132件中 21 - 30件表示
  • ハードツービート

    ハードツービートから見たル・モンドル・モンド

    アメリカ人馬主のスティーブン・ソカロウに買われたときの値は僅か920ギニー(約100万円)という安馬だったが、2歳時にグラン・クリテリウム (G1) に優勝し、フランスの2歳チャンピオンとなる。3歳になりフォンテーヌブロー賞 (G3) 、リュパン賞 (G1) を制し、大本命としてジョッケクルブ賞に向かったが、競走4日前に日本人馬主の樫山純三に115万ドル(約3億7000万円)で譲渡され、樫山の所有馬として同競走に出走した。当日はレスター・ピゴットを鞍上に優勝を果たし、樫山は日本人初の欧州クラシック競走優勝馬主となった。しかし翌日この勝利を伝えたル・モンド紙上には「名誉を金で買った」ことに対する批判的な論調もあった。ハードツービート フレッシュアイペディアより)

  • イラン・イラク戦争における航空戦

    イラン・イラク戦争における航空戦から見たル・モンドル・モンド

    1983年1月2日、イラクのアジズ外相はフランスを訪問し、フランソワ・ミッテラン大統領等と会談し、武器代金の支払い条件の緩和と石油買い付け量拡大に合意した。2月4日、ル・モンド紙は発注済みのミラージュF1戦闘機60機のうち29機を年内に引渡し、更にシュペルエタンダールとエグゾセ対艦ミサイルの追加供与も検討されたと報じた。イラン・イラク戦争における航空戦 フレッシュアイペディアより)

  • スイスリークス事件

    スイスリークス事件から見たル・モンドル・モンド

    2007年、同社社員でIT担当だったエルベ・ファルチアニが、多数のファイルを盗み出しフランス政府当局に提出していた。これらのファイルは、フランスで脱税の摘発のために活用され、2010年には他国の政府とも共有された。国際調査報道ジャーナリスト連合(International Consortium of Investigative Journalists、ICIJ)は、これらのファイルをフランスの新聞ル・モンド経由で入手し、2015年、45社を超える世界中のメディアに提供した。スイスリークス事件 フレッシュアイペディアより)

  • エミール・アンリオ

    エミール・アンリオから見たル・モンドル・モンド

    エミール・アンリオ(フランス語:Emile Henriot、1889年3月3日 - 1961年4月14日)は、フランス・パリ出身の詩人、小説家、批評家。1957年5月22日付けの『ル・モンド』誌上の評論において、第二次世界大戦後のフランスで発表された前衛的な小説作品群を形容した「ヌーヴォー・ロマン」と言う言葉を造語したことで知られる。エミール・アンリオ フレッシュアイペディアより)

  • 1966年シリアクーデター

    1966年シリアクーデターから見たル・モンドル・モンド

    クーデター後すぐにアフラクやウムラーン支持派の将校の追放が行なわれた。ウムラン自身を含む追放対象者はメッツェ刑務所に投獄された。ジャディード政権の最初の政策の1つはアサドを防衛大臣に任命することだった。しかし、アサドはクーデターを支持していなかった。後のル・モンド紙のインタビューでも、アサドは「軍の介入は遺憾なことであった。バアス党は民主的な政党であり、紛争は民主的な方法で解決されている必要があった。」と語っていた。しかしながら、民族指導部の独裁に終止符を打つのに必要だったという見解も示している。1966年シリアクーデター フレッシュアイペディアより)

  • ランス・アームストロングのドーピング問題

    ランス・アームストロングのドーピング問題から見たル・モンドル・モンド

    さらに、アームストロングがツール連覇を続けた2004年7月にも、再び「もしもアームストロングがクリーンなら、まれにみる復活劇だ。そしてもしもクリーンではなかったとしたら、史上まれにみる茶番だ」とコメントした。また「ランスにはなんでも秘密にしておける才能があるようだね。どうやってみんなに潔癖さを信じ込ませ続けているのか私には理解不能だ」と『ル・モンド』紙へのコメントで語った。ランス・アームストロングのドーピング問題 フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル・コー

    ダニエル・コーから見たル・モンドル・モンド

    1960年代末、新傾向ジャズ、アメリカ現代音楽、ワールドミュージック並びにあらゆるジャンルの周縁音楽の専門家として記事を発表したのを皮切りに、1969年から1975年にかけて「コンバ」や「ジャズ・ホット」、また「ラール・ヴィヴァン」に寄稿。1974年から1976年まで「シャルリー・マンシュエル」にアラブ音楽についての一連の記事を書き、1975年から1979年までは「ル・モンド」にも協力していた。ダニエル・コー フレッシュアイペディアより)

  • 国家再編成プロセス

    国家再編成プロセスから見たル・モンドル・モンド

    緑の党の代理人ノエル・マメール、マルティーヌ・ビラール(Martine Billard)やイヴ・コッシェは2003年9月10日に議会の委員会の要求に応じて、エドゥアール・バラデュールが議長を務めるフランス国民議会の外交委員会で「1973年から1984年までのラテンアメリカでの軍事政権に対する支持というフランスの役割」について証言した。『ル・モンド』以外の新聞はこの要求について沈黙を保った。しかしながら、代理人ロラン・ブルム(Roland Blum)は委員会の告発にマリー=モニク・ロバンの話を聞く事を拒否し、2003年12月にロバンによって最悪な箇所として修正された12頁の報告書を出版した。ロバンによってフランス外務省で合意資料が発見されたにも拘わらず、合意は結ばれなかったと指摘された。国家再編成プロセス フレッシュアイペディアより)

  • ロベール・ギラン

    ロベール・ギランから見たル・モンドル・モンド

    終戦直後に解放された後には、原爆投下後の広島や長崎の惨状、さらにGHQ指揮下における政党活動の再興などをレポートしつつ1946年まで日本に在住する。いったんフランスに戻った後、再来日し、ル・モンド紙の特派員として日本に滞在し続けた。ロベール・ギラン フレッシュアイペディアより)

  • エドガール・モラン

    エドガール・モランから見たル・モンドル・モンド

    1968年、アンリ・ルフェーブルに代わり、パリ第10大学ナンテールに赴任した。フランス国内で起こりはじめた学生の反乱に関与し始めた。 1968年5月、ル・モンド紙に一連の記事を書き、「学生コミューン」とモランが呼ぶものを理解しようと努めた。五月革命を密接に追いかけ、ル・モンド紙に、『顔のない革命』と呼ばれる第二弾の一連の記事を書いた。また、コルネリュウス・カストリアディス、クロード・ルフォールとともに『学生コミューン』を共同執筆した。エドガール・モラン フレッシュアイペディアより)

132件中 21 - 30件表示

「仏紙ルモンド」のニューストピックワード

  • 脱毛皮

  • BVLGARI AVRORA AWARDS(ブルガリ アウローラ アワード) 2018

  • 元日本代表FW柿谷曜一朗