64件中 51 - 60件表示
  • 中外製薬

    中外製薬から見たサノフィサノフィ

    2007年12月☆ - 日本国内におけるサノフィ・アベンティス(現・サノフィ)製品の販売提携を終了。2008年からは同社直販体制となる。中外製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 第一三共ヘルスケアの製品

    第一三共ヘルスケアの製品から見たサノフィサノフィ

    マーロックスシリーズ - 旧ローヌ・プーラン・ローラー(現・サノフィ)からの導入品。旧ゼファーマ時代に販売終了。後に、本ポジションは「ガスター10」に引き継がれた。第一三共ヘルスケアの製品 フレッシュアイペディアより)

  • アステラス製薬

    アステラス製薬から見たサノフィサノフィ

    サノフィ・アベンティス社(現・サノフィ社)との合弁で設立された藤沢薬品側の合弁会社。2007年(平成19年)12月で合弁関係を解消。アステラス製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 住友化学園芸

    住友化学園芸から見たサノフィサノフィ

    武田ロブラール水和剤 - 旧ローヌ・プーラン油化アグロ(後のアベンティスクロップサイエンスシオノギ、現:バイエルクロップサイエンス)からの導入品。近年、耐性菌が出ている。住友化学園芸 フレッシュアイペディアより)

  • フランクフルト・アム・マイン

    フランクフルト・アム・マインから見たサノフィサノフィ

    フランクフルトは、世界最大級の化学・医薬品産業の所在地であるにもかかわらず、この街に本社を置く大企業はない。ヘキストAGは1970年代から1980年代には売上高世界第2位の化学・医薬品企業であった。しかし1977年に代表取締役ユルゲン・ドルマンの下で多くの企業に分割され、それぞれ異なる企業と合併して本社が移転した。アメリカ合衆国のセラニーズ、スイスのクラリアント、フランスのサノフィなどである。かつてのヘキストの工場跡地であるインドゥストリーパーク・ヘーヒストは、現在でもヨーロッパで最も広い化学工場用地トップ3の1つであり、1990年代よりもさらに多くの従業員が働いている。フランクフルト・アム・マイン フレッシュアイペディアより)

  • 8区 (パリ)

    8区 (パリ)から見たサノフィサノフィ

    サノフィ () - ボエシー通り () 54番地にある。8区 (パリ) フレッシュアイペディアより)

  • Sanofi-Aventis

    Sanofi-Aventisから見たサノフィ・アベンティスサノフィ

    Sanofi-Aventis フレッシュアイペディアより)

  • Aventis

    Aventisから見たサノフィ・アベンティスサノフィ

    Aventis フレッシュアイペディアより)

  • Sanofi

    Sanofiから見たサノフィ・アベンティスサノフィ

    Sanofi フレッシュアイペディアより)

  • サンテラボ

    サンテラボから見たサノフィ・アベンティスサノフィ

    サンテラボ フレッシュアイペディアより)

64件中 51 - 60件表示