た今野泰幸今野泰幸

    2010 FIFAワールドカップ開催国の南アフリカから帰国した2010年7月1日、関西国際空港にて日本代表選手団の記者会見中、岡田武史監督が今野泰幸に対して何か言うように指示、今野がこの会見に1人不在だった田中マルクス闘莉王の物真似を披露すると、会見場は爆笑の嵐が巻き起こる。その後も岡田監督は「誰かいるか、ほかに?」と他選手らを見回しながら、「今度は森本が南アフリカの歌を歌うらしいです」とコメント。岡田監督の突然の指示に、森本は困惑しながらもアフリカの民族音楽を意識した「アア??ア?アーー!!」と大声で奇妙な歌声を披露し一礼すると、再度岡田監督やチームメートらの大爆笑の渦に包まれた。森本貴幸 フレッシュアイペディアより)

  • 徳永悠平

    徳永悠平から見た今野泰幸今野泰幸

    2011年はキャプテンを今野泰幸に託し、右SBに復帰。勝ち点を得るべく、得点できるSBを目標に掲げ、自身初のリーグ戦複数得点を記録した。徳永悠平 フレッシュアイペディアより)

  • 平松大志

    平松大志から見た今野泰幸今野泰幸

    2009年よりFC東京に移籍。CBとして対人プレーやインターセプトに自信を見せ、同年の開幕戦でのスタメンに抜擢された。J1初出場となったが、チームは大敗。平松自身も致命的なパスミスをしてしまったこともあって、早々に控えに追いやられた。一度は自信を失うも、DF今野泰幸が日本代表招集によってチームを離れたことを機にカップ戦で先発出場の機会を得る。予選リーグ終盤の3試合にフル出場し、決勝トーナメント進出に貢献した。シーズン終盤には、相手のサイド攻撃を封じるべくサイドでも起用された。ナビスコカップ決勝戦では右サイドのMFとして途中投入され、無失点勝利に貢献。プロ入り後の初タイトルを掴んだ。課題とされたビルドアップの向上に努め、第33節神戸戦でリーグ戦スタメン復帰。CBとして無失点に抑えるとともにJ1での初得点を挙げ、共に控え組として苦闘していた藤山竜仁、浅利悟の退団セレモニーを勝利で飾った。平松大志 フレッシュアイペディアより)

  • 森重真人

    森重真人から見た今野泰幸今野泰幸

    2009年のシーズン終了後チームのJ2降格や深刻な経営難が表面化したため移籍を決意。川崎フロンターレや浦和レッドダイヤモンズとの競合の末、2010年からFC東京に移籍することが発表された。FC東京では、主に4バックの右CBに入り今野泰幸とコンビを組んでいたが、新人のキム・ヨングンのCB起用が増えるのに併せて層の薄いボランチに配される機会も多かった。ボランチでのプレーについて、城福浩監督は中盤の選手としての運動量、大熊清監督は90分通してのアグレッシブさを課題に挙げており、必ずしもベストな選択ではないことをうかがわせていたが、湘南の反町康治監督からは「ボールを動かす力があるし、ドリブルでひとつ持ち運ぶことができる。」、LDUキトのエドガルド・バウサ監督から「ディフェンスをしながら攻撃にも参加するという二重の役割をよくこなしていた。」と、敵将から高く評価されることがしばしばあった。東京でもセットプレーなどでのターゲットになることが多く、FC東京での初得点はショートコーナーからのクロスを合わせたヘディングによるものだった。森重真人 フレッシュアイペディアより)

  • 加賀健一

    加賀健一から見た今野泰幸今野泰幸

    2012年よりFC東京へ完全移籍。退団した今野泰幸の穴を埋めるべく、主に右CBでプレー。韓国代表DFチャン・ヒョンスらとポジションを争った。SBもこなすスタイルから、ランコ・ポポヴィッチ監督からはイタリアのDFクリスティアン・パヌッチに例えられていた。2014年は開幕から好調を維持するも、J1第4節川崎戦で安柄俊からの肘打ちを頸部に受け離脱。復帰後も同箇所やハムストリング近位挫傷と負傷が続いた。同年限りでFC東京との契約を満了し退団。年長選手も遠慮なしにいじるムードメーカーとしても親しまれていた。加賀健一 フレッシュアイペディアより)

  • 長友佑都

    長友佑都から見た今野泰幸今野泰幸

    2011年に開催されたアジアカップでは全6試合にフル出場(日本代表では長友と今野泰幸のみ)し、決勝のオーストラリア戦では試合途中に左サイドバックから左サイドハーフにポジションを上げて、李忠成の決勝点をアシストするなど日本代表のアジア制覇に貢献した。長友佑都 フレッシュアイペディアより)

  • 若林時英

    若林時英から見た今野泰幸今野泰幸

    父親はJリーグクラブの広報で、幼い頃からサッカー選手の知り合いが多く、石川直宏・長友佑都・今野泰幸・徳永悠平・平山相太などと親交があった。若林時英 フレッシュアイペディアより)

72件中 51 - 60件表示

「今野泰幸」のニューストピックワード