65件中 41 - 50件表示
  • 1990年以後の企業の買収・合併の実績

    1990年以後の企業の買収・合併の実績から見たアルカテルアルカテル・ルーセント

    2006年、衛星事業をアルカテルから買収。1990年以後の企業の買収・合併の実績 フレッシュアイペディアより)

  • ウェスタン・エレクトリック

    ウェスタン・エレクトリックから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    1995年、AT&TはAT&Tテクノロジーをルーセント・テクノロジーに改称し、スピンオフに備えた。この時点でウェスタン・エレクトリックは終焉を迎えた。電話線のプラグの刻印も「」に変わった。1996年にはルーセントが独立し、残った資産はアドバンスト・アメリカン・テレフォンズ ()、アジェレ・システムズ ()、アバイア、コンシューマ・フォン・サービシーズ () に売却された。ルーセント自体もアルカテルと合併してアルカテル・ルーセントとなった。ウェスタン・エレクトリック フレッシュアイペディアより)

  • TCL集団

    TCL集団から見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    アナリストによると、競合メーカーがTCLとの合弁や投資に積極的であった。東芝、金山軟件有限公司、アルカテル・ルーセント、ペンテル、シュナイダーなどが挙げられる。2004年8月にTCL移動通信有限公司とアルカテル・ルーセントは共同出資の携帯電話事業会社(TCL & Alcatel Mobile Phones Limited (TAMP))を深圳市に設立し(出資比率TCL55%、アルカテル・ルーセント45%)、2005年5月には10年間のライセンス契約と、TAMPがTCLの100%出資となる契約が結ばれた。TCL集団 フレッシュアイペディアより)

  • バート・アーロルゼン

    バート・アーロルゼンから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    Superior Essex Inc. (USA), 銅製巻き線の製造および塗装を行う工場で、1992年にアルカテル社が経営を引き継いだ。バート・アーロルゼン フレッシュアイペディアより)

  • フリーソフトウェア財団

    フリーソフトウェア財団から見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    2010年5月2日、ZDNetのエド・ボット(Ed Bott)は、FSFはPlayOgg運動の最初の時点でいくつか事実誤認しており、彼らは誤った情報を故意に得ようとしていた上でプロプライエタリ・フォーマットの作成元を非難した、というFSFを批判する記事を同サイトにて公開した。FSFは運動の一環として、MP3に関する訴訟であるの結果、裁判所が被告のマイクロソフトに原告のアルカテル・ルーセントへの15億ドルの支払いを命じた件について言及したが、エドはこれが「真っ赤な嘘」であると主張した。なぜなら、マイクロソフトの特許権侵害が裁判で認定され、侵害に対する損害賠償を命じられたのは事実だが、のちにこの裁判が覆されたことをFSFは述べていなかったからである。またエドは、FSFがRealPlayer、Windows Media PlayerそしてiTunesといったメディアプレーヤーをターゲットに「フォーマット批判」を根拠なく主張したこと(FSFはこれらプレーヤーが専用のプロプライエタリなフォーマット、例えばWMPならばWMA、をユーザに強制しようとしているという誤った主張をした)について、FUDであると非難した。加えて、RealPlayer、iTunesそしてWMPのプライバシー侵害に関する問題が広く報告されているにもかかわらず、彼はこのようなソフトウェアがユーザを覗き見しているというFSFの主張については「純然たるFUD」であると述べ、「根拠無き相当酷い言い掛かり」であると述べた。フリーソフトウェア財団 フレッシュアイペディアより)

  • AEG

    AEGから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    1985年、AEGがダイムラー・ベンツに買収された。これはドイツ銀行の勢力下に移ったことを示す大事件であり、ドイツ経済の再編成とも評された。しかしドイツ銀行が1989年にモルガン・グレンフェルを買収したことを考えると、AEG買収は同社のアーリア化でもドイツ資本化でもなく、ドイツ経済がドイツ銀行という根幹から米仏資本として再編成されるプロセスだったということになる。同1989年からダイムラーごとAEGは解体されていった。1992年アトラスコプコがAEGの電機部門を買収した。同年アルカテル=アルストムがAEGのケーブル部門(AEG Kabel)を買収し、ドイツ政府が欧州委員会に抗議する国際紛争に発展した。1994年、シュナイダーエレクトリックがオートメーション部門を、エレクトロラックスが家電部門をそれぞれ買収した。AEG フレッシュアイペディアより)

  • フランソワーズ・サガン

    フランソワーズ・サガンから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    ロット県フィジャック近郊で生まれた。父親は大手電気会社 Compagnie Générale d'Électricité(CGE、のちアルカテル・ルーセント)の重役、母親は地主である、動物らに囲まれたブルジョワ家庭で育った。彼女のニックネームは"Kiki(キキ)"だった。一家は第二次世界大戦の間(1939年 - 1945年)、初期にリヨン、それからドーフィネ地方ヴェルコール(fr)に移り住んだ。フランソワーズ・サガン フレッシュアイペディアより)

  • シャルル・ド・ゴール

    シャルル・ド・ゴールから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    ド・ゴール没後もゴーリスト(ド・ゴール主義者、ド・ゴール派)はジョルジュ・ポンピドゥー率いる共和国民主連合に結集して議会内最大会派となり、ヴァレリー・ジスカール・デスタンやフランソワ・ミッテランといった非ゴーリズム政権下においても共和国連合として議会に大勢力を維持し続け、ジャック・シラクの元で再び政権を握った。エンジニアのアンブロワーズ(Ambroise Roux)はド・ゴールの政府でキャリアを積み、アルカテル・ルーセントの前身CGEを経営しながらフランスの資本主義を動かした。彼の母はサノフィ創設者の一人であった。彼自身も金融家としてパリバやジェネラル・デ・ゾーなどの重役となった。シャルル・ド・ゴール フレッシュアイペディアより)

  • アバイア

    アバイアから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    アバイア(英語:Avaya Inc.)は、アメリカ合衆国の通信、ネットワーク機器メーカーである。本社はカリフォルニア州サンタクララ。2000年にルーセント・テクノロジー(現:アルカテル・ルーセント)からのスピンオフにより誕生した。アバイア フレッシュアイペディアより)

  • 浦東新区

    浦東新区から見たアルカテルアルカテル・ルーセント

    張江ハイテクパーク バイオ、医学、電子など研究開発型企業の団地で、フランスのアルカテル、ヴァレオ、日本からは協和発酵キリン、第一三共などが進出。浦東新区 フレッシュアイペディアより)

65件中 41 - 50件表示