132件中 31 - 40件表示
  • フランス・クリダ

    フランス・クリダから見たル・モンドル・モンド

    1956年に、フランツ・リスト国際コンクール(現在のブダペスト国際音楽コンクール)に出場し、同コンクールでは19年ぶりとなるフランツ・リスト賞を受賞。以後、活躍の場を世界へと広げることとなる。パリ・シャンゼリゼ劇場でのリサイタルを聴いた評論家のベルナール・ガヴォティは、『ル・モンド』紙のコンサート評で、クリダを「マダム・リスト」と讃えた 。やがて彼女は、モニク・アース、セシル・ウーセ、ロベール・カサドシュ、フィリップ・アントルモンらとともに、「フランス・ピアノ楽派」の代表的存在と目されるようになった。フランス・クリダ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の中国における反日活動

    2005年の中国における反日活動から見たル・モンドル・モンド

    ル・モンド?「デモは内政的には市場経済移行に伴う不満、外交的にはアジア唯一の強国であろうとする意思を示している」2005年の中国における反日活動 フレッシュアイペディアより)

  • 青が消える (Losing Blue)

    青が消える (Losing Blue)から見たル・モンドル・モンド

    「この雑誌はかなり分厚いもので、英『インディペンデント』、仏『ル・モンド』、伊『ラ・レプーブリカ』、西『エル・パイス』の各新聞が『新聞別冊(サプルメント)』というかたちで共同でつくり、それぞれの言語で発行した。」青が消える (Losing Blue) フレッシュアイペディアより)

  • ヌーヴェルヴァーグ

    ヌーヴェルヴァーグから見たル・モンドル・モンド

    しかし実際には、ヌーヴォー・ロマンという運動自体があったわけではなく、その呼称すら1957年5月22日『ル・モンド』での論評に初めて現れたものであり、『レクスプレス』誌の引用で『シネマ58』1957年2月号に現れた「ヌーヴェルヴァーグ」という呼称の方が早い。『勝手にしやがれ』に代表されるアンチクライマックス的説話論自体は、文学の影響というよりも、むしろバザンが熱烈に擁護した『無防備都市』(1945年)や『ドイツ零年』(1948年)のロッセリーニや、『カイエ』の若者たちを魅了した『拳銃魔』(1950年)のジョセフ・H・リュイス、『夜の人々』(1949) のニコラス・レイ、『暗黒街の弾痕』のフリッツ・ラングらのアメリカの低予算Bムービーのほうにダイレクトな影響関係がある。文学ではトリュフォーは『大人は判ってくれない』にあるようにむしろバルザック、アストリュックは『女の一生』つまりはモーパッサンが原作、と非常に古風である。哲学や文学領域の新傾向とヌーヴェルヴァーグとは、一方的な影響関係にあるというよりも、異分野で同時多発的に起きたものであり、だからこそ、デュラスらは彼ら映画人と対等に共同戦線を張ったのである。ヌーヴェルヴァーグ フレッシュアイペディアより)

  • ジャミラ・ブーパシャ

    ジャミラ・ブーパシャから見たル・モンドル・モンド

    翌年、アリミの友人であるシモーヌ・ド・ボーヴォワールが、「Pour Djamila Boupacha」と題する手記を『ル・モンド』紙に寄稿した。フランス当局の非人道的な行為は、フランス国民に大きな衝撃をもって知られることになった。ジャミラ・ブーパシャ フレッシュアイペディアより)

  • 週35時間労働制

    週35時間労働制から見たル・モンドル・モンド

    フランスの新聞ル・モンド2004年12月14日付けの記事によると、フランスの平均的労働時間は、欧州連合25カ国の平均同様、37時間と示されている。週35時間労働制 フレッシュアイペディアより)

  • マイクロクレジット

    マイクロクレジットから見たル・モンドル・モンド

    世界銀行の見積もりでは、7000以上のマイクロファイナンスを実施する機関があり、約1600万人もの開発途上国の人々にサービスを提供している。ル・モンド紙によれば、世銀の専門家は30億人の貧困状態にある人々のうち5億人がこれらの低額の貸し付け(80ユーロ程度)を受けたことがあると見積もっている。カンボジアやケニアなどがその例として挙げられる。また、アジア太平洋地域で貸し付けの83%を占めている。1997年11月、137カ国から2900以上の代表団が米国首都ワシントンD.C.に集まり、マイクロクレジット・サミットが開催された。マイクロクレジット フレッシュアイペディアより)

  • 浜名優美

    浜名優美から見たル・モンドル・モンド

    ル・モンド・エディション編『哲学・科学・宗教 『ル・モンド』インタビュー集』丸岡高弘共訳 産業図書 1995浜名優美 フレッシュアイペディアより)

  • エルヴェ・ギベール

    エルヴェ・ギベールから見たル・モンドル・モンド

    1977年、処女作『死のプロパガンダ』をレジーヌ・デュフォルジュ社から発表。大叔母姉妹を題材にした戯曲『シュザンヌとルイーズ』を書き、アヴィニョン演劇祭で朗読。その時の体験をもとに記事を書き『ル・モンド』紙に持ち込む。文化欄の編集長イヴォンヌ・バビーに写真批評担当として採用される。エルヴェ・ギベール フレッシュアイペディアより)

  • ロレンツォ・マトッティ

    ロレンツォ・マトッティから見たル・モンドル・モンド

    ロレンツォ・マトッティ(Lorenzo Mattotti、1954年2月24日 - )は、イタリア出身の漫画家、イラストレーター。彼のイラストレーションは「COSMOPOLITAN」や「ヴォーグ」、「ザ・ニューヨーカー」、「ル・モンド」などで見ることができる。漫画の分野では、グラフィックノベル版『ジキル博士とハイド氏』により2003年にアイズナー賞を受賞している。ロレンツォ・マトッティ フレッシュアイペディアより)

132件中 31 - 40件表示

「仏紙ルモンド」のニューストピックワード

  • 脱毛皮

  • BVLGARI AVRORA AWARDS(ブルガリ アウローラ アワード) 2018

  • 元日本代表FW柿谷曜一朗