64件中 21 - 30件表示
  • フェキソフェナジン

    フェキソフェナジンから見たサノフィサノフィ

    フランスのサノフィ(旧アベンティス)が創製した。アメリカでは1996年から、日本では2000年から日本法人のアベンティス・ファーマ(現・サノフィ)から発売されている。同社の主力商品の一つであり、ロラタジン(クラリチン、2002年日本発売)やセチリジン(ジルテック、1998年日本発売)などと並び、世界で最も消費されている第二世代抗ヒスタミン薬の一つである。フェキソフェナジン フレッシュアイペディアより)

  • アミオダロン

    アミオダロンから見たサノフィサノフィ

    アミオダロン(Aamiodarone)とは、Vaughan-Williams分類でIII群に分類される抗不整脈薬である。商品名アンカロン、サノフィ製造販売。作用機序は複雑であり他の抗不整脈薬が無効でも効果が期待できる一方で、重篤な副作用を惹起する危険性がある薬剤である。アミオダロン フレッシュアイペディアより)

  • エルフ・アキテーヌ

    エルフ・アキテーヌから見たサノフィサノフィ

    1973年、ERAPが直属の子会社としてサノフィを設置した。サノフィは製薬分野における投資持株会社となった。エルフ・アキテーヌ フレッシュアイペディアより)

  • ロンザ (企業)

    ロンザ (企業)から見たサノフィサノフィ

    2011年にアメリカ・コネチカット州を拠点とするアーチ・ケミカルズ () を買収し、殺生物剤の分野における世界最大手となった。2016年9月にアメリカ・カリフォルニア州で栄養成分の研究開発を行うインターヘルス・ニュートラシューティカルズ () の買収を完了し、同年12月にはデトロイトのカプセル製剤メーカーのを買収した。バイオ医薬品の分野において、ブリストル・マイヤーズ スクイブ、グラクソスミスクライン、サノフィ、テバ・ファーマシューティカル・インダストリーズなど、世界の製薬大手と共同開発事業に参与している。ロンザ (企業) フレッシュアイペディアより)

  • からだ元気科

    からだ元気科から見たサノフィサノフィ

    日本ヘキスト・マリオン・ルセル(現:サノフィからだ元気科 フレッシュアイペディアより)

  • 1990年以後の企業の買収・合併の実績

    1990年以後の企業の買収・合併の実績から見たサノフィサノフィ

    2004年、サノフィとアベンティスが合併して社名をサノフィ・アベンティスに変更。1990年以後の企業の買収・合併の実績 フレッシュアイペディアより)

  • 抗胸腺細胞グロブリン

    抗胸腺細胞グロブリンから見たサノフィサノフィ

    アメリカ合衆国で臨床使用のために認可されているのは、サイモグロブリン(ウサギATG、rATG、サノフィ社)とATGAM(ウマATG、eATG、ファイザー社)の2種類のATG製剤である。日本では、2016年現在サイモグロブリンが使用可能である。ウマ由来のリンフォグロブリン(ジェンザイム社)は2008年に製造中止となった。日本では、サイモグロブリンが中等症以上の再生不良性貧血、造血幹細胞移植の前治療、造血幹細胞移植後の急性移植片対宿主病(GVHD)、腎移植、肝移植、心移植、肺移植、膵移植、小腸移植の急性拒絶反応の治療についてについて適応となっている。欧州ではNeovii製薬によって製造されるrATG製剤がGrafalonの商品名で販売されている。また、日本では、ウサギ由来抗ヒトTリンパ球グロブリン(ALG)であるゼットブリン(日本臓器製薬)が使用可能である。ゼットブリンは重症・中等症の再生不良性貧血について適応となっている。抗胸腺細胞グロブリン フレッシュアイペディアより)

  • 精神科の治療

    精神科の治療から見たサノフィサノフィ

    1930年代は治療にアンフェタミンが使われていたが、フランス海軍外科医、生化学者のアンリ・ラボリ(Henri Laborit)の薬理作用に関する初めての論文を元に、1952年、フランスのパリ大学医学部サンタンヌ病院(Hospital Sainte Anne)の精神科医ジャン・ドレー (Jean Delay) とピエール・ドニカー (Pierre Deniker) が1950年、フランスの製薬会社ローヌ・プーラン社(Rhône-Poulenc、現サノフィ(Sanofi))が開発したフェノチアジン系抗ヒスタミン剤「クロルプロマジン」の統合失調症に対する治療効果を初めて正しく評価し、精神病に対する精神科薬物療法の時代が幕を開けた。これを通称「化学的ロボトミー」と言っている。1957年、ベルギーの薬理学者パウル・ヤンセン (Paul Janssen) がクロルプロマジンより優れたハロペリドールを開発。同年、スイスの精神科医ローラント・クーンによってイミプラミンが、精神賦活作用を有することが見いだされ、うつ病の薬物療法への道が開かれた。1984年、非定型抗精神病薬のリスペリドンが開発され、ハロペリドールから転換する。しかしこの転換や財団法人全国精神障害者家族会連合会(全家連)が社団法人日本精神神経学会に働きかけ、1993年(平成5年)精神分裂病から統合失調症へ変更への動きなどの環境変化が起きたころから不適切な診断や処方が出始めたとの意見がある。精神科医のローレン・モーシャーは1998年に「精神医学は製薬会社に買収された状態」であると告発している。2007年、日本では中枢神経刺激薬、メチルフェニデートの不適切処方が表面化、この成分を含む薬剤に対して医師や薬局の登録制による流通規制が加わることになった。薬物療法によってクオリティ・オブ・ライフを向上させるところか低下させる問題が出てきた。精神科の治療 フレッシュアイペディアより)

  • リモナバン

    リモナバンから見たサノフィサノフィ

    英国の1998から2011年の有害事象報告では、うつ病の報告数と自殺未遂の割合が2番目に多かった。リモナバンの自殺既遂はランク外で目立っていない。サノフィ社によるの市販後調査において、約1-10%の頻度で抑うつが、約1%の頻度で自殺企図が、自発報告されていた。リモナバン フレッシュアイペディアより)

  • 高橋和利

    高橋和利から見たサノフィサノフィ

    2013年 全日本病院協会・日本病院会・サノフィ共催第1回「明日の象徴」受賞高橋和利 フレッシュアイペディアより)

64件中 21 - 30件表示