45件中 11 - 20件表示
  • フィンメッカニカ

    フィンメッカニカから見たアルカテルアルカテル・ルーセント

    タレス・アレーニア・スペース (33%、残りの67%をタレスが保有) 旧アレーニア・スパーツィオおよびアルカテル・アレーニア・スペース。フィンメッカニカ フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン地下鉄1996形電車

    ロンドン地下鉄1996形電車から見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    1996形はヴィクトリア線、セントラル線と同様ウェスチングハウス社の自動列車制御装置を搭載できるよう設計されていたが、運用上の問題と、既存の信号系の改良に費用がかかることが判明したため、採用されなかった。これにかわり、ドックランズ・ライト・レールウェイ同様のアルカテル社製セルトラックシステムを設置する工事が2009年末目標で進められている。ジュビリー線での採用は本システムの大量輸送機関への初めての適用例となり、TBTC(Transmission-Based Train Control)と呼ばれる。この方式では安全性を犠牲にすることなく列車をより高速、高密度で運行することが可能になる移動閉塞方式が採用され、増発、輸送力増強が可能となる。ロンドン地下鉄1996形電車 フレッシュアイペディアより)

  • ネクサンス

    ネクサンスから見たアルカテルアルカテル・ルーセント

    2000年 - アルカテルより分離、ネクサンス設立ネクサンス フレッシュアイペディアより)

  • オーバム

    オーバムから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    オーバムは、現在までに多くの顧客企業と、長年に渡る関係を進展させている。主要顧客には、アルカテル・ルーセント、AT&T、ブリティッシュ・テレコム、ケーブル・アンド・ワイヤレス、シスコシステムズ、ドイツテレコム、富士通、ヒューレット・パッカード、IBM、マイクロソフト、テルストラ、ボーダフォン、NTTドコモ、KDDIがある。オーバム フレッシュアイペディアより)

  • DVB-H

    DVB-Hから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    フランスの産業技術革新庁は、アルカテル・ルーセントが主導するTVMSL(DVB-SH 規格開発を推進しているプロジェクト)を通して資金援助を行っている。TVMSLには他にSAGEM、アレーニア・アエロナウティカ、RFS、フィリップス、DiBcom、TeamCast、UDcast、CNRS、INRIA、フランス原子力庁などが参加している。DVB-H フレッシュアイペディアより)

  • アンガマン・バス

    アンガマン・バスから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    1993年、UBネットワークス株式会社(英文社名:UB Networks k.k.)に社名変更したが、1997年、アメリカ UB Networks, Inc.がフランスの通信システム・装置メーカー、Alcatel(現Alcatel-Lucent)による買収に伴い、日本法人は清算され、解散した。アンガマン・バス フレッシュアイペディアより)

  • ロシアにおける携帯電話

    ロシアにおける携帯電話から見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    3Gなどの新しい技術については、海外の企業に依存することが多い。 例えば、2009年にMegaFonは3Gネットワークの構築パートナーとしてノキア・ジーメンス・ネットワーク (NSN) を選び、NSN、華為技術 (Huawei)、アルカテル・ルーセント、エリクソン、 中興通訊 (ZTE) が共同で3Gへの2010年までの移行について行うことを発表している。ロシアにおける携帯電話 フレッシュアイペディアより)

  • マーカム (オンタリオ州)

    マーカム (オンタリオ州)から見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    現在はハイテク産業が多く集まっており、IBMやモトローラ、アルカテル・ルーセント、アップルコンピュータなどが入っている。その他、AMDの子会社ATIテクノロジーの本社もある。マーカム (オンタリオ州) フレッシュアイペディアより)

  • 岩垂邦彦

    岩垂邦彦から見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    1895年(明治28年)、ウェスタン・エレクトリック(AT&Tテクノロジーからルーセント・テクノロジーズを経て現・アルカテル・ルーセント)の販売代理権を得て営業代理に配属。これを期に岩垂とウェスタン・エレクトロニック社とパートナーシップを結ぶことになった。1898年(明治31年)3月、ウェスタン・エレクトリックは、沖電機工場(現・沖電気工業)に合弁会社の設立を申し入れ、日本での代理人であった岩垂は、沖牙太郎の申し出により仲介者として交渉に当たったが、条件が折り合わずに交渉は不成立となる。決裂理由として沖が技術国産主義に拘ったなどの説がある。これを受け、岩垂は自ら会社を興して合弁の受け皿とすることを申し出て新会社が同年8月に発足した。その翌年、日本及び欧米諸国間の条約が改正されて合弁会社設立へとなり、1899年(明治32年)7月17日に日本電気株式会社を設立、取締役専務に就任した。岩垂邦彦 フレッシュアイペディアより)

  • TCL集団

    TCL集団から見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    アナリストによると、競合メーカーがTCLとの合弁や投資に積極的であった。東芝、金山軟件有限公司、アルカテル・ルーセント、ペンテル、シュナイダーなどが挙げられる。2004年8月にTCL移動通信有限公司とアルカテル・ルーセントは共同出資の携帯電話事業会社(TCL & Alcatel Mobile Phones Limited (TAMP))を深圳市に設立し(出資比率TCL55%、アルカテル・ルーセント45%)、2005年5月には10年間のライセンス契約と、TAMPがTCLの100%出資となる契約が結ばれた。TCL集団 フレッシュアイペディアより)

45件中 11 - 20件表示

「仏アルカテル・ルーセント」のニューストピックワード