45件中 31 - 40件表示
  • タレス・アレーニア・スペース

    タレス・アレーニア・スペースから見たアルカテルアルカテル・ルーセント

    タレス・アレーニア・スペース(、ターレ・アルニア・スパース)は、タレス・グループがアルカテル・アレーニア・スペース()と テレスパーツィオ()のアルカテルの出資分を買い取り、残りの出資者であるフィンメッカニカとの合弁で誕生した企業である。タレス・アレーニア・スペース フレッシュアイペディアより)

  • タレス・アレーニア・スペース

    タレス・アレーニア・スペースから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    アルカテル・アレーニア・スペースは、2005年6月1日にアルカテル・スペースとアレーニア・スパーツィオ の合併で誕生した企業であった。出資比率はアルカテル・ルーセントが67%、フィンメッカニカが33%を所有していた。合併によってヨーロッパ最大の人工衛星開発企業となった。多目的補給モジュールやコロンバスなど、国際宇宙ステーションの科学モジュールの構築も行っていた。タレス・アレーニア・スペース フレッシュアイペディアより)

  • PDP-11

    PDP-11から見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    これにより、PDP-11は特注の周辺機器の制御を得意とした。アルカテル・ルーセントの前身の1つである Bell Telephone Manufacturing Company が開発したX.25ネットワーク・パケット交換機 BTMC DPS-1500 は管理システムとしてPDP-11と組み合わせて配備され、Unibus経由で直接接続されていた。PDP-11 フレッシュアイペディアより)

  • STマイクロエレクトロニクス

    STマイクロエレクトロニクスから見たアルカテルアルカテル・ルーセント

    2002年、ベルギーのアルカテル(イギリスの中小企業とともに、STの無線LAN分野への進出を支援していた企業)のマイクロエレクトロニクス事業を買収。STマイクロエレクトロニクス フレッシュアイペディアより)

  • アバイア

    アバイアから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    アバイア(英語:Avaya Inc.)は、アメリカ合衆国の通信、ネットワーク機器メーカーである。本社はニュージャージー州バスキングリッジ。2000年にルーセント・テクノロジー(現:アルカテル・ルーセント)からのスピンオフにより誕生した。アバイア フレッシュアイペディアより)

  • ランニオン

    ランニオンから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    郡庁所在地で、トレゴル地方の中心地であり、都市圏では人口約6万人となる。中世の町並みが保存されており、夏季には観光客で賑わう。アルカテル・ルーセント、フランステレコムが電話通信業センターを設置し、SAGEMはここで操業している。ランニオン フレッシュアイペディアより)

  • フリーソフトウェア財団

    フリーソフトウェア財団から見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    2010年5月2日、ZDNetのエド・ボット(Ed Bott)は、FSFはPlayOgg運動の最初の時点でいくつか事実誤認しており、彼らは誤った情報を故意に得ようとしていた上でプロプライエタリ・フォーマットの作成元を非難した、というFSFを批判する記事を同サイトにて公開した。FSFは運動の一環として、MP3に関する訴訟であるの結果、裁判所が被告のマイクロソフトに原告のアルカテル・ルーセントへの15億ドルの支払いを命じた件について言及したが、エドはこれが「真っ赤な嘘」であると主張した。なぜなら、マイクロソフトの特許権侵害が裁判で認定され、侵害に対する損害賠償を命じられたのは事実だが、のちにこの命令が覆されたことをFSFは述べていなかったからである。またエドは、FSFがRealPlayer、Windows Media PlayerそしてiTunesといったメディアプレーヤーをターゲットに「フォーマット批判」を根拠なく主張したこと(FSFはこれらプレーヤーが専用のプロプライエタリなフォーマット、例えばWMPならばWMA、をユーザに強制しようとしているという誤った主張をした)について、FUDであると非難した。加えて、RealPlayer、iTunesそしてWMPのプライバシー侵害に関する問題が広く報告されているにもかかわらず、彼はこのようなソフトウェアがユーザを覗き見しているというFSFの主張については「純然たるFUD」であると述べ、「根拠無き相当酷い言い掛かり」であると述べた。フリーソフトウェア財団 フレッシュアイペディアより)

  • AT&T

    AT&Tから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    1996年には、機材製造・研究開発部門のAT&Tテクノロジーズをルーセント・テクノロジーズ(現アルカテル・ルーセント)としてスピンオフ。また、1991年に買収したNCR(買収後にAT&Tグローバル・インフォメーション・ソリューションズに改称)も、1997年にNCRとしてスピンオフした。AT&T フレッシュアイペディアより)

  • タレス・グループ

    タレス・グループから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    アルカテル・ルーセント(Alcatel-Lucent)社: 21.6%タレス・グループ フレッシュアイペディアより)

  • テレデシック

    テレデシックから見たアルカテルアルカテル・ルーセント

    通信衛星を用いてインターネットをサービスする同様な計画としては米モトローラ社が計画していたCelestri、仏アルカテル社が計画していたSkyBridge等があるがCelestriは早々に計画が中止され、またSkyBridgeもイリジウム事業失敗の後、立ち消えとなった。テレデシック フレッシュアイペディアより)

45件中 31 - 40件表示

「仏アルカテル・ルーセント」のニューストピックワード