85件中 61 - 70件表示
  • ジャン=ルイ・ド・ランビュール

    ジャン=ルイ・ド・ランビュールから見たルモンドルモンド

    両親は、ブラジル出身の母、ルシール・カロジェーラと、フランスのピカルディ出身の父、グラーフ・ベルナール・デ・ブレティゼル・ランビュール。両親の母国語である、ポルトガル語とフランス語を学んだだけでなく、早くからドイツ語とドイツ文学にも触れ、後に翻訳家として大成功を収めた。トゥールーズとパリの高校を卒業後、両市の大学に通い、パリ政治学院で法学とドイツ語の学士号を取得、また、テュービンゲン(ドイツ、バーデン=ヴュルテンベルク州)の大学で、ドイツ語文学を学んだ。1958年、月刊誌リアリティーズで働き始め、数多くの芸術家達、ヘルベルト・フォン・カラヤン、カールハインツ・シュトックハウゼン、ルキノ・ヴィスコンティなどについての記事を書いた。1968年以降は、美術誌コネッサンス・デ・ザール、レクスプレス、日刊新聞ルモンドで、25年以上に渡って記事を書き続けた。彼の関心は特に、作家の仕事への取り組み方と、どのようにして文学が生まれるのかということに向けられていた。それゆえ数え切れないほどの作家達に接触を試み、ロラン・バルト、ジュリアン・グラック、ジャン=マリ・ギュスターヴ・ル・クレジオ、エレ?ヌ・シクス、ヘルタ・ミュラー、エルンスト・ユンガー、トーマス・ベルンハルト、ギュンター・グラス、ハインリヒ・ベル、その他多くの作家達が彼との対談に応じた。それを元に、彼の主要作品であり、25人もの著者との対談を収録した、「Comment travaillent les ecrivains、パリ フラマリオン出版、1978年」(作家の仕事部屋)が生まれた。この著書は日本語に翻訳され、1979年東京で刊行された(岩崎力訳、中央公論社)。また70年代初め以降、ランビュールは、ボンでフランスの文化担当官を務め、1975年にはフランス外務省文化課に勤務した。1987年と1995年の間に、初めにザールブリュッケン、その後フランクフルト・アム・マインで、フランス語学院の校長を務めた。翻訳家としても有名になり、とりわけ、パウル・ニゾンは彼を通して初めてフランス市民に知られるようになった。ジャン=ルイ・ド・ランビュール フレッシュアイペディアより)

  • 週35時間労働制

    週35時間労働制から見たル・モンドルモンド

    フランスの新聞ル・モンド2004年12月14日付けの記事によると、フランスの平均的労働時間は、欧州連合25カ国の平均同様、37時間と示されている。週35時間労働制 フレッシュアイペディアより)

  • 未確認飛行物体

    未確認飛行物体から見たルモンドルモンド

    GEIPANが1954年に設立されて以来、CNESや警察に提出され保管されている情報はおよそ1600件であった(2007年時点)。関連証拠品は実に10万件に及ぶ。フランスの知識階級が読む高級紙として知られる『ルモンド』によれば、CNESの保管情報の構成は以下のとおりであった。未確認飛行物体 フレッシュアイペディアより)

  • ゲオルギオス・アンドレアス・パパンドレウ

    ゲオルギオス・アンドレアス・パパンドレウから見たル・モンドルモンド

    2003年12月22日、雑誌「ヨーロッパの声」において彼はその年を代表するヨーロッパ人に選ばれた。フランスの新聞ル・モンドは彼を希土間関係の立役者であると讃えた。ゲオルギオス・アンドレアス・パパンドレウ フレッシュアイペディアより)

  • ホロコースト否認

    ホロコースト否認から見たル・モンドルモンド

    1978年にはフランスのソルボンヌ大学で文書鑑定を専門としていたロベール・フォーリソン (Robert Faurisson) がフランスの『ル・モンド』紙に「ガス室」の存在に疑問を投じる記事を発表し「フォーリソン事件」 (Faurisson affair) が起きた。フォーリソンは「ガス室」を欺瞞 (fraud) と呼び、「この欺瞞の犠牲者は、(ドイツの)支配者たちを除くドイツ人と、全てのパレスチナ人だ」と述べ、この問題がパレスチナ問題と密接に関係することを指摘している。フォーリソンはその後、ホロコースト否認論の中心的な歴史家となり、マルコポーロ事件後には日本の見直し論者である西岡昌紀と木村愛二に助言を与えるなどしている。1989年にホロコースト肯定派から襲撃され、重傷を負った。ホロコースト否認 フレッシュアイペディアより)

  • モーリス・ブランショ

    モーリス・ブランショから見たル・モンドルモンド

    晩年になるにつれ次第に著作の発表が間遠になったが、それでも執筆は続けられた。1994年には、自らが銃殺されかかった体験を簡潔かつ慎重な文体によって記した小説『私の死の瞬間』を発表して反響を呼ぶ(ジャック・デリダの『滞留』はこの小説に触発されてのデリダの講演をもとにしている)。これ以降のブランショの著作はどれも評論であった。2003年、95歳で死去。フランスでは新聞各紙が大きく取り上げ、デリダは墓地でのブランショの葬儀に際して参列者を前に弔辞を読んでいる。死去発表の4日後に「ル・モンド」紙に掲載された、アメリカの対イラク戦争に反対する市民活動「Not in our name(我々の名において為すな)」のアピールにはブランショの署名も記されていた。モーリス・ブランショ フレッシュアイペディアより)

  • 美輪 明宏

    美輪明宏から見たル・モンドルモンド

    尚、歌手としては、1984年にパリで、1987年には、パリ、マドリード、シュトゥットガルトでリサイタルを開催し、『ル・モンド』、『リベラシオン』を始め多数の新聞・雑誌に紹介・絶賛された。また、1986年からは、現在も続くPARCO劇場でのロングリサイタルが開始され、それ以外にも、全国各地でのリサイタル公演を開催し、舞台に立てなくなった後も切れ目なく活動を続けた。美輪明宏 フレッシュアイペディアより)

  • イフォガスの戦い

    イフォガスの戦いから見たルモンドルモンド

    フランスの新聞ルモンドによれば、アブゼイド司令官の最後はマリ北部で進行中の軍事作戦に近い信頼出来る情報源によって確認される。彼の指揮下にあったイスラム戦闘員43人が彼とともに殺害される。イフォガスの戦い フレッシュアイペディアより)

  • 鴨川 (淀川水系)

    鴨川 (淀川水系)から見たルモンドルモンド

    1996年、京都を訪問したフランスのシラク大統領(元パリ市長)は桝本頼兼市長との会談で、セーヌ川のポンデザール(芸術橋)を模した橋を鴨川に架けることを提案した。これは、2年後の1998年が「日本におけるフランス年」にあたることと、京都市とパリ市の友情盟約締結40周年にあたることから、その記念事業としての構想であったが、この計画が公表されると「新たな名所になる」と歓迎する意見がある一方で、「フランス風のデザイン」が景観を損ねるとの批判も起こり、世論を二分した。1997年に行なわれた都市計画案の公告・縦覧では計画に賛成する意見書が反対を上回ったものの、これに対しても計画に反対する市民団体から「意見書の内容を充分に検討することなく数のみを比較している」と、計画決定の拙速さが批判の対象となった。またフランスのルモンド紙が計画を批判する記事を掲載するなど、京都市外をも巻き込んだ論争となり、結局、1998年に市は芸術橋計画を白紙撤回した。鴨川 (淀川水系) フレッシュアイペディアより)

  • カールハインツ・シュトックハウゼン

    カールハインツ・シュトックハウゼンから見たル・モンドルモンド

    ピエール・ブーレーズはル・モンド紙上でシュトックハウゼンについて「とてもユートピア的であると同時にとても実際的な人間であり、きわめて大胆なプロジェクトを現実化できる人間」「新しいものの発見者であったが、それと同じくらい音楽を書く術を心得た人間でもあった」と評している。カールハインツ・シュトックハウゼン フレッシュアイペディアより)

85件中 61 - 70件表示

「仏紙ルモンド」のニューストピックワード