85件中 31 - 40件表示
  • ハードツービート

    ハードツービートから見たルモンドルモンド

    アメリカ人馬主のスティーブン・ソカロウに買われたときの値は僅か920ギニー(約100万円)という安馬だったが、2歳時にグラン・クリテリウム (G1) に優勝し、フランスの2歳チャンピオンとなる。3歳になりフォンテーヌブロー賞 (G3) 、リュパン賞 (G1) を制し、大本命としてジョッケクルブ賞に向かったが、競走4日前に日本人馬主の樫山純三に115万ドル(約3億7000万円)で譲渡され、樫山の所有馬として同競走に出走した。当日はレスター・ピゴットを鞍上に優勝を果たし、樫山は日本人初の欧州クラシック競走優勝馬主となった。しかし翌日この勝利を伝えたル・モンド紙上には「名誉を金で買った」ことに対する批判的な論調もあった。ハードツービート フレッシュアイペディアより)

  • エルヴェ・ギベール

    エルヴェ・ギベールから見たルモンドルモンド

    1977年、処女作『死のプロパガンダ』をレジーヌ・デュフォルジュ社から発表。大叔母姉妹を題材にした戯曲『シュザンヌとルイーズ』を書き、アヴィニョン演劇祭で朗読。その時の体験をもとに記事を書き『ル・モンド』紙に持ち込む。文化欄の編集長イヴォンヌ・バビーに写真批評担当として採用される。エルヴェ・ギベール フレッシュアイペディアより)

  • UFO研究

    UFO研究から見たルモンドルモンド

    Geipanが1954年に設立されて以来、CNESや警察に提出、保管されている情報はおよそ1600件であった(2007年時点)。関連証拠品は実に10万件に及ぶ。フランスの知識階級が読む高級紙として知られる「ルモンド」によれば、CNESの保管情報の構成は以下のとおりである。UFO研究 フレッシュアイペディアより)

  • カフェ・プロコップ

    カフェ・プロコップから見たル・モンド紙ルモンド

    革命期には、フリジア帽が自由の象徴となり、ル・プロコップに最初に飾られた。コルドリエ・クラブ、ロベスピエール、ジョルジュ・ダントンそしてジャン=ポール・マラーはこのカフェを会合の場所として使っていた。復古王政後の有名な客はアレクサンダー・フォン・フンボルトであった。彼は、1820年代に午前11時から正午まで毎日ここで昼食を取った。ル・プロコップは文芸上の名声を保ち続けていた。アルフレッド・ド・ミュッセ、ジョルジュ・サンド、ギュスターヴ・プランシュ(Gustave Planche)や哲学者ピエール・ルルー、ル・モンド紙の編集者M・コキーユ(M. Coquille)、アナトール・フランスらは皆、常連であった。第二帝政下では日刊紙Le Courrier français、La Réformeのオギュスト・ジャン=マリー・ヴェルモレル(August Jean-Marie Vermorel)やレオン・ガンベタらが社会改革の計画を議論していた。カフェ・プロコップ フレッシュアイペディアより)

  • クネイトラ

    クネイトラから見たルモンドルモンド

    1974年7月はじめ、街に帰るシリア人難民に同行した西側の記者は完全に破壊されたクネイトラの廃墟を見た。タイム誌の特派員は、「建物のほとんどは、ダイナマイトで破壊されたかのように平らにひしゃげ、もしくは砲撃で穴だらけになっていた」と報告している。ルモンド紙のシリア特派員は、タイムズ紙に寄せた記事で破壊の詳細を次のように書き記した。クネイトラ フレッシュアイペディアより)

  • ドンキホーテの子どもたち

    ドンキホーテの子どもたちから見たルモンドルモンド

    LeMonde.fr: La question du logement s'invite dans la campagne électorale(『ルモンド』フランス語動画。2007年1月3日)ドンキホーテの子どもたち フレッシュアイペディアより)

  • リベラシオン

    リベラシオンから見たル・モンドルモンド

    リベラシオン初の管理部長、ベルナール・ラユモンとエドゥアール・ド・ロッチルドとの論争は、ル・モンド紙上で起こった。2006年7月4日付のコラムで、ジュリが辞めたことで「書くことが何かを意味した」時代は終わった、と主張した。ラユモンは、リベラシオンのみならず、新聞界全体の将来が厳しいものであると指摘した。サルトルの有名な言葉「金融に思想はない L'argent n'a pas d'idées.」を引用し、ロッチルドの介入を批判した。のちにラユモンは自身のブログで、ロッチルドはもともと新聞に歴史に残る愛着があったわけではない、新聞自身にではなく金儲けに興味があっただけだと主張した。2006年7月6日には、ロッチルドが次のように意見表明をする。「リベラシオンは助力と、精神的・知的・経済的支援を必要としている。リベラシオンはレクイエムを必要としているわけではない。」リベラシオン フレッシュアイペディアより)

  • せんだいメディアテーク

    せんだいメディアテークから見たル・モンドルモンド

    なお、smtは建築物としても評価が高い。伊東豊雄の代表作となっているこの建築は、6枚の床(プレート)と、揺れる海草のような形状の13本のチューブと呼ばれる鉄骨独立シャフトのみの単純な構造によって、地下2階、地上7階の空間のすべてが作られている。これは、「柱」によって建てられる旧来の日本家屋と建築思想が同じであるが、梁はない。工事は三次元曲面の加工技術を持つ気仙沼市の高橋工業が担当した。また、全面がガラス張りであり、支柱のスケルトン構造が外から直接見ることができ、一方、中からもケヤキ並木の定禅寺通を見渡せ、中と外との一体感がある。このような構造とデザインの優秀さのため、建築関係者をはじめとして、世界各国からカメラ片手に訪れる人を建物周辺で見ることが出来る。フランスのル・モンド紙において「伊東豊雄のsmtで有名な仙台」と記述された例もあり、海外ではsmtが仙台の顔の1つともなっている。せんだいメディアテーク フレッシュアイペディアより)

  • 国家再編成プロセス

    国家再編成プロセスから見たル・モンドルモンド

    緑の党の代理人ノエル・マメール、マルティーヌ・ビラール(Martine Billard)やイヴ・コッシェは2003年9月10日に議会の委員会の要求に応じて、エドゥアール・バラデュールが議長を務めるフランス国民議会の外交委員会で「1973年から1984年までのラテンアメリカでの軍事政権に対する支持というフランスの役割」について証言した。『ル・モンド』以外の新聞はこの要求について沈黙を保った。しかしながら、代理人ロラン・ブルム(Roland Blum)は委員会の告発にマリー=モニク・ロバンの話を聞く事を拒否し、2003年12月にロバンによって最悪な箇所として修正された12頁の報告書を出版した。ロバンによってフランス外務省で合意資料が発見されたにも拘わらず、合意は結ばれなかったと指摘された。国家再編成プロセス フレッシュアイペディアより)

  • フィルミニのル・コルビュジエ遺産

    フィルミニのル・コルビュジエ遺産から見たル・モンドルモンド

    2006年11月末から12月はじめにかけてのル・モンド、AFP等の報道を要約すると、2001年に選出された市長ディノ・シニエリ(民衆運動連合=中道右派)が、ル・コルビュジエによって設計された文化会館、競技場、ユニテ・ダビタシオンなどの既存建築群とフィルミニ-ヴェールの都市計画全体が観光資源になる可能性を持ち、かつ教会の完成は話題づくりに役立つとともにその目玉になりうると判断したことが端緒となり、2003年に地元の広域自治体サン=テティエンヌ・メトロポールは、ル・コルビュジエ財団の同意を得たうえで、ル・コルビュジエの生前からこの教会の計画にたずさわっていたジョゼ・ウブルリーの実施設計に従って、その建設を再開させた。このような経緯で2006年11月に、サン-ピエール教会は計画の開始の46年後(ル・コルビュジエの没後41年後)に竣工するにいたった。工費は最終的には1,000万ユーロにのぼるとみられる。低層部分にはル・コルビュジエに関する展示施設が設けられ、上階に位置する教会の身廊部分も来訪者に開放される。フィルミニのル・コルビュジエ遺産 フレッシュアイペディアより)

85件中 31 - 40件表示

「仏紙ルモンド」のニューストピックワード