131件中 61 - 70件表示
  • 今野泰幸

    今野泰幸から見た2010 FIFAワールドカップ

    オシム退任後、日本代表監督となった岡田武史は今野を「ユーティリティーがあって貴重な選手」と評し 常に代表に選出。2010年に開催されたワールドカップ・南アフリカ大会日本代表メンバーにも選出し、宮城県出身選手として初となるワールドカップ日本代表選手となった。本大会直前に行われたコートジボワールとの親善試合で左膝靭帯損傷の怪我を負ったものの、懸命のリハビリを行い本大会に間に合わせ、グループリーグ第3戦のデンマーク戦において途中出場を果たしたが、本大会での出場はこの1試合に終わった。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見たAFCユース選手権2002

    2002年には主軸として期待され背番号が4に変更された。同年、大熊清監督率いるU-19日本代表に招集され、AFCユース選手権・カタール大会にキャプテンとして出場し 準優勝に貢献。一方、札幌では柱谷哲二新監督によりレギュラーとして起用されたがチームは苦戦を強いられ、自身もシーズン途中での監督交代やリーグ最下位でのJ2降格(代表招集中に降格が決定)も味わった。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見た2014 FIFAワールドカップ

    2014年、G大阪では前年に引き続きボランチでの起用が続いたが、代表との役割の違いから本調子とは程遠い状態が続き、チームもW杯ブラジル大会中断前は降格圏の16位に低迷してしまう。第8節大宮戦では途中出場で決勝ゴールを決めたが、自身が投入された直後に同点にされたことで試合後には「舌を噛んで死にたいと思いました。本当に」とコメントするなど精神的にも追いつめられていた。5月、W杯ブラジル大会の日本代表メンバーに選出されたが、直前の親善試合や第1戦コートジボワール戦はスタメンから外れる。第2戦ギリシャ戦と第3戦コロンビア戦はスタメンで起用されたが、コロンビア戦では自身のファウルで相手にPKを献上してしまうなど、クラブでの不調からの脱却ができずチームもグループリーグ敗退となった。中断明け以降、ボランチに専念し遠藤保仁と共に中盤を締め、攻撃面でも間接的に絡むプレーを見せるなど自身が「人生最大のスランプ」と語った不調を払拭する好パフォーマンスを発揮。11月にはハビエル・アギーレ体制となった日本代表にW杯以来となる復帰を果たし、11月18日の親善試合オーストラリア戦ではボランチとして出場し自身3年ぶりとなる代表での得点を決めた。自身の復調と共にG大阪も後半戦は猛烈な巻き返しを見せ、昇格1年目でのJ1優勝を果たし、さらにはG大阪の国内三冠達成に大きく貢献した。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見た靭帯損傷

    2005年7月、東アジアサッカー選手権においてジーコ監督率いる日本代表に初選出され、同大会の中国戦で国際Aマッチ初出場を記録した。同年末、イタリア・セリエAのUSレッチェから興味を持たれていたが、12月の天皇杯浦和戦で左膝内側側副靱帯を損傷してしまう。イタリアに渡り診察を受けたものの、レッチェが想定する以上の重症だったことから 正式オファーには至らなかった。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見たディフェンダー (サッカー)

    今野 泰幸(こんの やすゆき、1983年1月25日 - )は、宮城県仙台市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ガンバ大阪所属。ポジションはミッドフィールダー(ボランチ)、ディフェンダー(センターバック、サイドバック)。日本代表。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見たユーティリティープレイヤー

    オシム退任後、日本代表監督となった岡田武史は今野を「ユーティリティーがあって貴重な選手」と評し 常に代表に選出。2010年に開催されたワールドカップ・南アフリカ大会日本代表メンバーにも選出し、宮城県出身選手として初となるワールドカップ日本代表選手となった。本大会直前に行われたコートジボワールとの親善試合で左膝靭帯損傷の怪我を負ったものの、懸命のリハビリを行い本大会に間に合わせ、グループリーグ第3戦のデンマーク戦において途中出場を果たしたが、本大会での出場はこの1試合に終わった。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見た2003 FIFAワールドユース選手権

    2003年12月にはU-20日本代表として、FIFAワールドユース選手権・UAE大会に出場。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見た2013年のJリーグ

    Jリーグ ディビジョン2:1回(2013年今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見たサッカー中華人民共和国代表

    2005年7月、東アジアサッカー選手権においてジーコ監督率いる日本代表に初選出され、同大会の中国戦で国際Aマッチ初出場を記録した。同年末、イタリア・セリエAのUSレッチェから興味を持たれていたが、12月の天皇杯浦和戦で左膝内側側副靱帯を損傷してしまう。イタリアに渡り診察を受けたものの、レッチェが想定する以上の重症だったことから 正式オファーには至らなかった。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見たコマーシャルメッセージ

    南アフリカワールドカップから帰国した2010年7月1日、関西国際空港にて日本代表選手団の記者会見中、突然監督の岡田武史から「なんか今野がね、言いたい事が有るとさっき言ってたんで…」と発言を促した。その指名に今野は驚いた表情で「いやホント厳しいんですけど」と苦笑しながらも、松井大輔に勧められ「じゃあ物真似やります」とコメント。この日実父の看病で一人ブラジルに直行、この会見に不在だった田中マルクス闘莉王が出演した、ケンタッキーのCMのモノマネを披露し、「あつまれーー!!」と闘莉王に似せた野太い声を張り上げると、岡田監督やチームメートらを初め、会見場はどっと大爆笑に包まれた。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

131件中 61 - 70件表示

「今野泰幸」のニューストピックワード