65件中 51 - 60件表示
  • STマイクロエレクトロニクス

    STマイクロエレクトロニクスから見たアルカテルアルカテル・ルーセント

    2002年、ベルギーのアルカテル(イギリスの中小企業とともに、STの無線LAN分野への進出を支援していた企業)のマイクロエレクトロニクス事業を買収。STマイクロエレクトロニクス フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・ギジェルモ・ソリス

    ルイス・ギジェルモ・ソリスから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    2002年、ソリスはロランド・ゴンサレス・ウジョアの後を継いでPLNの幹事長となった。しかし翌年には、アルカテル・ルーセントの汚職事件に多くのPLN首脳陣が関与していたことに失望したと表明して辞任した。2005年に党内で選挙が行われた際には、多くの元PLN党員とともに同党の不正行為や汚職を非難した。ソリスはPLNの指導部を「ナポレオン的」「反民主主義的」と呼ぶまでになった。そしてPLNから正式に離党し、学界に戻った。ルイス・ギジェルモ・ソリス フレッシュアイペディアより)

  • ニュージャージー州

    ニュージャージー州から見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    ニュージャージー州は科学分野の経済が強い。ジョンソン・エンド・ジョンソン、サノフィ・アベンティス、ノバルティス、ファイザー、メルク・アンド・カンパニー、エフ・ホフマン・ラ・ロシュ、ブリストル・マイヤーズ スクイブなど大手薬品メーカーがある。ベライゾン・ワイヤレス、アバイア、アルカテル・ルーセント、AT&Tコミュニケーションズなど大手通信会社もある。さらに大勢の教育水準の高い労働力を惹きつけており、今日ある多様な産業を支えている。ニュージャージー州 フレッシュアイペディアより)

  • ニュルンベルク

    ニュルンベルクから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    ニュルンベルクの工業都市としての重要性は、その品質の高さからヨーロッパ全土でその製品が評価された中世の伝統に根ざしている。このことから、「Nürnberger Tand geht in alle Land」(「ニュルンベルクのガラクタは世間で通用する」)という成句が生まれた。現在でも、ある種の分野では最先端の能力を有している。ニュルンベルクは、特に情報・コミュニケーション、エネルギー・電力供給、交通・流通といった分野ではヨーロッパで最先端にある。また、印刷の分野においてはハンブルクを凌ぐドイツ最大の印刷の街である。市の北部にあるアルカテル・ルーセントの「オプティカル・センター・オブ・エクセレンス」は、同社のアメリカ合衆国外最大の研究センターである。ニュルンベルク フレッシュアイペディアより)

  • ペタク・チクヴァ

    ペタク・チクヴァから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    イスラエルではハイファに次いで2番目に大きい産業を誇っている。主な産業はタイヤ、ゴム製品、金属、木工、石鹸、プラスチック、加工食品、織物である。多くの通信企業の基盤としてハイファは高い評価を得ており、イスラエル最大となるデータセンターが存在、ハイテク企業も多くインテル、オラクル、グラクソ・スミスクライン、IBM、アルカテル・ルーセントなどがイスラエル法人の本社を置いている。ペタク・チクヴァ フレッシュアイペディアより)

  • AirMac

    AirMacから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    グラファイトとして知られる初代AirMacベースステーションは、モデムポートおよびイーサネットポートを1つ備えている。これはルーセント製WaveLan PC Cardをベースにしており、組み込み型486プロセッサが使われていた。1999年7月21日に発売された。AirMac フレッシュアイペディアより)

  • 合弁事業

    合弁事業から見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    元々は岩垂邦彦がアメリカのウェスタン・エレクトリック(現・アルカテル・ルーセント)との合弁により設立した電機メーカー。日本初の合弁企業であり外資系企業でもある。合弁事業 フレッシュアイペディアより)

  • 金盾

    金盾から見たアルカテルアルカテル・ルーセント

    このシステムの開発、運用には多くの多国籍企業が関わっている。Cisco(シスコ)、モトローラ、オラクル(当時はサン・マイクロシステムズ)、アルカテル(当時はノーテルネットワークス)、Oath(オース)(当時はAOL)、マカフィー(当時はネットワークアソシエイツ)、マイクロソフトなどの、アメリカ国家安全保障局と関係の深いアメリカ合衆国のIT大手企業の名前が挙がっており、実際のエシュロンなどシギント開発の技術が応用されたとされる。現在は米国内でも問題となっている。金盾 フレッシュアイペディアより)

  • ペリエ (ミネラルウォーター)

    ペリエ (ミネラルウォーター)から見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    買収劇でアニェリ側の結束が乱れていたといわれている。アニェリグループは三方面で仏蘭西市場への投資活動を強化していた。まずフィアットがアルカテル・アルストムに6%参加していた。次にトリノのIFILがラザードやヴォルムと金融コネクションを編み上げていた。そしてルクセンブルクのIFINTはクラブメッドなどに参加していた。これら三方面のうちルクセンブルクのIFINTだけが、フランス市場へ参入するにあたり電撃戦で臨もうとしていた。ペリエ (ミネラルウォーター) フレッシュアイペディアより)

  • シュナイダーエレクトリック

    シュナイダーエレクトリックから見たアルカテル・ルーセントアルカテル・ルーセント

    代表者の執行役会長は、ジャン=パスカル・トリコワ(Jean-Pascal Tricoire)。彼は1985年にアルカテルでキャリアをスタートし、のちにシュルンベルジェに移り、それからサンゴバンで活躍した。その次にメランジェラン(Merlin Gerin)という電気会社に入り、それがシュナイダーに買収されて、ジャンは1988年から1999年に帰国するまでシュナイダーの渉外を担当した。シュナイダーエレクトリック フレッシュアイペディアより)

65件中 51 - 60件表示