65件中 11 - 20件表示
  • グローバルスター

    グローバルスターから見たアルカテルアルカテル・ルーセント

    グローバルスター・プロジェクトは、ロラール社とクアルコム社のジョイントベンチャーとして始まった。ローラル社とクアルコム社は、自ら以外にアルカテル社、、、ヒュンダイ社、ボーダフォン社を含めた8社が出資に参加して、「グローバルスターLP.」を結成したことを発表した。この会社の形態は、アメリカ合衆国においてリミテッド・パートナーシップと呼ばれるものである。18億米ドルの資金をもとにして、1998年には衛星システムは稼働を始めるだろうとグローバルスター社は考えていた。グローバルスター フレッシュアイペディアより)

  • エリフ・トムソン

    エリフ・トムソンから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    1892年、同社がエジソン総合電気社と合併し、ゼネラル・エレクトリック社となった。トムソンの名は他にも、British Thomson-Houston Company (BTH)、フランスのトムソン社(現在はテクニカラー社と改称しているが、ブランドは残っている)やアルストム社の社名に残っている。トムソンが創業した会社は、イギリスのゼネラル・エレクトリック・カンパニー (GEC) の歴史や、フランスの Compagnie Générale d'Electricité(アルカテル・ルーセントの前身の1つ)の歴史にも関わっている。エリフ・トムソン フレッシュアイペディアより)

  • タレス・アレーニア・スペース

    タレス・アレーニア・スペースから見たアルカテルアルカテル・ルーセント

    タレス・アレーニア・スペース(、ターレ・アルニア・スパース)は、タレス・グループがアルカテル・アレーニア・スペース()と テレスパーツィオ()のアルカテルの出資分を買い取り、残りの出資者であるフィンメッカニカとの合弁で誕生した企業である。タレス・アレーニア・スペース フレッシュアイペディアより)

  • タレス・アレーニア・スペース

    タレス・アレーニア・スペースから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    アルカテル・アレーニア・スペースは、2005年6月1日にアルカテル・スペースとアレーニア・スパーツィオ の合併で誕生した企業であった。出資比率はアルカテル・ルーセントが67%、フィンメッカニカが33%を所有していた。合併によってヨーロッパ最大の人工衛星開発企業となった。多目的補給モジュールやコロンバスなど、国際宇宙ステーションの科学モジュールの構築も行っていた。タレス・アレーニア・スペース フレッシュアイペディアより)

  • マーカム (オンタリオ州)

    マーカム (オンタリオ州)から見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    現在はハイテク産業が多く集まっており、IBMやモトローラ、アルカテル・ルーセント、アップルコンピュータなどが入っている。その他、AMDの子会社ATIテクノロジーの本社もある。マーカム (オンタリオ州) フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン地下鉄1996形電車

    ロンドン地下鉄1996形電車から見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    1996形はヴィクトリア線、セントラル線と同様ウェスチングハウス社の自動列車制御装置を搭載できるよう設計されていたが、運用上の問題と、既存の信号系の改良に費用がかかることが判明したため、採用されなかった。これにかわり、ドックランズ・ライト・レールウェイ同様のアルカテル社製セルトラックシステムを設置する工事が2009年末目標で進められている。ジュビリー線での採用は本システムの大量輸送機関への初めての適用例となり、TBTC(Transmission-Based Train Control)と呼ばれる。この方式では安全性を犠牲にすることなく列車をより高速、高密度で運行することが可能になる移動閉塞方式が採用され、増発、輸送力増強が可能となる。ロンドン地下鉄1996形電車 フレッシュアイペディアより)

  • K56flex

    K56flexから見たアルカテルアルカテル・ルーセント

    K56flex は、ロックウェルとルーセントが開発したモデム用チップセットの規格であり、電話回線で 56 kビット/秒のデータ転送能力を発揮する。これは、ロックウェルの K56Plus とルーセントの V.Flex2 を統合したもので、USロボティクスの X2 とは似ているが互換性はない。ロックウェルとルーセントが実装したチップセットも非互換があり、本来のK56flexとは微妙に異なっていた。K56flex フレッシュアイペディアより)

  • ランニオン

    ランニオンから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    郡庁所在地で、トレゴル地方の中心地であり、都市圏では人口約6万人となる。中世の町並みが保存されており、夏季には観光客で賑わう。アルカテル・ルーセント、Orangeが電話通信業センターを設置し、SAGEMはここで操業している。ランニオン フレッシュアイペディアより)

  • ノーテルネットワークス

    ノーテルネットワークスから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    ノーテルネットワークス(英: Nortel Networks Corporation)は、電気通信装置製造の多国籍企業。キャリア・ネットワーク、メトロ・イーサネット・ネットワーク、エンタープライズ向けの通信機器企業としてシスコシステムズに次ぐシェアを2009年10月現在も維持している。本社はカナダのトロント。通称はノーテル (Nortel)。現在、企業債権者調整法に基づき、事業清算手続中。大事業はアルカテル・ルーセントに売却済み。ノーテルネットワークス フレッシュアイペディアより)

  • オーバム

    オーバムから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    オーバムは、現在までに多くの顧客企業と、長年に渡る関係を進展させている。主要顧客には、アルカテル・ルーセント、AT&T、ブリティッシュ・テレコム、ケーブル・アンド・ワイヤレス、シスコシステムズ、ドイツテレコム、富士通、ヒューレット・パッカード、IBM、マイクロソフト、テルストラ、ボーダフォン、NTTドコモ、KDDIがある。オーバム フレッシュアイペディアより)

65件中 11 - 20件表示