85件中 41 - 50件表示
  • 小松一郎

    小松一郎から見たル・モンドルモンド

    2011年駐フランス特命全権大使に就任。2012年(平成24年)11月10日付、ル・モンド紙に尖閣諸島の領有権が日本にあることを主張する一文を寄稿した。小松一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 12月19日

    12月19日から見たルモンドルモンド

    1944年 - フランスの夕刊紙『ルモンド』が創刊。12月19日 フレッシュアイペディアより)

  • エドガール・モラン

    エドガール・モランから見たルモンドルモンド

    1968年、アンリ・ルフェーブルに代わり、パリ第10大学ナンテールに赴任した。フランス国内で起こりはじめた学生の反乱に関与し始めた。 1968年5月、ルモンド紙に一連の記事を書き、「学生コミューン」とモランが呼ぶものを理解しようと努めた。五月革命を密接に追いかけ、ルモンド紙に、『顔のない革命』と呼ばれる第二弾の一連の記事を書いた。また、コルネリュウス・カストリアディス、クロード・ルフォールとともに『学生コミューン』を共同執筆した。エドガール・モラン フレッシュアイペディアより)

  • 陳光誠

    陳光誠から見たル・モンドルモンド

    彼の名を世界的に知らしめたのは、2005年6月、人口抑制関連法(一人っ子政策)を厳しく執行し、人工妊娠中絶や不妊手術を強制した山東省臨沂市の当局に対して行った集団訴訟を巡ってである。これに対して地元当局は彼とその家族を7ヶ月間自宅に軟禁、2006年3月から地元警察により臨沂市の施設に拘禁され、同年6月21日逮捕。同年7月20日:zh:独立中文笔会の記者・と高智晟が臨沂市へ裁判の傍聴に行き、東師古村で妻・袁偉静と会った。同年8月24日4年3ヶ月の有罪判決を受けた。2010年9月9日釈放されたが、その直後から自宅に妻とともに19ヶ月間に渡り軟禁された。夫妻が軟禁されている間、各国の外交官、CNN、ニューヨーク・タイムズ、ル・モンドのジャーナリストなどが接触を試みたが果たせなかった。2012年1月に兄が亡くなったときにも外出の許可がされなかった。陳光誠 フレッシュアイペディアより)

  • ジャミラ・ブーパシャ

    ジャミラ・ブーパシャから見たル・モンドルモンド

    翌年、アリミの友人であるシモーヌ・ド・ボーヴォワールが、「Pour Djamila Boupacha」と題する手記を「ル・モンド」に寄稿。フランス当局の非人道的な行為は、フランス国民に大きな衝撃をもって知られることになる。ジャミラ・ブーパシャ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の中国における反日活動

    2005年の中国における反日活動から見たルモンドルモンド

    ル・モンド?「デモは内政的には市場経済移行に伴う不満、外交的にはアジア唯一の強国であろうとする意思を示している」2005年の中国における反日活動 フレッシュアイペディアより)

  • グレッグ・レモン

    グレッグ・レモンから見たルモンドルモンド

    さらに、アームストロングがツール連覇を続けた2004年7月にも、再び「もしもアームストロングがクリーンなら、まれにみる復活劇だ。そしてもしもクリーンではなかったとしたら、史上まれにみる茶番だ」とコメントした。また「ランスにはなんでも秘密にしておける才能があるようだね。どうやってみんなに潔癖さを信じ込ませ続けているのか私には理解不能だ」と『ルモンド』紙へのコメントで語った。グレッグ・レモン フレッシュアイペディアより)

  • 黒色すみれ

    黒色すみれから見たルモンドルモンド

    この様子はLe Monde(ルモンド)や地元新聞Le Berryなどの複数のメディアにも取り上げられた。黒色すみれ フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲八百長問題

    大相撲八百長問題から見たル・モンドルモンド

    ほか、米国のニューヨーク・タイムズ、の新聞「ル・モンド」、のスポーツ新聞「韓国スポーツ」等が詳しく報じている。大相撲八百長問題 フレッシュアイペディアより)

  • フランク・ミシュラン

    フランク・ミシュランから見たルモンドルモンド

    『ロシア、プーチン以後』2009年『10年後、駆け引きは3者で行われる:ワシントン、モスクワ、北京』(2007年ルモンド)フランク・ミシュラン フレッシュアイペディアより)

85件中 41 - 50件表示

「仏紙ルモンド」のニューストピックワード