131件中 81 - 90件表示
  • 今野泰幸

    今野泰幸から見た2014 FIFAワールドカップ・アジア予選

    2012年、「一段階も二段階も上がっていかなきゃいけない」とさらなるチャレンジを目指すため、ガンバ大阪へ完全移籍。ブラジルワールドカップ予選では、日本代表のワールドカップ出場に貢献した。7月21日、カシマスタジアムで行なわれた東日本大震災復興支援 2012Jリーグスペシャルマッチでは、被災地選抜チーム「Jリーグ TEAM AS ONE」(仙台・鹿島の選手と東北地方出身選手による混成チーム)の一員として出場した。この年、G大阪は深刻な不振に陥り、失点数はリーグワースト2位を記録してしまうなど シーズン通して守備陣を統率できず、自身3度目のJ2降格となった。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見た国民体育大会サッカー競技

    小学校1年時からサッカーを始めた。サッカー強豪校の東北高等学校には、スポーツ特待生に入れず 一般受験で進学したが ここで頭角を現し宮城県選抜 に選ばれ富山国体への出場、東北高では全国選手権への出場を経験。ナショナルトレセンやユース代表候補合宿への参加もあったが、プロクラブからの勧誘の対象にはならず、卒業後は地元のソニー仙台への加入が内定していた。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見た日本プロサッカーリーグ

    今野 泰幸(こんの やすゆき、1983年1月25日 - )は、宮城県仙台市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ガンバ大阪所属。ポジションはミッドフィールダー(ボランチ)、ディフェンダー(センターバック、サイドバック)。日本代表。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見た2010年のサッカー日本代表

    2010年 - 東アジアサッカー選手権2010(3位)、アジアカップ予選、2010 FIFAワールドカップ(ベスト16)今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見た2013年のサッカー日本代表

    2013年 - FIFAコンフェデレーションズカップ2013(グループリーグ敗退)今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見た物真似

    南アフリカワールドカップから帰国した2010年7月1日、関西国際空港にて日本代表選手団の記者会見中、突然監督の岡田武史から「なんか今野がね、言いたい事が有るとさっき言ってたんで…」と発言を促した。その指名に今野は驚いた表情で「いやホント厳しいんですけど」と苦笑しながらも、松井大輔に勧められ「じゃあ物真似やります」とコメント。この日実父の看病で一人ブラジルに直行、この会見に不在だった田中マルクス闘莉王が出演した、ケンタッキーのCMのモノマネを披露し、「あつまれーー!!」と闘莉王に似せた野太い声を張り上げると、岡田監督やチームメートらを初め、会見場はどっと大爆笑に包まれた。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見たキリンカップサッカー2008

    キリンカップ:4回(2007年、2008年、2009年、2011年)今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見たキリンカップサッカー

    キリンカップ:4回(2007年、2008年、2009年、2011年)今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見たAFCアジアカップ2015

    2015年、1月にオーストラリアで行われたAFCアジアカップ2015ではグループリーグのイラク戦で左太もものハムストリング肉離れで戦線離脱し、2月のキャンプには復帰するもまたも同じ左太ももを故障し2015年シーズン開幕に間に合わなかった。自身が離脱中、チームは公式戦2分3敗と低空飛行を続けるも、4月上旬に復帰しその後は安定したプレーを見せ、G大阪の復調を支えた。CS準決勝浦和戦では先制ゴールを決め決勝進出に貢献。決勝の広島戦では第1戦・第2戦共にセットプレーからゴールを決めるもいずれも勝利には結びつかず後一歩でリーグ連覇を逃した。天皇杯決勝浦和戦では試合開始早々に米倉恒貴が負傷交代したことで右サイドバックを務めることになり、勝ち越した後半は浦和の猛攻を受けるもこれを耐え抜き天皇杯連覇を達成した。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見た2014 FIFAワールドカップ・アジア3次予選

    2011年、FC東京のキャプテンに就任。J2最少失点となる堅守を築き、1年でのJ1復帰を達成。同年のJリーグアウォーズにてJ2 Most Exciting Playerの初代受賞者として表彰された。また、主将の大役を任されたことでチーム全体へ目を向け、原から指摘された「声」についても積極的になり、自身の殻を破る1年となった。天皇杯決勝の京都戦では、先制を許した直後に同点ゴールを決め、チームの天皇杯初優勝に貢献。代表では11月11日の2014 FIFAワールドカップ・アジア3次予選タジキスタン戦で国際Aマッチ初得点を記録した。今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

131件中 81 - 90件表示

「今野泰幸」のニューストピックワード