132件中 41 - 50件表示
  • レジス・ドゥブレ

    レジス・ドゥブレから見たル・モンドル・モンド

    ピノチェト将軍によるチリ・クーデターを受けて、ドゥブレは1973年にフランスに帰国。1981年からのフランソワ・ミッテラン政権で外交顧問として参画する一方で、代表的左翼知識人として活躍。『ル・モンド』などで数多くの小説・エッセイを発表。徐々にメディア化する政権と距離をとるようになり、1988年、顧問を辞職。レジス・ドゥブレ フレッシュアイペディアより)

  • 新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論

    新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論から見たル・モンドル・モンド

    全3巻構成で、いずれも世代を超えて大きな反響・論争を呼んだベストセラー。内容は主に大東亜戦争(太平洋戦争)。戦争とは何か、国家とは何か。作者一流の圧倒的な迫力と説得力もあり、主に保守陣営に多大な支持を受けた反面、上杉聰や宮台真司、宮崎哲弥、吉本隆明、さらにはニューヨーク・タイムズ紙やル・モンド紙等、日本国外のメディアに至るまで、数多くの陣営から「歴史の書き換え」として批判された(なお『戦争論2』までは保守陣営全体に評価を受けていたが、親米派は『戦争論2』の第一章に否定的となり、続く『戦争論3』にも否定の構えを取る。この論争が一部のつくる会関係者との亀裂を決定的にし、最終的に小林の同団体からの離脱のきっかけとなった。そして、リベラルの宮台・宮崎は小林を批判しながらも、「小林に攻撃されている左翼はやられちゃっていい」という態度を取っていたが、『戦争論3』で小林への批判を弱め、攻撃目標を「小林とつくる会」から「つくる会」に絞った)。内容を巡って田原総一朗と論戦したものが別に本(『戦争論争戦』)となって刊行されている。なお、背表紙には大きく『戦争論』と書かれているが、カール・フォン・クラウゼヴィッツの『戦争論』と内容は全く異なり、関連性はない。新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論 フレッシュアイペディアより)

  • アクロバット

    アクロバットから見たル・モンドル・モンド

    File:Japanese acrobat in Paris Expo 1867.jpg|パリ万国博覧会 (1867年)に参加した日本のアクロバット。隅田川浪五郎率いる日本帝国一座。ル・モンド誌。アクロバット フレッシュアイペディアより)

  • UFO研究

    UFO研究から見たル・モンドル・モンド

    GEIPANが1954年に設立されて以来、CNESや警察に提出され保管されている情報はおよそ1600件であった(2007年時点)。関連証拠品は実に10万件に及ぶ。フランスの知識階級が読む高級紙として知られる『ル・モンド』によれば、CNESの保管情報の構成は以下のとおりであった。UFO研究 フレッシュアイペディアより)

  • ジャンヌ・ランバン

    ジャンヌ・ランバンから見たル・モンドル・モンド

    ランバンは1903年にピエトロ伯爵と別れ、1907年にレ・タン(Les Temps、後のル・モンド)紙のジャーナリスト、グザヴィエ・メレ(Xavier Melet)と結婚した。グザヴィエはイギリスのマンチェスターの領事を後に務めた。ジャンヌ・ランバン フレッシュアイペディアより)

  • ベルナール・クシュネル

    ベルナール・クシュネルから見たル・モンドル・モンド

    ベルナール・クシュネルは2007年5月20日付けの『ル・モンド』紙に『なぜ引き受けたのか』と題する記事を寄稿し、社会民主主義を掲げる身として右派の政府に歩調をあわせることになったかを、以下のように語っている。「以前から、そして現在も自分は社会民主主義という思想の下に自由な一人の人間である。多くの点において自分とは考え方の合わない人々と仕事することを選んだからといって、それが社会党員としての立場を変えるつもりはない。(中略)これからも、開かれた考え方をもって、いつかフランスに社会民主主義が成立するように考え、そして戦い続けるつもりだ。」続けて、職務と、内閣での立場について「フランスの外交政策は右派というものでも左派というものでもない。日々変遷する世界情勢の中でフランスの立場を確立するもので、決意と進歩性を必要とされる。フランスの外交を率いるという職務を任せるにあたって、(サルコジ)大統領は自分がサルコジ支持に回ることを期待してはいない。自分の信念のかなりの部分は彼の考えとは違い、また逆に彼の信念は自分には受け入れられないこともある。新しいスタイル、解釈、そして時代が、門戸開放という美しい呼び名の元に成功することを期待している。」ベルナール・クシュネル フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンドル・ソルジェニーツィン

    アレクサンドル・ソルジェニーツィンから見たル・モンドル・モンド

    1973年3月、ロシア正教会のピーメン総主教に公開状を送り、無神論者に支配された正教会の体質を批判した。8月中旬には「ル・モンド」紙、「AP通信」記者との会見で「私が急死したと聞いたら、国家保安委員会の仕業だ」と衝撃的な発言を行う。アレクサンドル・ソルジェニーツィン フレッシュアイペディアより)

  • アルジェリア内戦

    アルジェリア内戦から見たル・モンドル・モンド

    この物議を醸す「平和と国民和解のための憲章」は国民の80%の参加と97%の賛成票を以って成立が宣言された。アルジェリアにおけるキャンペーンの条件はフランスの報道機関、とくに『ル・モンド』や『リュマニテ(:w:L'Humanité)』などに批判された。アルジェリア内戦 フレッシュアイペディアより)

  • 意見広告7人の会

    意見広告7人の会から見たル・モンドル・モンド

    2009年2月に再結成し、同年4月に再びニューヨーク・タイムズに意見広告を掲載し、同年6月には韓国の東亜日報、中央日報および朝鮮日報、同年10月には仏紙ル・モンド、同年12月には読売新聞にも掲載した。意見広告7人の会 フレッシュアイペディアより)

  • カフェ・ド・パリ・ソース

    カフェ・ド・パリ・ソースから見たル・モンドル・モンド

    パリの新聞『ル・モンド』は、Le Relais de Venise (ル・ルレ・ド・ヴニーズ)、アントルコートで使われたソースは鶏レバー、新鮮なタイム、タイムの花、クリーム(脂肪分19パーセント以上)、ホワイトマスタード(シロガラシ)、バター、水、塩、およびコショウで作ると報じた。カフェ・ド・パリ・ソース フレッシュアイペディアより)

132件中 41 - 50件表示

「仏紙ルモンド」のニューストピックワード