132件中 11 - 20件表示
  • ベルリナー判

    ベルリナー判から見たル・モンドル・モンド

    ドイツの『ディ・ターゲシュツァイトゥング』(Die Tageszeitung)と『ユンゲ・ヴェルト』(Junge Welt)の両紙が1990年代初めに採用したのを皮切りに2000年代以降、『ガーディアン』(イギリス)、『ル・モンド』(フランス)、『ラ・レプブリカ』(イタリア)、『中央日報』(韓国)など、紙面の小型化が課題となっているヨーロッパや北米、南米、アジア各圏の新聞社が、ベルリナー判を採用するケースが目立っている。ベルリナー判 フレッシュアイペディアより)

  • ジャン=ピエール・ゴラン

    ジャン=ピエール・ゴランから見たル・モンドル・モンド

    フランス・パリ生まれ。医師を父に持ち、左翼的ユダヤ家庭で育つ。1960年にソルボンヌ大学に入学する。専攻は哲学。ルイ・アルチュセール、ジャック・ラカン、ミシェル・フーコーのゼミをとる。1965年 - 1968年、夕刊紙『ル・モンド』の編集者となり、そこでたくさんの記事を書き、政治的かつ美学的な討論を行い、五月革命へと突入して行く。ジャン=ピエール・ゴラン フレッシュアイペディアより)

  • アントワーヌ・ブールデル

    アントワーヌ・ブールデルから見たル・モンドル・モンド

    現在、フランスのモンパルナス駅とル・モンドのオフィスの間の細い道沿いに、ブールデル美術館がある。それは、24歳の頃から彼が住んでいた家・作業場・庭から成り立っている。アントワーヌ・ブールデル フレッシュアイペディアより)

  • ヤンスク・カヒッゼ

    ヤンスク・カヒッゼから見たル・モンドル・モンド

    バグダーティ区オブチャに生まれ、合唱指揮者を目指しトビリシ音楽院に入学するが、その後オーケストラの指揮者に志望を変更。モスクワでマルケヴィチの指導を受ける。1957年に声楽アンサンブル「Shvidkaca」を創設し、第6回モスクワ世界青年音楽祭とブリュッセルの国際コンクールに優勝、グルジア国立合唱団の音楽監督となる。1962年にはトビリシ国立歌劇場の指揮者に就任。1973年からトビリシ交響楽団の芸術監督を長くつとめ、また1998年からトビリシ国立歌劇場の芸術監督、首席指揮者を兼任した。1990年にはフランスに進出し、パリ管弦楽団を指揮したベルリオーズの「ファウストの劫罰」は高い評価を受ける。その後もイギリスでロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、アメリカでボストン交響楽団、ワシントン・ナショナル交響楽団を指揮するなど、各国で成功を収めた。1986年にレニングラード・フィルハーモニー交響楽団と来日している。晩年にはシュトゥットガルト放送交響楽団にもリムスキー=コルサコフで客演している。2002年に喉頭がんのため、トビリシで逝去。息子のヴァクタン(ヴァフタング)も指揮者である。グルジアを代表する指揮者であり、1965年にはソ連人民芸術家の称号を受ける。フランスのル・モンド紙は「スラヴのカラヤン」と評した。同郷のギヤ・カンチェリとの親交が深く、七つの交響曲すべてを録音し、数多くの初演を任されている。ヤンスク・カヒッゼ フレッシュアイペディアより)

  • ル=モンド

    ル=モンドから見たル・モンドル・モンド

    ル=モンド フレッシュアイペディアより)

  • ル・モンド・ディプロマティーク

    ル・モンド・ディプロマティークから見たル・モンドル・モンド

    1954年に創刊。日刊紙ル・モンドの子会社の形態をとり、日々のニュースよりは世界的な政治・経済・社会潮流に関する記事を主に掲載しており、知識層に幅広く読まれている。また、新自由主義に批判的で、連帯経済やアルテルモンディアリスムなどを推進する立場を取る。イグナシオ・ラモネが長年編集総長を担当してきたが、2008年3月にセルジュ・アリミに交代した。なお、フランスやドイツなどで活発に活動しているATTACも、同紙の記事を基盤として生まれたものである。ル・モンド・ディプロマティーク フレッシュアイペディアより)

  • 三色同盟

    三色同盟から見たル・モンドル・モンド

    フランスの保守派評論家のアレクサンドル・デル・ヴァル(Alexandre del Valle)が2002年4月21日のフィガロ新聞に載せた文章「une alliance idéologique ... rouge-brun-vert」にはじまる。(http://www.info-turc.org/article522.html 原文の英訳参照)後にフランス・ユダヤ人団体代表評議会(CRIF)の会長ロジェル・キュキエルマン(Roger Cukierman)がこの語を用い、 2003年1月27・28日のル・モンド紙で報道されて世間に広まった。米国には2003年頃からブログやネットニュースで伝わり緑色にイスラム教の意味が加わった。三色同盟 フレッシュアイペディアより)

  • ル・モンド紙

    ル・モンド紙から見たル・モンドル・モンド

    ル・モンド紙 フレッシュアイペディアより)

  • ドンキホーテの子どもたち

    ドンキホーテの子どもたちから見たル・モンドル・モンド

    LeMonde.fr: La question du logement s'invite dans la campagne électorale(『ル・モンド』フランス語動画。2007年1月3日)ドンキホーテの子どもたち フレッシュアイペディアより)

  • 足立区立郷土博物館

    足立区立郷土博物館から見たル・モンドル・モンド

    タイムスリップ昭和家電展 - 昭和家電コレクターの増田健一氏(大阪くらしの今昔館研究員)と協力し開催した展覧会。新しいテーマで注目され在京テレビ各局の番組のほかル・モンド(フランス)のニュース番組をはじめAFP通信などにも取り上げられた。足立区役所所属機関の主催事業が海外メディアに取り上げられた稀にみる事例。2012年開催。足立区立郷土博物館 フレッシュアイペディアより)

132件中 11 - 20件表示

「仏紙ルモンド」のニューストピックワード

  • 脱毛皮

  • BVLGARI AVRORA AWARDS(ブルガリ アウローラ アワード) 2018

  • 元日本代表FW柿谷曜一朗