132件中 61 - 70件表示
  • イフォガスの戦い

    イフォガスの戦いから見たル・モンドル・モンド

    フランスの新聞ル・モンドによれば、アブゼイド司令官の最後はマリ北部で進行中の軍事作戦に近い信頼出来る情報源によって確認される。彼の指揮下にあったイスラム戦闘員43人が彼とともに殺害される。イフォガスの戦い フレッシュアイペディアより)

  • 将軍達の反乱

    将軍達の反乱から見たLe Mondeル・モンド

    Article in Le Monde, 2001将軍達の反乱 フレッシュアイペディアより)

  • 全国紙

    全国紙から見たル・モンドル・モンド

    ル・モンド、ル・フィガロ、リベラシオン、フランス・ソワールと経済紙のレゼコーが全国紙である。全国紙 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤元雄

    安藤元雄から見たル・モンドル・モンド

    1996年(平成8年、62歳) 2月、日本近代文学館の企画「声のライブラリー」(第四回)に、中村真一郎、荻野アンナとともに出席、自作を朗読し、鼎談に加わる。雑誌「るしおる」に長詩「樹下」の連載を開始。學燈社の「日本名詩集成」に堀口大學と入沢康夫の作品鑑賞を執筆。この年から土井晩翠賞の選考委員となる。9月から翌年1月まで、明治大学の短期在外研究員として妻とともにパリに滞在、十七区に住む。パリ市立図書館でのネルヴァル展を見る。ル・モンド紙の元東京特派員ロベール・ギランに会う。ヴェネツィア、フィレンツェを再訪したほか、ディジョン、ナミュール、南仏などを旅行、グラックを再訪。安藤元雄 フレッシュアイペディアより)

  • 美輪 明宏

    美輪明宏から見たル・モンドル・モンド

    歌手としては、1984年にパリで、1987年には、パリ、マドリード、シュトゥットガルトでリサイタルを開催し、『ル・モンド』、『リベラシオン』を始め多数の新聞・雑誌に紹介・絶賛された。また、1986年からは、現在も続くPARCO劇場でのロングリサイタルが開始され、それ以外にも、全国各地でのリサイタル公演を開催し、舞台に立てなくなった後も切れ目なく活動を続けた。美輪明宏 フレッシュアイペディアより)

  • フラングレ

    フラングレから見たル・モンドル・モンド

    有力紙「ル・モンド」は、週1回「ニューヨーク・タイムズ」からの記事を英語のまま掲載し、さらにフランス語の bavardage / clavardage(チャット)、courriel(電子メール)という単語ではなく、英語の「chat」「e-mail」をそのまま使っている。フラングレ フレッシュアイペディアより)

  • センター・フォー・パブリック・インテグリティ

    センター・フォー・パブリック・インテグリティから見たル・モンドル・モンド

    2013年、調査ジャーナリスト国際連合(ICIJ)はオフショア銀行秘密口座の所有権に関する260ギガバイトのデータに基づいて、15ヶ月に渡る調査結果を公表した。このデータはジェラルド・ライルが、ファイアーパワー社のスキャンダルの調査の結果取得したものである。ICIJはオフショア銀行の調査連載を製作するために、ガーディアンやBBC、ル・モンドやワシントン・ポスト、スイスのソンタグ・ツァイトゥングや南ドイツ新聞、北ドイツ放送、朝日新聞と提携した。ICIJと提携報道機関は所有権情報を使って、世界中の政府の汚職や富裕層の租税回避の仕組み、ポンジ・スキームに使われた秘密オフショア口座や秘密化を促進する主要銀行の積極的な役割、それらの活動を可能にする戦略や行為者を報道した。2014年前半、ICIJは「オフショア・リーク」の一部を発表し、中国の政治的・財政的エリートの親類縁者が蓄財するためにオフショアのタックス・ヘイブンを使っていることを報じた。また秘密口座の中には日本の丸紅や東北電力の口座も含まれていると言う。センター・フォー・パブリック・インテグリティ フレッシュアイペディアより)

  • ポール・オサレス

    ポール・オサレスから見たル・モンドル・モンド

    ポール・オサレス(Paul Aussaresses, 1918年11月7日 - 2013年12月3日)は、フランスタルヌ県サン=ポール=キャップ=ド=ジュ生まれのフランス陸軍軍人で、対反乱作戦の専門家。2000年にフランスの新聞ル・モンド紙によるインタビューで、フランスを守るために拷問を行ったことを告白し、物議をかもした。ポール・オサレス フレッシュアイペディアより)

  • フィンランドの建築

    フィンランドの建築から見たル・モンドル・モンド

    20世紀のフィンランドの建築を回顧した2000年の記事において、フランスのル・モンド紙の美術評論家レデリック・エデルマン()はフィンランドにおけるアルヴァ・アールトのような偉大な建築家の人数が人口比で諸外国よりも多いとした。フィンランドの建築に関する最も偉大な業績は現代建築に関するものである。これはフィンランドの都市化が第二次世界大戦後に加速したことと、戦後の復興により、現代のフィンランドの建物のうち1955年以前に建てられたものが20%に満たないことに由来する。フィンランドの建築 フレッシュアイペディアより)

  • モーリス・ブランショ

    モーリス・ブランショから見たル・モンドル・モンド

    晩年になるにつれ次第に著作の発表が間遠になったが、それでも執筆は続けられた。1994年には、自らが銃殺されかかった体験を簡潔かつ慎重な文体によって記した小説『私の死の瞬間』を発表して反響を呼ぶ(ジャック・デリダの『滞留』は、この小説に触発されたデリダ自身の講演をもとにしている)。これ以降のブランショの著作はどれも評論、論考であった。2003年、95歳で死去。フランスでは新聞各紙が大きく取り上げ、デリダは墓地でのブランショの葬儀に際して参列者を前に弔辞を読んでいる。死去発表の4日後に「ル・モンド」紙に掲載された、アメリカの対イラク戦争に反対する市民活動「Not in our name(我々の名において為すな)」のアピールにはブランショの署名も記されていた。モーリス・ブランショ フレッシュアイペディアより)

132件中 61 - 70件表示

「仏紙ルモンド」のニューストピックワード

  • 脱毛皮

  • BVLGARI AVRORA AWARDS(ブルガリ アウローラ アワード) 2018

  • 元日本代表FW柿谷曜一朗