前へ 1 2 3
25件中 1 - 10件表示
  • 林弘樹

    林弘樹から見たサノフィアベンティスサノフィ

    優しい眠りの物語(2009年、サノフィアベンティス、全3話)林弘樹 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄薬品

    沖縄薬品から見たサノフィアベンティスサノフィ

    塩野義製薬・藤沢薬品・明治製菓・小野薬品・森下製薬・日本シエーリング(現在はバイエル薬品)・中村滝製薬・参天製薬・フナイ薬品・扶桑薬品工業・日本臓器・山口医療器・黒石製薬・長岡駆虫剤・鈴木日本堂・島津製作所の総代理店となる。沖縄薬品 フレッシュアイペディアより)

  • ヘキスト (化学メーカー)

    ヘキスト (化学メーカー)から見たサノフィ・アベンティスサノフィ

    ヘキスト (Hoechst AG) はかつてドイツに本拠を置いた総合化学企業で、世界有数の製薬会社でもあった。1910年、世界で最初の梅毒に対する特効薬である砒素化合物製剤をサルバルサン(ラテン語でSalvareは「救う」の意味)と名付け製造販売した。現在は合併によりサノフィ・アベンティスに吸収されている。現在でもヘキストの名のついた製品(染色試薬の「ヘキスト33258」など)がある。なお窯業のヘキスト陶磁器工房とは創業地が同じであるが、直接の関係はない。  ヘキスト (化学メーカー) フレッシュアイペディアより)

  • メガ・ファーマ

    メガ・ファーマから見たサノフィ・アベンティスサノフィ

    この定義で言えば、アメリカではファイザーやメルク、イギリスのグラクソ・スミスクライン、フランスではサノフィ・アベンティス、スイスのノバルティスやロシュなどが挙げられ、共にその国を代表する製薬メーカーであり、日本市場でも積極的に売上げを伸ばしている新薬メーカーである。メガ・ファーマ フレッシュアイペディアより)

  • フロセミド

    フロセミドから見たサノフィ・アベンティスサノフィ

    代表的な商品名はラシックス錠・細粒・注(サノフィ・アベンティス社)。後発品は、ロープストン、プロメデス、フルバミド、アンフラマイドなど多数(メーカ、剤形は略)。フロセミド フレッシュアイペディアより)

  • ローヌ・プーラン

    ローヌ・プーランから見たサノフィ・アベンティスサノフィ

    1990年にはアメリカの製薬企業ローラー(Rorer)を合併し、グループの中核である医薬品部門はローヌ・プーラン・ローラー(Rhône-Poulenc-Rorer)となった。1997年には、化学品部門が分離しローディア(Rhodia)として現在に至る(日本法人はローディア株式会社)。1999年、ローヌ・プーランはヘキストと合併しアベンティス(Aventis)となった。さらにアベンティスは2004年、サノフィ・サンテラボ(Sanofi-Synthélabo)と合併し、サノフィ・アベンティスとなった。農薬部門はヘキストとの合併により、アベンティス・クロップサイエンス(Aventis CropScience)となり、さらに2002年にはバイエルに買収された。ローヌ・プーラン フレッシュアイペディアより)

  • ローヌ・プーラン

    ローヌ・プーランから見たアベンティスサノフィ

    1990年にはアメリカの製薬企業ローラー(Rorer)を合併し、グループの中核である医薬品部門はローヌ・プーラン・ローラー(Rhône-Poulenc-Rorer)となった。1997年には、化学品部門が分離しローディア(Rhodia)として現在に至る(日本法人はローディア株式会社)。1999年、ローヌ・プーランはヘキストと合併しアベンティス(Aventis)となった。さらにアベンティスは2004年、サノフィ・サンテラボ(Sanofi-Synthélabo)と合併し、サノフィ・アベンティスとなった。農薬部門はヘキストとの合併により、アベンティス・クロップサイエンス(Aventis CropScience)となり、さらに2002年にはバイエルに買収された。ローヌ・プーラン フレッシュアイペディアより)

  • ヘキスト (化学メーカー)

    ヘキスト (化学メーカー)から見たアベンティスサノフィ

    1999年、ヘキストはローヌ・プーランと合併してアベンティスとなった。これに伴い、ヘキストの化学事業の多くが分離され、再びセラニーズとして独立した。アベンティスはさらに2004年合併によりサノフィ・アベンティスとなった。ヘキスト (化学メーカー) フレッシュアイペディアより)

  • ケトプロフェン

    ケトプロフェンから見たサノフィ・アベンティスサノフィ

    ケトプロフェン (ketoprofen) は鎮痛作用および解熱作用を有する非ステロイド性抗炎症薬のプロピオン酸系の一つ。ケトプロフェンは生体でのプロスタグランジンの産生を抑制する。1967年にフランスのローヌ・プーラン社(現 サノフィ・アベンティス社)で合成され、内服薬の他、軟膏剤、ゲル剤、クリーム剤、液剤、パップ剤、テープ剤等の様々な剤形で発売され、一般用医薬品としても販売されている。有害事象として光線過敏症の報告がある。ケトプロフェン フレッシュアイペディアより)

  • 味の素製薬

    味の素製薬から見たサノフィサノフィ

    1998年 - 森下ルセルがヘキストジャパン株式会社の医薬品部門、日本ルセル株式会社、マリオン・メレル・ダウと統合し、ヘキスト・マリオン・ルセル株式会社に商号変更(現在のサノフィ株式会社)。味の素製薬 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
25件中 1 - 10件表示