85件中 21 - 30件表示
  • 知久寿焼

    知久寿焼から見たル・モンドルモンド

    たまは1995年末の柳原の脱退を経て、その後も地道に活動を続けていたが、2003年10月解散。その後も様々なミュージシャンとの共演や全国各地での音楽活動を続けている。『たま』メンバーであった石川と共に、14人編成の音楽ユニット『パスカルズ』に参加・活動。ヨーロッパなど海外公演を多く行い、フランスでは新聞『ル・モンド』に紹介されたり、音楽チャートで1位になるなどの人気を獲得した。また同じく『たま』メンバーであった滝本晃司ともユニットや楽曲参加、ジョン (犬)、イトケン、ロム・チアキとはユニット『17』(いーな)を組んでいる。知久寿焼 フレッシュアイペディアより)

  • ロレンツォ・マトッティ

    ロレンツォ・マトッティから見たルモンドルモンド

    ロレンツォ・マトッティ(Lorenzo Mattotti、1954年2月24日 - )は、イタリア出身の漫画家、イラストレーター。彼のイラストレーションは「COSMOPOLITAN」や「ヴォーグ」、「ザ・ニューヨーカー」、「ルモンド」などで見ることができる。漫画の分野では、グラフィックノベル版『ジキル博士とハイド氏』により2003年にアイズナー賞を受賞している。ロレンツォ・マトッティ フレッシュアイペディアより)

  • マイクロクレジット

    マイクロクレジットから見たルモンドルモンド

    世界銀行の見積もりでは、7000以上のマイクロファイナンスを実施する機関があり、約1600万人もの開発途上国の人々にサービスを提供している。ルモンド紙によれば、世銀の専門家は30億人の貧困状態にある人々のうち5億人がこれらの低額の貸し付け(80ユーロ程度)を受けたことがあると見積もっている。カンボジアやケニアなどがその例として挙げられる。また、アジア太平洋地域で貸し付けの83%を占めている。1997年11月、137カ国から2900以上の代表団がワシントンD.C.に集まり、マイクロクレジット・サミットが開催された。マイクロクレジット フレッシュアイペディアより)

  • ル・モンド・ディプロマティーク

    ル・モンド・ディプロマティークから見たルモンドルモンド

    1954年に創刊。日刊紙ルモンドの子会社の形態をとり、日々のニュースよりは世界的な政治・経済・社会潮流に関する記事を主に掲載しており、知識層に幅広く読まれている。また、新自由主義に批判的で、連帯経済やアルテルモンディアリスムなどを推進する立場を取る。イグナシオ・ラモネが長年編集総長を担当してきたが、2008年3月にセルジュ・アリミに交代した。なお、フランスやドイツなどで活発に活動しているATTACも、同紙の記事を基盤として生まれたものである。ル・モンド・ディプロマティーク フレッシュアイペディアより)

  • ベルナール・クシュネル

    ベルナール・クシュネルから見たル・モンドルモンド

    ベルナール・クシュネルは2007年5月20日付けの『ル・モンド』紙に『なぜ引き受けたのか』と題する記事を寄稿し、社会民主主義を掲げる身として右派の政府に歩調をあわせることになったかを、以下のように語っている。「以前から、そして現在も自分は社会民主主義という思想の下に自由な一人の人間である。多くの点において自分とは考え方の合わない人々と仕事することを選んだからといって、それが社会党員としての立場を変えるつもりはない。(中略)これからも、開かれた考え方をもって、いつかフランスに社会民主主義が成立するように考え、そして戦い続けるつもりだ。」続けて、職務と、内閣での立場について「フランスの外交政策は右派というものでも左派というものでもない。日々変遷する世界情勢の中でフランスの立場を確立するもので、決意と進歩性を必要とされる。フランスの外交を率いるという職務を任せるにあたって、(ニコラ・サルコジ)大統領は自分がサルコジ支持に回ることを期待してはいない。自分の信念のかなりの部分は彼の考えとは違い、また逆に彼の信念は自分には受け入れられないこともある。新しいスタイル、解釈、そして時代が、門戸開放という美しい呼び名の元に成功することを期待している。」ベルナール・クシュネル フレッシュアイペディアより)

  • レインボー・ウォーリア号事件

    レインボー・ウォーリア号事件から見たル・モンドルモンド

    ミッテラン大統領がこの事件について承認なり指示なりを与えていたかどうかが、またひとつの長い議論として存在している。事件の20周年にあたる2005年7月10日にル・モンドは、ラコストが1986年に書いた直筆のペーパーを根拠として、当時ラコストがミッテランの承認を受けていたという内容の記事を発表した。このペーパーは第一次コアビタシオン成立後にジャック・シラク首相の意向でアンドレ・ジロー国防相から事件について報告を求められた際に書かれたものという。レインボー・ウォーリア号事件 フレッシュアイペディアより)

  • 三色同盟

    三色同盟から見たル・モンド紙ルモンド

    フランスの保守派評論家のアレクサンドル・デル・ヴァル(Alexandre del Valle)が2002年4月21日のフィガロ新聞に載せた文章「une alliance idéologique ... rouge-brun-vert」にはじまる。(http://www.info-turc.org/article522.html 原文の英訳参照)後にフランス・ユダヤ人団体代表評議会(CRIF)の会長ロジェル・キュキエルマン(Roger Cukierman)がこの語を用い、 2003年1月27・28日のル・モンド紙で報道されて世間に広まった。米国には2003年頃からブログやネットニュースで伝わり緑色にイスラム教の意味が加わった。三色同盟 フレッシュアイペディアより)

  • ルモンド世紀の100冊

    ルモンド世紀の100冊から見たルモンドルモンド

    世紀の100冊(せいきのひゃくさつ)は、1999年にフランスの小売業者フナック及びパリの新聞社ルモンドが実施した世論調査によるブック・ランキング。ルモンド世紀の100冊 フレッシュアイペディアより)

  • 石川浩司

    石川浩司から見たル・モンドルモンド

    その後も地道にバンド活動を続けていたが、2003年10月バンド解散、新しい活動を模索。ソロや他のミュージシャンと共に音楽活動を続ける他、『たま』メンバーであった知久と共に音楽ユニット『パスカルズ』に参加・活動。ヨーロッパなど海外公演を多く行い、フランスの新聞「ル・モンド」に紹介されたり、音楽チャートで1位になるなどの人気を獲得している。石川浩司 フレッシュアイペディアより)

  • レジス・ドゥブレ

    レジス・ドゥブレから見たルモンドルモンド

    ピノチェト将軍によるチリ・クーデターを受けて、ドゥブレは1973年にフランスに帰国。1981年からのフランソワ・ミッテラン政権で外交顧問として参画する一方で、代表的左翼知識人として活躍。『ルモンド』などで数多くの小説・エッセイを発表。徐々にメディア化する政権と距離をとるようになり、1988年、顧問を辞職。レジス・ドゥブレ フレッシュアイペディアより)

85件中 21 - 30件表示

「仏紙ルモンド」のニューストピックワード