132件中 51 - 60件表示
  • ヤスミナ・レザ

    ヤスミナ・レザから見たル・モンドル・モンド

    ル・モンド紙文学賞受賞 (2013)ヤスミナ・レザ フレッシュアイペディアより)

  • アウディトリオ・デ・テネリフェ

    アウディトリオ・デ・テネリフェから見たル・モンドル・モンド

    アウディトリオ・デ・テネリフェは、2003年9月26日に落成式が行われ、アストゥリアス公フェリペ(のちの国王フェリペ6世)によって公開された。アウディトリオの公開は世界中の新聞や雑誌記者に注目され、アメリカの「ニューヨーク・タイムズ」、イギリスの「フィナンシャル・タイムズ」と「インデペンデント」、フランスの「ル・モンド」、イタリアで最も多くの読者を持つ新聞の一つである「コリエーレ・デラ・セーラ」といった世界的に有名な新聞でも報じられ、各国で発刊されている雑誌、「エル・デコレーション」、「」、「マリ・クレール・メゾン」にも取り上げられた。アウディトリオ・デ・テネリフェ フレッシュアイペディアより)

  • ジャワ島中部地震

    ジャワ島中部地震から見たル・モンドル・モンド

    ル・モンド紙やフランス通信による数もほぼ同様であった。ジャワ島中部地震 フレッシュアイペディアより)

  • フランソワ・ベイル

    フランソワ・ベイルから見たル・モンドル・モンド

    「1948年、ピエール・シェフェールがミュジーク・コンクレートを創案したことで、コンサートという慣習は劇的に変化した。演奏者の排除である。初めはレコード、そして磁気テープ、現在では情報記憶媒体に音楽が固定されたことから、高音質のオーディオセットがあれば、聴く場所が自宅であっても構わないと考えられるようになった。フランソワ・ベイル (1932年生まれ、シェフェールの後を継ぎ1967年から1997年までGRMを率いた)は、こうした思惑を外してくれる。演奏会場で聴いてこそ意味を成す音楽を生み出しているのだ。」(ピエール・ジェルヴァゾーニ、ル・モンド紙 2002年)フランソワ・ベイル フレッシュアイペディアより)

  • ジャン=ルイ・ド・ランビュール

    ジャン=ルイ・ド・ランビュールから見たル・モンドル・モンド

    両親は、ブラジル出身の母、ルシール・カロジェーラと、フランスのピカルディ出身の父、グラーフ・ベルナール・デ・ブレティゼル・ランビュール。両親の母国語である、ポルトガル語とフランス語を学んだだけでなく、早くからドイツ語とドイツ文学にも触れ、後に翻訳家として大成功を収めた。トゥールーズとパリの高校を卒業後、両市の大学に通い、パリ政治学院で法学とドイツ語の学士号を取得、また、テュービンゲン(ドイツ、バーデン=ヴュルテンベルク州)の大学で、ドイツ語文学を学んだ。1958年、月刊誌リアリティーズで働き始め、数多くの芸術家達、ヘルベルト・フォン・カラヤン、カールハインツ・シュトックハウゼン、ルキノ・ヴィスコンティなどについての記事を書いた。1968年以降は、美術誌コネッサンス・デ・ザール、レクスプレス、日刊新聞ル・モンドで、25年以上に渡って記事を書き続けた。彼の関心は特に、作家の仕事への取り組み方と、どのようにして文学が生まれるのかということに向けられていた。それゆえ数え切れないほどの作家達に接触を試み、ロラン・バルト、ジュリアン・グラック、ジャン=マリ・ギュスターヴ・ル・クレジオ、エレーヌ・シクス、ヘルタ・ミュラー、エルンスト・ユンガー、トーマス・ベルンハルト、ギュンター・グラス、ハインリヒ・ベル、その他多くの作家達が彼との対談に応じた。それを元に、彼の主要作品であり、25人もの著者との対談を収録した、「、パリ フラマリオン出版、1978年」(作家の仕事部屋)が生まれた。この著書は日本語に翻訳され、1979年東京で刊行された(岩崎力訳、中央公論社)。また70年代初め以降、ランビュールは、ボンでフランスの文化担当官を務め、1975年にはフランス外務省文化課に勤務した。1987年と1995年の間に、初めにザールブリュッケン、その後フランクフルト・アム・マインで、フランス語学院の校長を務めた。翻訳家としても有名になり、とりわけ、パウル・ニゾンは彼を通して初めてフランス市民に知られるようになった。ジャン=ルイ・ド・ランビュール フレッシュアイペディアより)

  • Le Monde

    Le Mondeから見たル・モンドル・モンド

    Le Monde フレッシュアイペディアより)

  • リナ・ボヴリース

    リナ・ボヴリースから見たル・モンドル・モンド

    ブルームバーグ (企業)、ハフィントン・ポスト、New York (magazine)、デイリーニューズ (ニューヨーク)、Daily Finance by AOL、USAトゥデイ、Yahoo!ニュース、ABCニュース (アメリカ)、Googleニュース、ヴォーグ、ELLE (雑誌)、WWD、The Daily Beast、BuzzFeed、Jezebel (website)、ガーディアン、デイリー・メイル、テレグラフ、ザ・サン、フランス通信社、フランステレビ局 Canal+、M6 (TV channel)|M6、フランス新聞 ル・モンド、リベラシオン、フィガロ、L'Expansion、コリエーレ・デラ・セラ、Affari Esteri、il Giornale、ラ・レプッブリカ、Affaritaliani、イタリアテレビ局、Sky Italia、Tribune de Genève、ディー・ツァイト、ディ・ヴェルト、Correio da Manhã、RIAノーボスチ、The China Post、サウスチャイナ・モーニング・ポスト、自由時報、インド日刊英字新聞 ザ・タイムズ・オブ・インディア、ヘラルドサン、中近東新聞 Kuwait Times、B92、Iltalehti、Politiken、De Standaard、ブラジル通信社 O Globo、UPI通信社、Realitatea TV、テレビ朝日、フジテレビ、日本テレビ、共同通信社、産経新聞、毎日新聞、婦人公論、AERA。リナ・ボヴリース フレッシュアイペディアより)

  • フィルミニのル・コルビュジエ遺産

    フィルミニのル・コルビュジエ遺産から見たル・モンドル・モンド

    2006年11月末から12月初めに掛けてのル・モンド、AFP等の報道を要約すると、2001年に選出された市長ディノ・シニエリ(民衆運動連合=中道右派)が、ル・コルビュジエによって設計された文化会館、競技場、ユニテ・ダビタシオンなどの既存建築群とフィルミニ-ヴェールの都市計画全体が観光資源になる可能性を持ち、かつ教会の完成は話題づくりに役立つとともにその目玉になりうると判断したことが端緒となり、2003年に地元の広域自治体サン=テティエンヌ・メトロポールは、ル・コルビュジエ財団の同意を得たうえで、ル・コルビュジエの生前からこの教会の計画にたずさわっていたジョゼ・ウブルリーの実施設計に従って、その建設を再開させた。このような経緯で2006年11月に、サン-ピエール教会は計画の開始の46年後(ル・コルビュジエの没後41年後)に竣工するにいたった。工費は最終的には1,000万ユーロにのぼるとみられる。低層部分にはル・コルビュジエに関する展示施設が設けられ、上階に位置する教会の身廊部分も来訪者に開放される。フィルミニのル・コルビュジエ遺産 フレッシュアイペディアより)

  • グレッグ・レモン

    グレッグ・レモンから見たル・モンドル・モンド

    さらに、アームストロングがツール連覇を続けた2004年7月にも、再び「もしもアームストロングがクリーンなら、まれにみる復活劇だ。そしてもしもクリーンではなかったとしたら、史上まれにみる茶番だ」とコメントした。また「ランスにはなんでも秘密にしておける才能があるようだね。どうやってみんなに潔癖さを信じ込ませ続けているのか私には理解不能だ」と『ル・モンド』紙へのコメントで語った。グレッグ・レモン フレッシュアイペディアより)

  • 陳光誠

    陳光誠から見たル・モンドル・モンド

    彼の名を世界的に知らしめたのは、2005年6月、人口抑制関連法(一人っ子政策)を厳しく執行し、人工妊娠中絶や不妊手術を強制した山東省臨沂市の当局に対して行った集団訴訟を巡ってである。これに対して地元当局は彼とその家族を7ヶ月間自宅に軟禁、2006年3月から地元警察により臨沂市の施設に拘禁され、同年6月21日逮捕。同年7月20日:zh:独立中文笔会の記者・と高智晟が臨沂市へ裁判の傍聴に行き、東師古村で妻・袁偉静と会った。同年8月24日4年3ヶ月の有罪判決を受けた。2010年9月9日釈放されたが、その直後から自宅に妻とともに19ヶ月間に渡り軟禁された。夫妻が軟禁されている間、各国の外交官、CNN、ニューヨーク・タイムズ、ル・モンドのジャーナリストなどが接触を試みたが果たせなかった。2012年1月に兄が亡くなったときにも外出の許可がされなかった。陳光誠 フレッシュアイペディアより)

132件中 51 - 60件表示

「仏紙ルモンド」のニューストピックワード

  • 脱毛皮

  • BVLGARI AVRORA AWARDS(ブルガリ アウローラ アワード) 2018

  • 元日本代表FW柿谷曜一朗