131件中 41 - 50件表示
  • 今野泰幸

    今野泰幸から見たJリーグアウォーズ

    2011年、FC東京のキャプテンに就任。J2最少失点となる堅守を築き、1年でのJ1復帰を達成。同年のJリーグアウォーズにてJ2 Most Exciting Playerの初代受賞者として表彰された。また、主将の大役を任されたことでチーム全体へ目を向け、原から指摘された「声」についても積極的になり、自身の殻を破る1年となった。天皇杯決勝の京都戦では、先制を許した直後に同点ゴールを決め、チームの天皇杯初優勝に貢献。代表では11月11日の2014 FIFAワールドカップ・アジア3次予選タジキスタン戦で国際Aマッチ初得点を記録した。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見た仙台市

    今野 泰幸(こんの やすゆき、1983年1月25日 - )は、宮城県仙台市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ガンバ大阪所属。ポジションはミッドフィールダー(ボランチ)、ディフェンダー(センターバック、サイドバック)。日本代表。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見た東京ヴェルディ1969

    2001年4月7日:Jリーグ初出場 - J1 1st第4節 vs東京ヴェルディ1969(室蘭陸上競技場)今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見た名古屋グランパスエイト

    2007年12月初頭の天皇杯開催中に、今野の代理人である西真田佳典の売り込みにより、浦和、G大阪、名古屋と移籍交渉を行なっていると報道されたが、FC東京の次期監督就任が発表された城福浩と面談しチーム構想や強化方針に共感し、12月29日に残留が発表された。この際の契約を経て今野はFC東京の最高年俸日本人選手となった。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見た関西国際空港

    南アフリカワールドカップから帰国した2010年7月1日、関西国際空港にて日本代表選手団の記者会見中、突然監督の岡田武史から「なんか今野がね、言いたい事が有るとさっき言ってたんで…」と発言を促した。その指名に今野は驚いた表情で「いやホント厳しいんですけど」と苦笑しながらも、松井大輔に勧められ「じゃあ物真似やります」とコメント。この日実父の看病で一人ブラジルに直行、この会見に不在だった田中マルクス闘莉王が出演した、ケンタッキーのCMのモノマネを披露し、「あつまれーー!!」と闘莉王に似せた野太い声を張り上げると、岡田監督やチームメートらを初め、会見場はどっと大爆笑に包まれた。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見たサッカーアルゼンチン代表

    岡田の後任として日本代表監督に就任したアルベルト・ザッケローニは、初采配となった2010年10月8日のアルゼンチン戦以降全試合で今野をセンターバックとしてスタメン起用した。2011年1月に開催されたAFCアジアカップでは、ザッケローニからディフェンス陣のリーダーに指名され、同じくセンターバックの吉田麻也をリードし 経験の少ない守備陣を統率。全試合にフル出場し(日本代表では今野と長友佑都のみ)、日本代表の優勝に貢献した。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見たサッカーフランス代表

    2012年10月12日に行われたフランスとの親善試合ではCKからボールを奪い、50〜60mほどの長い距離をドリブルで独走するカウンターを仕掛け決勝点を導いたが、海外の多くのメディアがこのゴールの得点者を、本来の香川真司ではなく今野であると誤報した。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見たAFCチャンピオンズリーグ

    AFCチャンピオンズリーグ・プレーオフ 1試合0得点今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見たセレッソ大阪

    原博実監督は今野の守備について「間合いの取り方も、相手への体の入れ方もうまいし、ファウルしないでボールを奪える。日本人離れしている」と絶賛した。また、原からは攻撃面の能力を見出され、2005年には自己最多となるリーグ戦7得点を記録。同年12月のJ1最終節では後半ロスタイムに同点ゴールを決め、結果的にC大阪の優勝を阻止した。ただし原は、自分で守りきれる能力があるために声を出して味方を動かすことができていない、と欠点も挙げており、今野に声を出させるためにボランチのパートナーを外す布陣を敷くこともあった。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見たサッカーオーストラリア代表

    2014年、G大阪では前年に引き続きボランチでの起用が続いたが、代表との役割の違いから本調子とは程遠い状態が続き、チームもW杯ブラジル大会中断前は降格圏の16位に低迷してしまう。第8節大宮戦では途中出場で決勝ゴールを決めたが、自身が投入された直後に同点にされたことで試合後には「舌を噛んで死にたいと思いました。本当に」とコメントするなど精神的にも追いつめられていた。5月、W杯ブラジル大会の日本代表メンバーに選出されたが、直前の親善試合や第1戦コートジボワール戦はスタメンから外れる。第2戦ギリシャ戦と第3戦コロンビア戦はスタメンで起用されたが、コロンビア戦では自身のファウルで相手にPKを献上してしまうなど、クラブでの不調からの脱却ができずチームもグループリーグ敗退となった。中断明け以降、ボランチに専念し遠藤保仁と共に中盤を締め、攻撃面でも間接的に絡むプレーを見せるなど自身が「人生最大のスランプ」と語った不調を払拭する好パフォーマンスを発揮。11月にはハビエル・アギーレ体制となった日本代表にW杯以来となる復帰を果たし、11月18日の親善試合オーストラリア戦ではボランチとして出場し自身3年ぶりとなる代表での得点を決めた。自身の復調と共にG大阪も後半戦は猛烈な巻き返しを見せ、昇格1年目でのJ1優勝を果たし、さらにはG大阪の国内三冠達成に大きく貢献した。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

131件中 41 - 50件表示

「今野泰幸」のニューストピックワード