132件中 91 - 100件表示
  • リベラシオン

    リベラシオンから見たル・モンドル・モンド

    リベラシオン初の管理部長、ベルナール・ラユモンとエドゥアール・ド・ロッチルドとの論争は、ル・モンド紙上で起こった。2006年7月4日付のコラムで、ジュリが辞めたことで「書くことが何かを意味した」時代は終わった、と主張した。ラユモンは、リベラシオンのみならず、新聞界全体の将来が厳しいものであると指摘した。サルトルの有名な言葉「金融に思想はない L'argent n'a pas d'idées.」を引用し、ロッチルドの介入を批判した。のちにラユモンは自身のブログで、ロッチルドはもともと新聞に歴史に残る愛着があったわけではない、新聞自身にではなく金儲けに興味があっただけだと主張した。2006年7月6日には、ロッチルドが次のように意見表明をする。「リベラシオンは助力と、精神的・知的・経済的支援を必要としている。リベラシオンはレクイエムを必要としているわけではない。」リベラシオン フレッシュアイペディアより)

  • エバレット・ケネディ・ブラウン

    エバレット・ケネディ・ブラウンから見たル・モンドル・モンド

    エバレット・ケネディ・ブラウン?(, 1959年7月14日 - ) は、アメリカ人写真家、湿板光画家、国際フォトジャーナリスト、文筆家、元EPA通信社日本支局長、日本文化研究者、会所プロジェクト理事。アメリカ合衆国のワシントンD.C.出身、1988年から日本に定住。現在は、20世紀を代表する日本画家、橋本関雪の別邸であった京都の寺院に住み、そこから日本文化を発信している。文化論についての執筆活動のほか、講演を定期的に行う。文化庁長官表彰(文化発信部門)受賞者。日本芸術文化国際センター芸術顧問。首相官邸や経済産業省クールジャパン官民有識者会議委員など、諸省庁の文化推進カウンセラーを務める。フォトジャーナリスト及びEPA通信社の日本支局長として勤務後、現在は湿板写真を通じて「時を超えた日本」の記録に取り組んでいる。世界経済フォーラム(ダボス会議)で官邸の依頼で震災復興写真展を行うなど、国内外で定期的に展示会を開催。 ナショナル・ジオグラフィック、GEO, ニューヨーク・タイムズ、CNN、ル・モンドなど国内外の媒体に広く作品を寄せている。『Kyoto Journal』寄稿編集者。観光庁(明日の日本を支える観光ビジョン)アドバイザー。観光庁のインバウンドのスローガン“Japan, Endless Discovery.”は、彼が提案した。京都府観光推進顧問、文科省(文化芸術立国の実現のための懇話会)会員、UMI・SACHI推進会議理事。近衞忠大と設立した会所プロジェクト理事。IBMビジネス&カルチャーリーダー会議メンバー、駐日アメリカ大使館写真講師など。編集工学者の松岡正剛からは、『現代のアーネスト・フェノロサ』と称されている。定期的に出羽三山で山伏の修行を重ね、山伏の資格を持つ。日本の古層(オールドレイヤー)を、湿板光画という写真の古典技法で映し出し続ける。主な被写体は、日本の伝統文化、工芸、匠、着物、風情ある場所である。フランスの権威ある写真雑誌『GEO』にて、現代において見るべきモノクロ写真に、世界10人の写真家として選ばれた。エバレット・ケネディ・ブラウン フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の自転車競技

    2011年の自転車競技から見たル・モンドル・モンド

    ル・モンド紙が、オペラシオン・プエルトの余波をFCバルセロナが受けていたとする報道は虚偽だとして同チームから訴訟されていた裁判で、15000ユーロの罰金を支払うことで決着した。2011年の自転車競技 フレッシュアイペディアより)

  • スハイル・アル=ハッサン

    スハイル・アル=ハッサンから見たル・モンドル・モンド

    彼は内戦の間に現れた著名なシリア軍の指揮官の一人であり、フランスの『ル・モンド』紙は、その功績や知名度から、彼が内戦を生き残れば政界に進出し、いずれはバッシャール・アル=アサド大統領の後継者候補の一人になる可能性があると主張している。スハイル・アル=ハッサン フレッシュアイペディアより)

  • バカロレア (フランス)

    バカロレア (フランス)から見たル・モンドル・モンド

    ル・モンド紙によれば、52%がSを、32%がESを、16%がLを選択しているとされる。バカロレア (フランス) フレッシュアイペディアより)

  • ソーカル事件

    ソーカル事件から見たル・モンドル・モンド

    ニューヨークタイムズの一面に載ったほか、ヘラルド、ル・モンドなどの有力紙で報じられた。ソーカル事件 フレッシュアイペディアより)

  • フランソワ・オランド

    フランソワ・オランドから見たル・モンドル・モンド

    2007年、事実上の妻であるセゴレーヌ・ロワイヤルが大統領選に敗北してまもなくフランス高級紙「ル・モンド」の記者2人による著作「運命の女」が出版された。これは、それまでオシドリ夫婦と見られたオランドとロワイヤルが10年以上前から「仮面夫婦」の状態であることを暴露したものである。同書の中には1995年にロワイヤルが大統領選出馬を考えていたが、オランドが反対したことや、オランドの浮気などの様々な面で対立や軋轢が両者の間にあったことを、綿密な調査のもと書いている。オランドとロワイヤルはこの本の内容を否定したが、フランス国内では15万部が売れるベストセラーになった。フランソワ・オランド フレッシュアイペディアより)

  • 石川浩司

    石川浩司から見たル・モンドル・モンド

    その後も地道にバンド活動を続けていたが、2003年10月バンド解散、新しい活動を模索。ソロや他のミュージシャンとの共演、一般からの依頼による「出前ライブ」などの音楽活動を続ける他、『たま』メンバーであった知久と共に音楽ユニット『パスカルズ』に参加・活動。ヨーロッパなど海外公演を多く行い、フランスの新聞「ル・モンド」に紹介されたり、音楽チャートで1位になるなどの人気を獲得している。石川浩司 フレッシュアイペディアより)

  • 自由ケベック万歳!

    自由ケベック万歳!から見たル・モンドル・モンド

    カナダのピエール・トルドーはカナダ首相が「ブルターニュをブルトン人に」と叫んだらフランス側がどう反応するかという疑問について公の場で言及した。ド・ゴールはトルドーに関心を示し、「我々はカナダに住むフランス人のエンティティの敵であるドルドー氏に対しては儀礼においても一切譲歩しない」と述べた。フランスの大部分のマスメディア、特にル・モンド紙はド・ゴールの外交儀礼違反を痛烈に批判した。自由ケベック万歳! フレッシュアイペディアより)

  • パリ同時多発テロ事件

    パリ同時多発テロ事件から見たル・モンドル・モンド

    バタクラン劇場での撮影映像 ル・モンド 2015年11月14日パリ同時多発テロ事件 フレッシュアイペディアより)

132件中 91 - 100件表示

「仏紙ルモンド」のニューストピックワード