65件中 31 - 40件表示
  • オランダ南高速線

    オランダ南高速線から見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    2009年12月13日の冬ダイヤ改正時より、アムステルダムからブリュッセル、パリへ向う高速列車タリスがHSL-Zuid経由に変更され、大幅な所要時間の短縮となった。当路線はシーメンスとアルカテル・ルーセントが供給した最高水準の列車保安装置であるETCS 2.3.0を利用するのが特徴である。オランダ南高速線 フレッシュアイペディアより)

  • ミューチュアル・ファンド

    ミューチュアル・ファンドから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    1986年内国歳入法401(k) 条項は、1980年代に拡大解釈されて、従業員が課税前の所得から資金を拠出できる年金プランが生み出された。1974年のエリサ法(従業員退職所得保障法)で確定給付年金への規制が強まったこともあり、確定拠出年金の増加を促した。1999年6月30日時点で401k残高の高い企業は、256億ドルのゼネラル・エレクトリック、200億ドルのルーセント・テクノロジー、同じく200億ドルのIBM である。確定拠出型年金の加入者数は、1999年でフィデリティ・インベストメンツが620万で、メリルリンチの350万に差をつけた。ミューチュアル・ファンド フレッシュアイペディアより)

  • プレイノ

    プレイノから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    ダラス・フォートワース複合都市圏に位置し、Electronic Data Systems、J.C.ペニー、フリトレー、シネマーク・シアターズ、ドクターペッパーなどの有力企業本社やアルカテル・ルーセントの研究開発センターなどがある。また、カリフォルニアに本社を構えていた北米トヨタの本社も2017年にプレイノに移転している。半導体・通信などのアメリカおよび多国籍企業など。が多数進出している地区は“テレコム回廊”とも呼ばれる。プレイノ フレッシュアイペディアより)

  • 岩垂邦彦

    岩垂邦彦から見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    1895年(明治28年)、ウェスタン・エレクトリック(AT&Tテクノロジーからルーセント・テクノロジーズを経て現・アルカテル・ルーセント)の販売代理権を得て営業代理に配属。これを期に岩垂とウェスタン・エレクトロニック社とパートナーシップを結ぶことになった。1898年(明治31年)3月、ウェスタン・エレクトリックは、沖電機工場(現・沖電気工業)に合弁会社の設立を申し入れ、日本での代理人であった岩垂は、沖牙太郎の申し出により仲介者として交渉に当たったが、条件が折り合わずに交渉は不成立となる。決裂理由として沖が技術国産主義に拘ったなどの説がある。これを受け、岩垂は自ら会社を興して合弁の受け皿とすることを申し出て新会社が同年8月に発足した。この際、岩垂は経営不振に陥っていた三吉正一の三吉電機工場を買収し、これが本社工場となった。その翌年、日本及び欧米諸国間の条約が改正されて合弁会社設立へとなり、1899年(明治32年)7月17日に日本電気株式会社を設立、取締役専務に就任した。岩垂邦彦 フレッシュアイペディアより)

  • ネオフォトニクス

    ネオフォトニクスから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    2006年には、米国特許が128、米国外特許が100を超えた。??主要な取引先は、シスコおよびAlcatel-Lucent社である。ネオフォトニクス フレッシュアイペディアより)

  • ウースター工科大学

    ウースター工科大学から見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    ドン・ピーターソン (1971年卒業) - 元アルカテル・ルーセント CEOでアバイアの創業者。ウースター工科大学 フレッシュアイペディアより)

  • Cisco Certified Internetwork Expert

    Cisco Certified Internetwork Expertから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    アルカテル・ルーセント - Service Routing Architect(SRA)Cisco Certified Internetwork Expert フレッシュアイペディアより)

  • プロスト・グランプリ

    プロスト・グランプリから見たアルカテルアルカテル・ルーセント

    プジョーとの提携、およびリジェからのチーム名変更は、プロスト本人よりも政界や出資者の意向だったとされる。名称変更には全チームの承認が必要とされたが、プジョーエンジンを失う可能性があるジョーダンが反対したため、参戦決定までが難航した。1997年2月14日に「プロスト・グランプリ」の発足が正式発表され、あわせて1998年より3年間契約でプジョーエンジンの供給を受けることがアナウンスされた。リジェ時代から続くゴロワーズタバコのほか、アルカテルやCanal+、ビックなどのフランス系企業ともスポンサー契約が結ばれた。プロスト・グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 海底ケーブル

    海底ケーブルから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    2003年 - 2013年時点で供給シェアの半分近くをアルカテル・ルーセントが占めている。その企業系譜はシーメンスとガタパーチャまでさかのぼる。かつてAT&T のケーブル部門であった TE SubCom が2位で3割。NECが12%を生産している。一方、光ファイバーケーブルへの投資は2001年がピークであった。他に華為技術やタイコも主要メーカーである。海底ケーブル フレッシュアイペディアより)

  • アンガマン・バス

    アンガマン・バスから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    1993年、UBネットワークス株式会社(英文社名:UB Networks k.k.)に社名変更したが、1997年、アメリカ UB Networks, Inc.がフランスの通信システム・装置メーカー、Alcatel(現Alcatel-Lucent)による買収に伴い、日本法人は清算され、解散した。アンガマン・バス フレッシュアイペディアより)

65件中 31 - 40件表示