64件中 11 - 20件表示
  • 抗ヒト胸腺細胞ウサギ免疫グロブリン

    抗ヒト胸腺細胞ウサギ免疫グロブリンから見たサノフィサノフィ

    抗ヒト胸腺細胞ウサギ免疫グロブリン(こうヒトきょうせんさいぼうウサギめんえきグロブリン)とは、ウサギの抗ヒト胸腺細胞グロブリン(ATG)製剤である。再生不良性貧血の治療や臓器移植後の拒絶反応の抑制(ステロイド剤の効果が不充分な場合等)に用いられる。日本においてはサノフィ株式会社がサイモグロブリンとして販売を行っている。抗ヒト胸腺細胞ウサギ免疫グロブリン フレッシュアイペディアより)

  • ロキシスロマイシン

    ロキシスロマイシンから見たサノフィサノフィ

    ロキシスロマイシン()は、サノフィ社が製造・販売している14員環マクロライド系抗生物質である。ロキシスロマイシン フレッシュアイペディアより)

  • ペルツズマブ

    ペルツズマブから見たサノフィサノフィ

    ペルツズマブ (Pertuzumab)は、乳がんの細胞表面のHER2をターゲットとしたヒト化モノクローナル抗体医薬品。抗がん剤として、転移性病変のため抗HER2療法または化学療法を以前に受けていないHER2陽性転移性乳癌患者への治療に、トラスツズマブ(ハーセプチン・中外製薬)およびドセタキセル(商品名タキソテール; サノフィ社(旧アベンティス ファーマ社)など)と併用して使用される、癌の増殖などに関係する特定の分子を狙い撃ちする分子標的治療薬のひとつ。ペルツズマブ フレッシュアイペディアより)

  • グリメピリド

    グリメピリドから見たサノフィサノフィ

    先発品の商品名「アマリール」は、交感神経α・β受容体遮断薬である「アルマール(物質名:)」と良く似た語感を持ち、医師の処方間違いや薬剤師の調剤ミス等、明らかになっているものだけで15件に上り、寝たきりになった事例も起きていた。発売日はアマリール錠が2000年4月、アルマール錠が1985年12月でアルマール錠の方が早い。通常の商慣習では後から発売する商品は他剤との弁別性(間違え難い事)に考慮するが、アマリールでは為されなかった。厚生労働省がサノフィおよび大日本住友製薬に対して販売名の変更を含む改善策を要請した処、サノフィは「医療機関からさまざまな声を聞き取った結果、販売名は変更しないことにしました」と回答したのに対して大日本住友製薬は「当社が先に発売した医薬品だが、取り違えられて困るのは患者。製薬会社のあるべき姿を考えた」として、販売名を「アロチノロール塩酸塩」に変更した。グリメピリド フレッシュアイペディアより)

  • ベーリンガーインゲルハイム

    ベーリンガーインゲルハイムから見たサノフィサノフィ

    なお、2017年1月にフランスに本社を持つサノフィとの間でコンシューマーヘルスケア事業と動物薬事業の戦略的事業交換を実施したことに伴い、日本でもコンシューマーヘルスケア事業を担っていたエスエス製薬株式会社をサノフィへ移管し、替わって、サノフィ傘下だったメリアル・ジャパン株式会社をベーリンガーインゲルハイムジャパン株式会社の傘下へ移管した。ベーリンガーインゲルハイム フレッシュアイペディアより)

  • レフルノミド

    レフルノミドから見たサノフィサノフィ

    レフルノミド (leflunomide)は、イソキサゾール系の分子構造を持つ抗リウマチ薬。製品名はアラバ (Arava)。ヘキスト社(現サノフィ)により開発され、製造販売している。レフルノミド フレッシュアイペディアより)

  • アルピデム

    アルピデムから見たサノフィサノフィ

    アルピデムは、サンテラボ(Synthélabo、サノフィと合併した)が開発した。フランスでは1991年に認可された。アメリカ食品医薬品局(FDA)の認可を得る臨床試験は1992年に中止され、FDAに承認されたことはない。1994年にはフランス市場からも撤退し、世界のどの市場にも認可されていない。アルピデム フレッシュアイペディアより)

  • トホグリフロジン

    トホグリフロジンから見たサノフィサノフィ

    トホグリフロジン(Tofogliflozin)は2型糖尿病治療薬のひとつで、阻害薬である。製品名はデベルザ(興和創薬販売、興和製造販売)およびアプルウェイ(サノフィ製造販売)。日本では2014年3月24日に製造承認された。トホグリフロジン フレッシュアイペディアより)

  • コレスチラミン

    コレスチラミンから見たサノフィサノフィ

    コレスチラミン (Colestyramine) は、強塩基性の陰イオン交換樹脂であり、その製剤は高コレステロール血症の治療およびレフルノミドの活性代謝物の体内からの除去に使用されている。製剤としてのコレスチラミンは粉末であり、水に懸濁して服用する。商品名はクエストラン(Questran)で、日本においてははじめブリストル萬有製薬(現ブリストル・マイヤーズ)が販売していたが、2002年よりアベンティスファーマ(現サノフィ)が製造承認を継承し販売している。コレスチラミン フレッシュアイペディアより)

  • アリロクマブ

    アリロクマブから見たサノフィサノフィ

    アリロクマブはが自社の“VelocImmune”マウスを用いて創製した。このマウスでは抗体遺伝子の多くがヒトのものに書き換えられている。投資家向けの説明では、PCSK9への免疫化から治験薬として当局に資料を提出するまで、わずか19ヶ月であったとされる。アリロクマブをサノフィと共同開発することが2007年に決定された。アリロクマブ フレッシュアイペディアより)

64件中 11 - 20件表示