85件中 51 - 60件表示
  • アントワーヌ・ブールデル

    アントワーヌ・ブールデルから見たル・モンドルモンド

    現在、フランスのモンパルナス駅とル・モンドのオフィスの間の細い道沿いに、ブールデル美術館がある。それは、24歳の頃から彼が住んでいた家・作業場・庭から成り立っている。アントワーヌ・ブールデル フレッシュアイペディアより)

  • マルセル・レルビエ

    マルセル・レルビエから見たル・モンドルモンド

    1952年 - 1962年、レルビエはテレビ製作に移行し、フランスのテレビ向けの文化番組の先駆者となり、ルクセンブルクやスイスのテレビでも仕事をした。レルビエは新聞に書く仕事をつづけ、1953年には『ル・モンド』紙の映画欄設立に助力した。1978年には回顧録『La tête qui tourne』(「撮影/回転する頭」の意、2006年再版 ISBN 2714412157)を出版した。マルセル・レルビエ フレッシュアイペディアより)

  • マチュー・アマルリック

    マチュー・アマルリックから見たル・モンドルモンド

    オー=ド=セーヌ県ヌイイ=シュル=セーヌ出身。父親はフランス人の「ル・モンド」紙の記者、母親はユダヤ系ポーランド人の文芸批評家。マチュー・アマルリック フレッシュアイペディアより)

  • むこうぶち

    むこうぶちから見たルモンドルモンド

    対戦相手を待つ間には英字新聞(誌名不明)、ルモンド(仏語版)、ロシア語新聞(誌名不明)など様々なものを読んでいる。このことから傀の学識の広さが窺え、フィリピン語を理解していることを示す場面もある。むこうぶち フレッシュアイペディアより)

  • 網野善彦

    網野善彦から見たルモンドルモンド

    2004年(平成16年)、東京都内の病院にて死去。享年76。遺骸は本人の遺志によって献体された。死去時には、ルモンド誌にも記事が掲載された。網野善彦 フレッシュアイペディアより)

  • アルジェリア内戦

    アルジェリア内戦から見たル・モンドルモンド

    この物議を醸す「平和と国民和解のための憲章」は国民の80%の参加と97%の賛成票を以って成立が宣言された。アルジェリアにおけるキャンペーンの条件はフランスの報道機関、とくに『ル・モンド』や『リュマニテ(:w:L'Humanité)』などに批判された。アルジェリア内戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日立ドキュメンタリー すばらしい世界旅行

    日立ドキュメンタリー すばらしい世界旅行から見たル・モンドルモンド

    番組の制作にはエスキモー民族に詳しい東京外国語大学の岡正雄教授、インカ文明発掘で有名であった東京大学の泉靖一教授ら文化人類学者の協力を得た。題材の相談、資料集めはもちろん外国の学者も紹介してもらった。ディレクターたちは各地域を分担し、半年間は現地で生活しながら取材と撮影にあたった。徹底した現場主義が、この番組の大原則であった。国際人類学民俗学会議ではたびたび招待上映され、パリのル・モンドが「民族的な主題を取り上げ、驚嘆に値する成果を上げた」と絶賛した。またこの映像は国内外の大学の講義にも利用され、博物館にも収蔵されている。さらに学会でも集められたことがない記録や学術論文で触れられたことのない記録もある。日立ドキュメンタリー すばらしい世界旅行 フレッシュアイペディアより)

  • 隅田川浪五郎

    隅田川浪五郎から見たル・モンドルモンド

    紙で作った蝶を扇子で仰ぎ、自由に舞い遊ばせる奇術「胡蝶の舞」を得意としていた。1867年1月9日、サンフランシスコのアカデミー・オブ・ミュージックにて「胡蝶の舞」を演じたことが記録に残っている。また、ル・モンド紙の1867年11月23日号にイラスト入りで紹介されるなど、パリでも賞賛された。隅田川浪五郎 フレッシュアイペディアより)

  • ロベール・ギラン

    ロベール・ギランから見たル・モンドルモンド

    終戦直後に解放された後には、原爆投下後の広島や長崎の惨状、さらにGHQ指揮下における政党活動の再興などをレポートしつつ1946年まで日本に在住する。その後いったんフランスに戻ったものの、再度日本に戻り、ル・モンド紙の特派員として日本に在住を続けた。ロベール・ギラン フレッシュアイペディアより)

  • ランス・アームストロングのドーピング問題

    ランス・アームストロングのドーピング問題から見たルモンドルモンド

    さらに、アームストロングがツール連覇を続けた2004年7月にも、再び「もしもアームストロングがクリーンなら、まれにみる復活劇だ。そしてもしもクリーンではなかったとしたら、史上まれにみる茶番だ」とコメントした。また「ランスにはなんでも秘密にしておける才能があるようだね。どうやってみんなに潔癖さを信じ込ませ続けているのか私には理解不能だ」と『ルモンド』紙へのコメントで語った。ランス・アームストロングのドーピング問題 フレッシュアイペディアより)

85件中 51 - 60件表示

「仏紙ルモンド」のニューストピックワード