1 2 3 4 5 次へ
45件中 41 - 45件表示
  • ニュルンベルク

    ニュルンベルクから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    ニュルンベルクの工業都市としての重要性は、その品質の高さからヨーロッパ全土でその製品が評価された中世の伝統に根ざしている。このことから、「Nürnberger Tand geht in alle Land」(「ニュルンベルクのガラクタは世間で通用する」)という成句が生まれた。現在でも、ある種の分野では最先端の能力を有している。ニュルンベルクは、特に情報・コミュニケーション、エネルギー・電力供給、交通・流通といった分野ではヨーロッパで最先端にある。また、印刷の分野においてはハンブルクを凌ぐドイツ最大の印刷の街である。市の北部にあるアルカテル・ルーセントの「オプティカル・センター・オブ・エクセレンス」は、同社のアメリカ合衆国外最大の研究センターである。ニュルンベルク フレッシュアイペディアより)

  • ジュニパーネットワークス

    ジュニパーネットワークスから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    通信キャリア向けルーター市場で、シスコ・システムズ、アルカテル・ルーセントに次ぐシェアを持つ。ジュニパーネットワークス フレッシュアイペディアより)

  • AirMac

    AirMacから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    グラファイトとして知られる初代AirMacベースステーションは、モデムポートおよびイーサネットポートを1つ備えている。これはルーセント社製WaveLan PC Cardをベースにしており、組み込み型486プロセッサが使われていた。1999年7月21日に発売された。AirMac フレッシュアイペディアより)

  • 日本電気

    日本電気から見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    1899年(明治32年)7月17日設立。岩垂邦彦と米国ウェスタン・エレクトリック(現在のアルカテル・ルーセントの前身)が54%を出資する日米合弁会社であった。ウェスタン・エレクトリックは当初沖電機工場(現・沖電気工業)を合弁先に交渉したが、沖電機工場の沖牙太郎との間で条件がまとまらず成立しなかった。このため、ウェスタン・エレクトリックの代理人として交渉に当たっていた岩垂が自ら会社を興して提携相手となった。これは日本最初の合弁企業の事例とされる(1992年まで使用されていたNECロゴの字体はウ社の当時のロゴに由来している)。日本電気 フレッシュアイペディアより)

  • 浦東新区

    浦東新区から見たアルカテルアルカテル・ルーセント

    張江ハイテクパーク バイオ、医学、電子など研究開発型企業の団地で、フランスのアルカテル、日本からは麒麟薬業、三共製薬が進出。浦東新区 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
45件中 41 - 45件表示