64件中 31 - 40件表示
  • ゾピクロン

    ゾピクロンから見たサノフィサノフィ

    日本では1989年から、アモバンの商品名で発売されている。当時は中外製薬と吉富製薬が提携販売。2015年時点では、サノフィ製造・日医工販売。ゾピクロン フレッシュアイペディアより)

  • 第一三共

    第一三共から見たサノフィサノフィ

    アクトヒブ - 乾燥フェモフィルスb型ワクチン(インフルエンザ菌b型に対する予防接種用小児用ワクチン、製造販売元:サノフィ第一三共 フレッシュアイペディアより)

  • デュピルマブ

    デュピルマブから見たサノフィサノフィ

    デュピルマブ(dupilumab、商品名: デュピクセント Dupixent)は、湿疹といった疾患の治療のために設計されたモノクローナル抗体である。副作用にはアレルギー反応、、がある。フアーマシューティカル社とサノフィ・ジェンザイム社によって開発された。2017年にFDAにより認可を受けた。2017年現在、年間およそ3万7千ドルの費用がかかる。デュピルマブ フレッシュアイペディアより)

  • ロレアル

    ロレアルから見たサノフィサノフィ

    サノフィ(旧サノフィ・サンテラボ→サノフィ・アベンティス) - 世界有数の大手医薬メーカーで母体企業の一社・サンテラボ社は同社により分離独立した子会社であった。ロレアル フレッシュアイペディアより)

  • アミノグアニジン

    アミノグアニジンから見たサノフィサノフィ

    1986年に発見されたアミノグアニジンはAlteon社(現:Synvista Therapeutics社)によって糖尿病性腎症治療薬として開発が始められ、1989年にはマリオン・メレル・ダウ社との共同開発契約が締結されたが、1995年にヘキスト社(現:サノフィ社)がマリオン・メレル・ダウ社を買収した後に資金提供が停止され、1998年に第III相臨床試験で有効性を示せず計画が頓挫した。アミノグアニジン フレッシュアイペディアより)

  • ドセタキセル

    ドセタキセルから見たサノフィサノフィ

    ドセタキセル(docetaxel、略称:DTX、TXT)は、タキサン系の抗がん剤の一つである。重合した微小管に結合して細胞のする。商品名はタキソテール(taxotere、サノフィ社)。ドセタキセル フレッシュアイペディアより)

  • カバジタキセル

    カバジタキセルから見たサノフィサノフィ

    カバジタキセル (Cabazitaxel) は、サノフィが開発したタキサン骨格を持つ抗がん剤であり、微小管の脱重合を阻害することにより腫瘍縮小効果を発揮する。商品名ジェブタナ。開発コードXRP-6258。カバジタキセル フレッシュアイペディアより)

  • シャルル・ド・ゴール

    シャルル・ド・ゴールから見たサノフィサノフィ

    ド・ゴール没後もゴーリスト(ド・ゴール主義者、ド・ゴール派)はジョルジュ・ポンピドゥー率いる共和国民主連合に結集して議会内最大会派となり、ヴァレリー・ジスカール・デスタンやフランソワ・ミッテランといった非ゴーリズム政権下においても共和国連合として議会に大勢力を維持し続け、ジャック・シラクの元で再び政権を握った。エンジニアのアンブロワーズ(Ambroise Roux)はド・ゴールの政府でキャリアを積み、アルカテル・ルーセントの前身CGEを経営しながらフランスの資本主義を動かした。彼の母はサノフィ創設者の一人であった。彼自身も金融家としてパリバやジェネラル・デ・ゾーなどの重役となった。シャルル・ド・ゴール フレッシュアイペディアより)

  • 四種混合ワクチン

    四種混合ワクチンから見たサノフィサノフィ

    ジャパンワクチン - スクエアキッズ、ソークワクチン(第一三共株式会社販売、サノフィ株式会社販売提携)四種混合ワクチン フレッシュアイペディアより)

  • 久光製薬

    久光製薬から見たサノフィサノフィ

    7月 - サノフィ・アベンティス株式会社(現・サノフィ株式会社)との合弁で、一般用医薬品(アレルギー関連治療薬)のマーケティングを目的とする久光-サノフィ株式会社を設立。久光製薬 フレッシュアイペディアより)

64件中 31 - 40件表示