54件中 31 - 40件表示
  • 東京オペラシティ

    東京オペラシティから見たサノフィ・アベンティスサノフィ・アベンティス

    株式会社グリーンハウス(17階)、アップルジャパン株式会社(51階)、サノフィ・アベンティス株式会社(48階)などが入居している。また、上述の通りNTT関連企業も多く入居している。東京オペラシティ フレッシュアイペディアより)

  • アステラス製薬

    アステラス製薬から見たサノフィ・アベンティスサノフィ・アベンティス

    サノフィ・アベンティス社との合弁会社。2007年12月で合弁関係を解消。アステラス製薬 フレッシュアイペディアより)

  • フェキソフェナジン

    フェキソフェナジンから見たサノフィ・アベンティスサノフィ・アベンティス

    フェキソフェナジン (fexofenadine) とは、アメリカのサノフィ・アベンティスが創製した、アレルギー性疾患治療剤である。塩酸塩が アレグラ (Allegra) の商品名で市販されている。CAS登録番号は 1、塩酸塩は 2。フェキソフェナジン フレッシュアイペディアより)

  • カバジタキセル

    カバジタキセルから見たサノフィ・アベンティスサノフィ・アベンティス

    カバジタキセル (治験薬名 XRP-6258) は、サノフィ・アベンティスが開発中のタキサン骨格を持つ抗癌剤であり、微小管の脱重合を阻害することにより腫瘍縮小効果を発揮する。カバジタキセル フレッシュアイペディアより)

  • クロルプロマジン

    クロルプロマジンから見たサノフィ・アベンティスサノフィ・アベンティス

    1950年、フランスの製薬会社ローヌ・プーラン社(Rhône-Poulenc、現サノフィ・アベンティス)により抗ヒスタミン薬として開発されたものの、鎮静作用が強すぎる上、抗ヒスタミン作用が少ないと当時は評価された(整理番号は4560RP)。クロルプロマジン フレッシュアイペディアより)

  • 第一三共ヘルスケアの製品

    第一三共ヘルスケアの製品から見たサノフィ・アベンティスサノフィ・アベンティス

    マーロックスシリーズ - サノフィ・アベンティスからの導入品。「ガスター10」があるため、旧ゼファーマ時代に販売終了。第一三共ヘルスケアの製品 フレッシュアイペディアより)

  • からだ元気科

    からだ元気科から見たサノフィ・アベンティスサノフィ・アベンティス

    日本ヘキスト・マリオン・ルセル(現サノフィ・アベンティスからだ元気科 フレッシュアイペディアより)

  • 経口血糖降下薬

    経口血糖降下薬から見たサノフィ・アベンティスサノフィ・アベンティス

    SGLT阻害薬 : Na + -ブドウ糖共輸送体(SGLT: )は尿細管内腔にあり糸球体で、ろ過された原尿には血漿と同じ濃度含まれているブドウ糖をナトリウムと共に尿細管細胞内に再吸収する。この蛋白のお陰で尿糖閾値までブドウ糖が外に失われずに済む。尿糖を増やせば血糖がへる。血糖が正常化すれば、膵でのインスリン分泌の負担が軽くなり、糖毒性が取れるのではないかというコンセプトで、SGLT阻害剤の開発が進められている。同じ蛋白は小腸上皮粘膜細胞にあり 腸管からの糖の吸収に携わっている。田辺製薬T-1095、サノフィ・アベンティスAVE-2268、キッセイ薬品工業KGT-1251、アステラス製薬YM543などがある。経口血糖降下薬 フレッシュアイペディアより)

  • 遺伝子組み換え作物

    遺伝子組み換え作物から見たアベンティスサノフィ・アベンティス

    2000年9月以降、アメリカにおいて食品としては未認可であるが飼料としてのみ認可された組換えトウモロコシであるスターリンク(Starlink)(系統名: CBH351)が食品からも検出された事件である。食品としても飼料としても未認可であった日本においても食品から検出された。そのため、大規模な回収騒動が生じた。スターリンクはアグレボ社(事件当時はアベンティス(Aventis)社、現在のバイエルクロップサイエンス社)が開発したものであり、除草剤であるビアラホスに耐性が付与されるとともにBt toxinとしてCry9C(アミノ酸配列)を生産している。Bt toxinには様々な種類があり、そのアミノ酸配列や殺虫スペクトルは異なっている。Bt toxinを生産する組換え作物は様々あるがCry9Cを生産するものが飼料としてのみ認可された理由は、アレルゲンとなる可能性が考慮されたからである1。Cry9Cはペプシンやトリプシンに対して安定であり、90℃で10分間安定であった。そこで、調理や消化後も安定であると考えられ、免疫系と反応する可能性が指摘された。一方、既知のアレルゲンとはアミノ酸配列の相同性は低かった。タンパク質としての安定性を重視した結果、飼料としてのみスターリンクは認可された。スターリンクのBt toxinのアレルゲン性は低いことがのちに判明した。遺伝子組み換え作物 フレッシュアイペディアより)

  • 樋口 可南子

    樋口可南子から見たサノフィ・アベンティスサノフィ・アベンティス

    サノフィ・アベンティス/アステラス製薬 「よいおやすみ啓発活動」(2010年 - )樋口可南子 フレッシュアイペディアより)

54件中 31 - 40件表示