85件中 11 - 20件表示
  • ジャワ島中部地震

    ジャワ島中部地震から見たルモンドルモンド

    ルモンド紙やフランス通信による数もほぼ同様であった。ジャワ島中部地震 フレッシュアイペディアより)

  • ソルジェニーツィンの個人史

    ソルジェニーツィンの個人史から見たル・モンドルモンド

    1973年8月中旬 「ル・モンド」紙「AP通信」記者との会見で「私が急死したと聞いたら、国家保安委員会の仕業だ」と衝撃的な発言をした。ソルジェニーツィンの個人史 フレッシュアイペディアより)

  • ポール・オサレス

    ポール・オサレスから見たルモンドルモンド

    ポール・オサレス(Paul Aussaresses、1918年11月7日 - )は、フランスタルヌ県サン=ポール=キャップ=ド=ジュ生まれのフランス陸軍軍人で、対反乱作戦の専門家。2000年にフランスの新聞ルモンド紙によるインタビューで、フランスを守るために拷問を行ったことを告白し、物議をかもした。ポール・オサレス フレッシュアイペディアより)

  • 全国紙

    全国紙から見たル・モンドルモンド

    ル・モンド、ル・フィガロ、リベラシオン、フランス・ソワールと経済紙のレゼコーが全国紙である。全国紙 フレッシュアイペディアより)

  • 第13回東京国際映画祭

    第13回東京国際映画祭から見たル・モンドルモンド

    ジャン・ミッシェル・フロドン(仏「ル・モンド」記者)第13回東京国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • ジャン=ピエール・ゴラン

    ジャン=ピエール・ゴランから見たル・モンドルモンド

    フランス・パリ生まれ。医師を父に持ち、左翼的ユダヤ家庭で育つ。1960年にソルボンヌ大学に入学する。専攻は哲学。ルイ・アルチュセール、ジャック・ラカン、ミシェル・フーコーのゼミをとる。1965年 - 1968年、夕刊紙『ル・モンド』の編集者となり、そこでたくさんの記事を書き、政治的かつ美学的な討論を行い、五月革命へと突入して行く。ジャン=ピエール・ゴラン フレッシュアイペディアより)

  • 新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論

    新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論から見たル・モンドルモンド

    全3巻構成で、いずれも世代を超えて大きな反響・論争を呼んだベストセラー。内容は主に大東亜戦争(太平洋戦争)。戦争とは何か、国家とは何か。作者一流の圧倒的な迫力と説得力もあり、主に保守陣営に多大な支持を受けた反面、上杉聰や宮台真司、宮崎哲弥、吉本隆明、さらにはニューヨークタイムズ紙やル・モンド紙等、日本国外のメディアに至るまで、数多くのいわゆるリベラル陣営からは「歴史の書き換え」として批判された(なお『戦争論2』までは保守陣営全体に評価を受けていたが、親米派は『戦争論2』の第一章に否定的となり、続く『戦争論3』にも否定の構えを取る。そして、リベラルの宮台・宮崎は小林を批判しながらも、「小林に攻撃されている左翼はやられちゃっていい」という態度を取っていたが、『戦争論3』で小林への批判を弱め、攻撃目標を「小林とつくる会」から「つくる会」に絞った)。内容を巡って田原総一朗と論戦したものが別に本(『戦争論争戦』)となって刊行されている。なお、背表紙には大きく『戦争論』と書かれているが、カール・フォン・クラウゼヴィッツの『戦争論』と内容は全く異なり、関連性はない。しかしクラウゼヴィッツの「戦争は政治の延長線上」という有名なテーゼは引用され、それすらも理解しない護憲左派へのアンチテーゼとしている。新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の自転車競技

    2011年の自転車競技から見たル・モンドルモンド

    ル・モンド紙が、オペラシオン・プエルトの余波をFCバルセロナが受けていたとする報道は虚偽だとして同チームから訴訟されていた裁判で、15000ユーロの罰金を支払うことで決着した。2011年の自転車競技 フレッシュアイペディアより)

  • フランソワ・ベイル

    フランソワ・ベイルから見たル・モンドルモンド

    「1948年、ピエール・シェフェールがミュジーク・コンクレートを創案したことで、コンサートという慣習は劇的に変化した。演奏者の排除である。初めはレコード、そして磁気テープ、現在では情報記憶媒体に音楽が固定されたことから、高音質のオーディオセットがあれば、聴く場所が自宅であっても構わないと考えられるようになった。フランソワ・ベイル (1932年生まれ、シェフェールの後を継ぎ1967年から1997年までGRMを率いた)は、こうした思惑を外してくれる。演奏会場で聴いてこそ意味を成す音楽を生み出しているのだ。」(ピエール・ジェルヴァゾーニ、ル・モンド紙 2002年)フランソワ・ベイル フレッシュアイペディアより)

  • フランスのスポーツ

    フランスのスポーツから見たルモンドルモンド

    もともと富裕層や高学歴の学生を中心にプレーされていたため、グランゼコール卒業した選手や、引退後はジャン・ピエール・リーヴのように彫刻家に転身したり、サルコジ政権でスポーツ相を務めたベルナール・ラポルテのように、他分野で活躍する元選手も多い。現役でありながら全国紙『ルモンド』に連載寄稿する選手(シルヴァン・マルコネ)もおり、英国同様、フランスでもラグビー選手は一種の社会的ステータスになっている。フランスのスポーツ フレッシュアイペディアより)

85件中 11 - 20件表示

「仏紙ルモンド」のニューストピックワード