65件中 21 - 30件表示
  • エイコーン・コンピュータ

    エイコーン・コンピュータから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    セットトップボックス部門はMSDWによって Pace Micro Technology に20万ポンドで売却され、Pace は1999年7月26日に RISC OS の権利を得た。 Stan Boland を中心としたエイコーン経営陣はMSDWから Element 14 部門を150万ポンドで買い戻した。その後 Element 14 はいくつかのベンチャーキャピタルから825万ポンドを集め、運営が続けられた。同社はアルカテルのDSL技術者をヘッドハンティングすることに成功した。その後、Element 14 はブロードコムによって2000年11月に3億6600万ポンドで買収された。エイコーン・コンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • ロシアにおける携帯電話

    ロシアにおける携帯電話から見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    3Gなどの新しい技術については、海外の企業に依存することが多い。 例えば、2009年にMegaFonは3Gネットワークの構築パートナーとしてノキア・ジーメンス・ネットワーク (NSN) を選び、NSN、華為技術 (Huawei)、アルカテル・ルーセント、エリクソン、 中興通訊 (ZTE) が共同で3Gへの2010年までの移行について行うことを発表している。ロシアにおける携帯電話 フレッシュアイペディアより)

  • OpenFlow

    OpenFlowから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    多くのネットワーク・スイッチやルーターのベンダーは、OpenFlowをサポートするスイッチを開発すると発表した。例えば、アルカテル・ルーセント、:en:Big Switch Networks、ブロケード コミュニケーションズ システムズ、:en:Radisys、:en:Arista Networks、Pica8、NoviFlow、華為技術、シスコシステムズ、フォーステンネットワークス、エクストリーム・ネットワークス、IBM、ジュニパーネットワークス、:en:Digisol、:en:Larch Networks、ヒューレット・パッカード、NEC、そして:en:MikroTikなどである。このプロトコルは、ネットワーク・コントロール・プレーン (en) の幾つかの実装において、ネットワーク・フォワーディング要素を管理するために採用されている。OpenFlowは、主にセキュリティの高いチャンネルにおいてスイッチとコントローラの間に使用されている。OpenFlow関連製品の情報は以下のウェブサイトで読むことができる:ONF website、SDNCentral website。OpenFlow フレッシュアイペディアより)

  • DVB-H

    DVB-Hから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    フランスの産業技術革新庁は、アルカテル・ルーセントが主導するTVMSL(DVB-SH 規格開発を推進しているプロジェクト)を通して資金援助を行っている。TVMSLには他にSAGEM、アレーニア・アエロナウティカ、RFS、フィリップス、DiBcom、TeamCast、UDcast、CNRS、INRIA、フランス原子力庁などが参加している。DVB-H フレッシュアイペディアより)

  • PMC-Sierra

    PMC-Sierraから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    PMC-Sierraの顧客には以下の企業が含まれる:HP、EMC、Huawei、Cisco、Alcatel-Lucent、富士通、日立、三菱、ZTE、Juniper。PMC-Sierra フレッシュアイペディアより)

  • ウインド・モバイル

    ウインド・モバイルから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    またウインドはカナダで初めてアルカテル・ルーセント製端末を販売しており、Alcatel TribeとAlcatel One Touch 908sをかつて販売していた。ファーウェイ製端末もカナダで初めてかつ独占的に販売し続けている。ウインド・モバイル フレッシュアイペディアより)

  • SolidDB

    SolidDBから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    歴史的には組み込み用のデータベースとして、通信機器、ネットワークソフトウェアなどで使われた。solidDBのユーザー企業には、アルカテル・ルーセント、シスコシステムズ、EMCコーポレーション、ヒューレット・パッカード、ノキア、シーメンスAGなどがある。SolidDB フレッシュアイペディアより)

  • PDP-11

    PDP-11から見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    これにより、PDP-11は特注の周辺機器の制御を得意とした。アルカテル・ルーセントの前身の1つである Bell Telephone Manufacturing Company が開発したX.25ネットワーク・パケット交換機 BTMC DPS-1500 は管理システムとしてPDP-11と組み合わせて配備され、Unibus経由で直接接続されていた。PDP-11 フレッシュアイペディアより)

  • Common Address Redundancy Protocol

    Common Address Redundancy Protocolから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    シスコはOpenBSDの開発者達にHSRPの特許を施行することを知らせた。これはアルカテルとの訴訟が関連している可能性がある。したがって、VRRPのフリーな実装を作れなかった。OpenBSDの開発者は、「合理的かつ非差別的」ライセンスの条項は必ずオープンソースでの実装を除外するものとして、特許を取得したVRRPの代わりとしてCARPを作り始めた。HSRPの特許に抵触しないように、彼らは、CARPのアイデアを根本的に異なるようにしてアイデアを守った。OpenBSDのセキュリティに焦点をあてた開発の為に、CARPはセキュリティを考慮して暗号化の技術を取り入れられて設計された。2003年10月に、完全に特許フリーな形で利用可能になった。2005年5月には、FreeBSD5.4でFreeBSDに統合されて最初にリリースされた。以降、NetBSDに統合された。Common Address Redundancy Protocol フレッシュアイペディアより)

  • ドイツの高速鉄道路線

    ドイツの高速鉄道路線から見たアルカテルアルカテル・ルーセント

    1992年より「ドイツ統一高速交通計画」の一環として160km/hまで最高速度が引き上げられたが、さらに200km/h運転を目指して改良が行われている。ベルリン(Ludwigsfelde) - ユーターボク(Jüterbog) でアルカテル社の AlTrac/ETCS の試験が行われ、ETCS の本格採用が決まった。ユーターボク - ハレ / ライプツィヒ にも ECTS Level2 が設置され、現在200km/h運転に向けた試験を行っている。ベルリン - ハレが56分、ベルリン - ライプツィヒが59分まで短縮される予定。15億ユーロの建設費が見込まれている。ドイツの高速鉄道路線 フレッシュアイペディアより)

65件中 21 - 30件表示