1 2 次へ
17件中 11 - 17件表示
  • 介助犬

    介助犬から見た日本

    日本ではまだ馴染みが薄いが、杖の代わりとなって起立を助けたり、手指の代わりとなって物を取ってきたり、ドアを開けたりするなど重要な補助が可能である。また、盲導犬・聴導犬・介助犬をあわせて身体障害者補助犬という。介助犬 フレッシュアイペディアより)

  • 介助犬

    介助犬から見たシンシア (介助犬)

    1999年2月に、シンシア(イエローのラブラドールレトリーバー、メス)が、介助犬として初めて国会(衆議院予算委員会)傍聴への同伴を許可され、1999年7月に「介助犬を推進する議員の会(会長:田中真紀子)」が設立され、国会において介助犬の法制化に向けた検討が始まる。その後、介助犬だけでなく、法制化の対象を盲導犬や聴導犬にも広げたことから、2002年2月に「身体障害者補助犬を推進する議員の会(会長:橋本龍太郎)」に名称が変更され、2002年5月に「身体障害者補助犬法」が成立する。介助犬 フレッシュアイペディアより)

  • 介助犬

    介助犬から見た身体障害者

    介助犬(かいじょけん)とは、身体障害者の為に生活のパートナーとなる犬である。介助犬 フレッシュアイペディアより)

  • 介助犬

    介助犬から見た公共施設

    日本においては、2003年に身体障害者補助犬法が完全施行され、公共施設への介助犬同伴の受け入れが義務化されている。にもかかわらず、受け入れを拒否したりする公共施設はまだまだ多く、理解は進んでいない状況である。介助犬 フレッシュアイペディアより)

  • 介助犬

    介助犬から見た身体障害者補助犬

    日本ではまだ馴染みが薄いが、杖の代わりとなって起立を助けたり、手指の代わりとなって物を取ってきたり、ドアを開けたりするなど重要な補助が可能である。また、盲導犬・聴導犬・介助犬をあわせて身体障害者補助犬という。介助犬 フレッシュアイペディアより)

  • 介助犬

    介助犬から見た

    日本ではまだ馴染みが薄いが、の代わりとなって起立を助けたり、手指の代わりとなって物を取ってきたり、ドアを開けたりするなど重要な補助が可能である。また、盲導犬・聴導犬・介助犬をあわせて身体障害者補助犬という。介助犬 フレッシュアイペディアより)

  • 介助犬

    介助犬から見た兵庫県

    また、2008年11月に兵庫県が実施した、身体障害者を対象とした職員採用試験で、女性受験者の一人が、介助犬同伴での受験を希望したのに対し、「犬アレルギーの受験者への配慮」などの理由で、同伴を拒否した事例も明らかになっている。介助犬 フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
17件中 11 - 17件表示