仏紙ルモンド ニュース&Wiki etc.

ル・モンド()は、フランスの新聞(夕刊紙)。発行部数は約29万2054部(2015年)。紙名はフランス語で「世界」を意味する。判型はベルリナー判。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ルモンド」のつながり調べ

  • 第13回東京国際映画祭

    第13回東京国際映画祭から見たル・モンド

    ジャン・ミッシェル・フロドン(仏「ル・モンド」記者)(第13回東京国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • フィルミニのル・コルビュジエ遺産

    フィルミニのル・コルビュジエ遺産から見たル・モンド

    2006年11月末から12月初めに掛けてのル・モンド、AFP等の報道を要約すると、2001年に選出された市長ディノ・シニエリ(民衆運動連合=中道右派)が、ル・コルビュジエによって設計された文化会館、競技場、ユニテ・ダビタシオンなどの既存建築群とフィルミニ-ヴェールの都市計画全体が観光資源になる可能性を持ち、かつ教会の完成は話題づくりに役立つとともにその目玉になりうると判断したことが端緒となり、2003年に地元の広域自治体サン=テティエンヌ・メトロポールは、ル・コルビュジエ財団の同意を得たうえで、ル・コルビュジエの生前からこの教会の計画にたずさわっていたジョゼ・ウブルリーの実施設計に従って、その建設を再開させた。このような経緯で2006年11月に、サン-ピエール教会は計画の開始の46年後(ル・コルビュジエの没後41年後)に竣工するにいたった。工費は最終的には1,000万ユーロにのぼるとみられる。低層部分にはル・コルビュジエに関する展示施設が設けられ、上階に位置する教会の身廊部分も来訪者に開放される。(フィルミニのル・コルビュジエ遺産 フレッシュアイペディアより)

「ルモンド」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「仏紙ルモンド」のニューストピックワード