131件中 91 - 100件表示
  • 今野泰幸

    今野泰幸から見たミッドフィールダー

    今野 泰幸(こんの やすゆき、1983年1月25日 - )は、宮城県仙台市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ガンバ大阪所属。ポジションはミッドフィールダー(ボランチ)、ディフェンダー(センターバック、サイドバック)。日本代表。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見たリハビリテーション

    オシム退任後、日本代表監督となった岡田武史は今野を「ユーティリティーがあって貴重な選手」と評し 常に代表に選出。2010年に開催されたワールドカップ・南アフリカ大会日本代表メンバーにも選出し、宮城県出身選手として初となるワールドカップ日本代表選手となった。本大会直前に行われたコートジボワールとの親善試合で左膝靭帯損傷の怪我を負ったものの、懸命のリハビリを行い本大会に間に合わせ、グループリーグ第3戦のデンマーク戦において途中出場を果たしたが、本大会での出場はこの1試合に終わった。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見た東日本大震災復興支援 2012Jリーグスペシャルマッチ

    2012年、「一段階も二段階も上がっていかなきゃいけない」とさらなるチャレンジを目指すため、ガンバ大阪へ完全移籍。ブラジルワールドカップ予選では、日本代表のワールドカップ出場に貢献した。7月21日、カシマスタジアムで行なわれた東日本大震災復興支援 2012Jリーグスペシャルマッチでは、被災地選抜チーム「Jリーグ TEAM AS ONE」(仙台・鹿島の選手と東北地方出身選手による混成チーム)の一員として出場した。この年、G大阪は深刻な不振に陥り、失点数はリーグワースト2位を記録してしまうなど シーズン通して守備陣を統率できず、自身3度目のJ2降格となった。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見た東アジアサッカー選手権2005

    2005年7月、東アジアサッカー選手権においてジーコ監督率いる日本代表に初選出され、同大会の中国戦で国際Aマッチ初出場を記録した。同年末、イタリア・セリエAのUSレッチェから興味を持たれていたが、12月の天皇杯浦和戦で左膝内側側副靱帯を損傷してしまう。イタリアに渡り診察を受けたものの、レッチェが想定する以上の重症だったことから 正式オファーには至らなかった。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見た神戸総合運動公園ユニバー記念競技場

    2004年5月5日:J1初得点 - J1 1st第8節 vsヴィッセル神戸(神戸ユニバー記念競技場今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見たオーバーラップ (スポーツ)

    2006年10月、イビチャ・オシム監督から日本代表に選出され、ガーナ戦で代表では初めてとなるディフェンダーとして右センターバックのポジションでフル出場した。11月のサウジアラビア戦ではフォワードのヤセル・アル・カフタニのマークにつく一方で、果敢なオーバーラップから2点目をアシストし、3点目の起点となるパスを配球。いずれも我那覇和樹の得点を導いた。これ以後もオシムは「好みではないポジションも喜んでやる準備ができている」 と今野を高く評価し、サイドバックなど複数のポジションで起用した。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見たセリエA (サッカー)

    2005年7月、東アジアサッカー選手権においてジーコ監督率いる日本代表に初選出され、同大会の中国戦で国際Aマッチ初出場を記録した。同年末、イタリア・セリエAのUSレッチェから興味を持たれていたが、12月の天皇杯浦和戦で左膝内側側副靱帯を損傷してしまう。イタリアに渡り診察を受けたものの、レッチェが想定する以上の重症だったことから 正式オファーには至らなかった。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見た主将

    2002年には主軸として期待され背番号が4に変更された。同年、大熊清監督率いるU-19日本代表に招集され、AFCユース選手権・カタール大会にキャプテンとして出場し 準優勝に貢献。一方、札幌では柱谷哲二新監督によりレギュラーとして起用されたがチームは苦戦を強いられ、自身もシーズン途中での監督交代やリーグ最下位でのJ2降格(代表招集中に降格が決定)も味わった。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見た2005年のJリーグ

    Jリーグ優秀選手賞:5回(2004年、2005年、2009年、2010年、2014年)今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見た2010 FIFAワールドカップ日本代表

    オシム退任後、日本代表監督となった岡田武史は今野を「ユーティリティーがあって貴重な選手」と評し 常に代表に選出。2010年に開催されたワールドカップ・南アフリカ大会日本代表メンバーにも選出し、宮城県出身選手として初となるワールドカップ日本代表選手となった。本大会直前に行われたコートジボワールとの親善試合で左膝靭帯損傷の怪我を負ったものの、懸命のリハビリを行い本大会に間に合わせ、グループリーグ第3戦のデンマーク戦において途中出場を果たしたが、本大会での出場はこの1試合に終わった。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

131件中 91 - 100件表示

「今野泰幸」のニューストピックワード