94件中 21 - 30件表示
  • 今野泰幸

    今野泰幸から見たブルーノ・エベルトン・クアドロス

    2009年は第9節よりセンターバックにコンバートされ、優れたフィード力を生かして同じくCBのブルーノ・クアドロス、ボランチの梶山陽平らとFC東京のポゼッションサッカーの起点となった。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見たイビチャ・オシム

    2006年10月に、イビチャ・オシム監督が指揮する日本代表に選出され、ガーナ戦では代表では初めてとなるディフェンダーとして右センターバックのポジションでフル出場した。11月のサウジアラビア戦ではフォワードのヤセル・アル・カフタニのマークにつく一方で、オーバーラップから日本代表の2点目をアシストし、3点目の起点となるパスを出しいずれも我那覇和樹のゴールを導いた。これ以後もオシムは「好みではないポジションも喜んでやる準備ができている」と今野を高く評価し、サイドバックなど複数のポジションで起用した。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見たヤセル・アル・カフタニ

    2006年10月に、イビチャ・オシム監督が指揮する日本代表に選出され、ガーナ戦では代表では初めてとなるディフェンダーとして右センターバックのポジションでフル出場した。11月のサウジアラビア戦ではフォワードのヤセル・アル・カフタニのマークにつく一方で、オーバーラップから日本代表の2点目をアシストし、3点目の起点となるパスを出しいずれも我那覇和樹のゴールを導いた。これ以後もオシムは「好みではないポジションも喜んでやる準備ができている」と今野を高く評価し、サイドバックなど複数のポジションで起用した。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見た原博実

    2004年に「J1であること」、「若手の出場機会が多い」、「まだタイトルを取った事が無いチームで、チームと共に成長できると思った」ことが決め手となり、J1のFC東京に完全移籍した。前年末のワールドユース終了後の1月からは山本昌邦監督率いるU-23日本代表に飛び級で招集され、アジア地区最終予選では代表チームでただ一人全6試合にフル出場しアテネオリンピック出場に大きく貢献。8月のオリンピック本大会にも出場した。同年のヤマザキナビスコカップ決勝では、FC東京のセンターバックであるジャーンが退場し1人でボランチを任されることになったが、延長戦を含む100分近い時間を守りきり、自身にとってもクラブとしても初のタイトル獲得を果たした。原博実監督は今野の守備について「間合いの取り方も、相手への体の入れ方もうまいし、ファウルしないでボールを奪える。日本人離れしている」と絶賛した。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見た西真田佳典

    2007年12月初頭の天皇杯開催中に、今野の代理人である西真田佳典の売り込みにより、浦和、G大阪、名古屋と移籍交渉を行なっていると報道されたが、FC東京の次期監督就任が発表された城福浩と面談しチーム構想や強化方針に共感し、12月29日に残留が発表された。この際の契約を経て今野はFC東京の最高年俸日本人選手となっている。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見た吉田麻也

    岡田の後任として日本代表監督に就任したアルベルト・ザッケローニは、初采配となった2010年10月8日のアルゼンチン戦以降全試合で今野をセンターバックとしてスタメン起用している。2011年1月に開催されたAFCアジアカップでは、ザッケローニからディフェンス陣のリーダーに指名され、同じくセンターバックの吉田麻也をリードし経験の少ない守備陣を統率。全試合にフル出場し(日本代表では今野と長友佑都のみ)、日本代表の優勝に貢献した。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見た山本昌邦

    2004年に「J1であること」、「若手の出場機会が多い」、「まだタイトルを取った事が無いチームで、チームと共に成長できると思った」ことが決め手となり、J1のFC東京に完全移籍した。前年末のワールドユース終了後の1月からは山本昌邦監督率いるU-23日本代表に飛び級で招集され、アジア地区最終予選では代表チームでただ一人全6試合にフル出場しアテネオリンピック出場に大きく貢献。8月のオリンピック本大会にも出場した。同年のヤマザキナビスコカップ決勝では、FC東京のセンターバックであるジャーンが退場し1人でボランチを任されることになったが、延長戦を含む100分近い時間を守りきり、自身にとってもクラブとしても初のタイトル獲得を果たした。原博実監督は今野の守備について「間合いの取り方も、相手への体の入れ方もうまいし、ファウルしないでボールを奪える。日本人離れしている」と絶賛した。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見たジャーン・カルロ・ウィッテ

    2004年に「J1であること」、「若手の出場機会が多い」、「まだタイトルを取った事が無いチームで、チームと共に成長できると思った」ことが決め手となり、J1のFC東京に完全移籍した。前年末のワールドユース終了後の1月からは山本昌邦監督率いるU-23日本代表に飛び級で招集され、アジア地区最終予選では代表チームでただ一人全6試合にフル出場しアテネオリンピック出場に大きく貢献。8月のオリンピック本大会にも出場した。同年のヤマザキナビスコカップ決勝では、FC東京のセンターバックであるジャーンが退場し1人でボランチを任されることになったが、延長戦を含む100分近い時間を守りきり、自身にとってもクラブとしても初のタイトル獲得を果たした。原博実監督は今野の守備について「間合いの取り方も、相手への体の入れ方もうまいし、ファウルしないでボールを奪える。日本人離れしている」と絶賛した。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見たサッカーフランス代表

    2012年10月12日に行われたフランスとの親善試合ではCKからボールを奪いドリブルでカウンターを仕掛け決勝点を導いたが、海外の多くのメディアがこのゴールの得点者を、本来の香川真司ではなく今野であると誤報した。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見たサッカー日本代表

    2005年8月の東アジアサッカー選手権でジーコ監督により初めて日本代表に選出され、同大会の中国戦でA代表初出場を記録した。Jリーグでは12月のJ1最終節で後半ロスタイムに同点ゴールを決め、結果的にC大阪の優勝を阻止した。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

94件中 21 - 30件表示

「今野泰幸」のニューストピックワード